妊娠中の鎮痛剤について―みんなだったら、妊婦に薬を投与する?

妊娠すると、飲酒や喫煙、薬の服用などが制限されます。これは、胎児へ悪影響を及ぼす可能性があるからです。特に、妊娠中は頭痛や腰痛などの「痛み」に頭を悩まされる人も多いですが、薬が服用できないと辛いですよね。そこで、今回は妊婦への鎮痛剤の投与について、海外のお医者さんの見解をまとめました。

議論の中で、タイレノールという薬が出てきます。これは、市販されている解熱鎮痛薬です。アメリカで販売されているタイレノール#3には、アセトアミノフェンとコデインという物質が含まれています。どちらの物質にも鎮痛作用がありますが、コデインは麻薬性を持ちます(ただし、日本で販売されているタイレノールにはコデインは含まれていません。)。

 

研修医1 妊娠期間中の痛みに対する薬物治療について議論したい。

タイレノールの使用は控える?

神経障害性疼痛に使える薬は何?

私は研修中に仙腸関節障害の患者にいくつか注射を打った。君ならTPI(トリガーポイント注射)をする?ESI(硬膜外ステロイド注射)はどう?

君ならステロイドは使う?それとも局所麻酔剤だけにする?

 

内科医1 12年間で妊婦を2人診たことがある。1人は糖尿と仙腸関節障害だった。MRIをとったら、仙腸関節が炎症を起こしていた。糖尿の治療として漢方を処方したよ。

もう一人は妊娠42週の患者だった。内科医からパーコセット(麻薬性鎮痛剤)やSSRI(抗うつ剤)、その他にも薬が処方されたよ。パーコセット以外の薬は全部捨てた。煙草も吸ってたけど、健康な赤ちゃんが産まれたよ。

 

内科医2 胎児の先天性異常と麻薬用物質との間には関連がある場合がある。例えば、妊娠初期におけるコデインの使用とかね。

 

メンバー1 リドカイン(局所麻酔薬)、タイレノールにTPI…。やれやれ。彼女らに伝えてくれ。プロゲステロンやリラキシンは痛みを一時的にやわらげてくれると…。

 

内科医3 もし彼女らが妊娠した時にすでに何らかの薬を使用しているのだとすれば、それを別の薬に変えないかもしれない。だって、弁護士はどの薬が胎児の先天異常に影響したかなんてわからないでしょ。もし、リスクがメリットを上回っていたら、彼女がすでに服用している薬を、少しずつ量を減らして処方するかな。コデインの方が安全だからと使うんじゃないよ、妊婦には安全じゃないからね。

 

研修医1 処置としては、0.5~1 %のリドカインをTPIでよかったのかな?

 

内科医4 自分なら、生理食塩水をTPIするかな。じゃなかったら、妊婦は診ないか、薬は一切処方しない。バージニア州で医者として勤務する限りは。

 

内科医5 リドカインをTPIはいいんじゃない。私自身は、どんなステロイドや経口薬も避ける。妊娠期間中におけるタイレノールの使用についても、まだ疑問が残っているし。

 

内科医4 リドカインをTPIしたときに得られる治療効果は、生理食塩水をTPIしたときよりも、人生が変わるくらい良いの?

 

内科医5 明らかに、私の意見を取り違えている。TPIで人生が変わるほどの治療効果が得られることはめったにない。でも、生理食塩水をTPIするよりも、リドカインをTPIする方が「訴えることができる可能性」は低いように思う。

 

内科医1 まだ医者になってから2人しか妊婦は診察したことがないけど、もう二度とごめんだな。またいつかは診察する日が来るだろうけどね。田舎の市立病院へ行って、ヘロイン中毒者の子どもを4~5人観察してくるといいよ。みんな医学的な問題や障害は全くなかったよ。

 

内科医6 研修医のときに妊婦に手根管注射したことがある。今は、妊婦や授乳中の人に全く薬を処方していない。

 

内科医4 0.9 %生理食塩水は私たちの体の中にある天然の化学物質だし、日常的に静脈注射しているものだよ。一方、リドカインは工業的な薬物で、天然の物質じゃないし、私はどんな人工的な物質も妊婦の体内には入れたくない。妊婦にTPIするとき、薬を入れないで針だけ刺すかもしれない。

 

メンバー1 鍼治療でさえ早産と関連することがあるよ。特に、肩甲骨のところがね…

 

内科医4 へぇ、それは面白いね。これで決まりだ。私は今後一切、妊娠した女性には触らないよ

 

実際には先天異常を引き起こす薬はごくわずかで、大部分の薬は心配ないと言われています。しかし、海外の内科医の先生たちも、胎児に何か影響があってはいけないので、薬の投与や処方は避けたいのが本音のようですね。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ