「ヨーヨーダイエット」は有害?

しかし、少なくとも1人の栄養専門家は、結論を出すのは早すぎると述べています。

数百万人のアメリカ人は彼らのウエストラインとの生涯の戦いを誓ってダイエットをしますが、その後リバウンドを繰り返して体重を減らしていきます。

それは、アメリカでヨーヨーダイエットと言われていますが新たな研究では、ある程度の年齢の女性にはヨーヨーダイエットは危険な徴候を占めていると発表がありました。

一般的に成人期を通じてこのヨーヨーダイエットを経験し、通常の重量を持つ女性は心臓突然死と冠動脈のリスクが高い心疾患死が多いと述べられています。

心臓突然死のリスクはほぼ3.5倍高く、および冠動脈にリンクされている死亡のリスク心臓疾患は66パーセント高かったとの事。

専門家は長い間されていることが知られている太り過ぎによる死亡のリスクが高いとリンクされている中年で心臓病の発生率が高く、また心臓の電気システムが突然動作を停止する状態である突然の心臓死の可能性を高めると警告しています。

新しい研究のためにチームは、158,000人以上の閉経後女性からの自己報告の体重履歴を追跡しました。 研究者は4つのカテゴリーに女性を入れて研究し、その中にヨーヨーダイエットのパターンも入っています。

安定した体重は、成人期に10ポンド以上の損益しかないと定義しその被験者の女性の健康をその後11年以上追跡しました。

追跡調査では、2500人弱の女性が冠状動脈性心疾患で死亡し、83人が突然の心臓死により死亡しました。
研究を始めた女性が健康的な体重とを繰り返し獲得し、年間で体重が減少したが- -冠状動脈性心臓病や心臓突然死から死の最強の危険性を持っていた結論づけました。

この研究では体重を安定させておくことが重要だったようです。 例えば、体重が増えたが失われていないと言われた女性や、体重が減って戻ってこなかった女性の死亡リスクは増加しなかったとの事。

この研究では、ヨーヨーダイエットと心臓トラブルの関連性しか見出されておらず、原因と結果のつながりは見つかっていないことに注意してください。

そして、なぜ「上下にヨーヨーのように動く体重履歴」が心臓に潜在的に危険なのでしょうか? これにはより多くの研究が必要だと述べられています。

また、この研究には女性のみが含まれていたため、体重循環が男性の心臓病リスクにどのように影響するかについては推測できませんでした。

今のところ、「安定した体重を維持することは、全体的な健康にとって最善である」と考えらていますが、しかし、新しい発見をレビューした栄養士の1人は、この研究の解釈に注意を促した。

セントルイスのワシントン大学で大学栄養学のディレクターを務めている研究者によるとより多くの研究が心臓突然死と関連かどうかを判断するために必要であると考えているとの事。

冠動脈疾患死とヨーヨーダイエットは、実際には、関連または研究で同定されていない他の変数とリンクされています。
健康的な体重を達成したい方には、クラッシュダイエットやその他の迅速な修正ではなく、ライフスタイル全体の変化に集中するようアドバイスします。
キー:「あなたが食べたものとあなたのアクティビティとのバランスをとって、人生のためにそれを維持できる方法でバランスを取ることを学びましょう」

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ