アメリカのエリート医学生:カナダに戻るには、どのタイミングが良いの?

カナダ国民の医学生:

みなさんこんにちは。

僕は希望していた学校のうちの一つに入学しました。アメリカでトップ5に入る学校を数年後に卒業する予定です。

僕は個人的な理由により、最終的にはカナダに帰ることを考えています。僕はカナダ国民でもあるのです。

心臓学、内分泌学、感染症または血液/腫瘍医学などの特別研究員をしてから内科医学を専攻したいと思っています。産科/婦人科の可能性もあるし、皮膚科の可能性もあります。

このようなことをするための違う道筋は何ですか?

カナダに戻る前にアメリカで研修医と特別研究員を終えるのが、僕にとってベストだと聞きました。

同等の免許に関する有益な情報はどこで見つかりますか?どんな助言でも構いませんので、教えて下さい。

 

トロントの医師:

長くて複雑な道のりになりそうだし、君がコントロールできないことが沢山あるよ。今まで君は何を知っているの?カナダに戻るにあたって君は何を調査したの?

君は以下のことを調べた方がいいね。

アメリカビザ- F1, H1B, J1,カナダ保健局、州の必要に応じて

メリカの試験: USMLEs1,2ck,cs,3 カナダの試験:MCCQE1,2 王立大学の評価プロセス オンタリオ州の場合、CPSO Pathway 3

上記のことをすべて君が知れば、君はカナダに戻るにあたって何に時間がかかるのか理解しはじめるだろうよ。

僕は似たような道を歩んだので、カナダに戻ることが簡単ではないことを僕は知っているよ。君がそれを感じているのならば、僕の意見はまさに、カナダに戻ることを延期したほうがいいことを君が知るべきだということ。

 

医師1:

(トロント出身の医師)

公平に言うと、DOを取得してカナダに戻ろうとするのと、MDを取得してカナダに戻ろうとするのでは、とてつもなく大きな違いがあるのだよ。カナダでは多くの人はDOの学位について良く知らないよ。

「premed101」で検索してみて。そこにもっと情報があるから。君はDO養成校について話しているのではないと仮定すれば、研修医をするためにカナダに戻ることが最もシンプルなルートのように僕は思えるよ。

 

トロントの医師:

(医師1への返事)

違うよ。君が言っていることは正しくないよ。もしカナダ国民の医学生が、CaRMsが終わってから仕事を見つけたいのならば、そう、君が言っていることは全然違うよ。

カナダ国民の医学生が話していることは、ACGMEのトレーニングをアメリカですべて受けた後でカナダに戻るということで、君がDOとして戻ろうとしていることと本質的には同じだよ。

カナダ国民の医学生は、カナダで研修医を見つけようと話しているのではないよ。

アメリカでトレーニングをフルで受けた後にカナダの資格/免許を取得することについてカナダ国民の医学生は聞いているのだよ。だから、DOの資格がカナダで良く知られているかどうかということは、カナダ国民の医学生の質問とは全く関係がないことだよ。

そして、参考までに、DOとして戻ろうとならば(僕らはアメリカでトレーニングを全部修了した後のことを話している)、MDとして戻るのと本質的に同じだろう。

また、「研修医をするためにカナダに戻ることが最もシンプルなルートのように思える」というコメントに関してだけど…残念ながらこれも正しくないよ。

一般に、カナダの医学養成校に出席しないでカナダで研修医のトレーニングを受けることは厳しい。

http://www.carms.ca/wp-content/uploads/2016/05/Table_1_Summary_of_Match_Results_English.pdf

今年は、CaRMsを試みた33人のアメリカのMDのうち18人が戻ってきたよ。

「最もシンプルなルート」とは僕はとても言えないと思う。

 

カナダ国民の医学生:

(トロントの医師への返事)

トロントの医師さん・医師1さん、どちらも洞察力がある回答をありがとう。

僕はどちらの経路も検討しているのです(免許をすべて取得してから戻るか、または研修医として戻るか)。

どちらの経路であっても、僕はカナダでのキャリアの見通しについてもっと関心があるのです。が挙げた専門分野のうち、僕が避けたほうがいいものはありますか?

その分野で医者が不足しているのが原因で、よりカナダに戻りやすくなっている専門分野はありますか?

予備的な情報を知るための良い出発点となるウェブサイトはありますか?このプロセスについて僕は基本的に何も知らないのです。

また、カナダでは研修医プログラムについて医学養成校の優位性の問題は非常に少ないと聞いています。

成功する仕事マッチングは通常、「アウェイ」のローテーションでの実務に依存していて、アメリカでトップの医師養成校に行っていることは何ら有利に働かないというのは本当でしょうか?

現時点での僕の希望は、研修医と特別研究員はアメリカのシステムに留まることです(USMLEを取得して特別研究員のマッチングと同様に研修医を経験するという意味です)。 宜しければ、トロントの医師さん・医師1さんのお二人のご回答をお待ちしています。

 

医師1:

(トロントの医師への返事)

DOにとっては同等かまたは良いと君は考えているの?

それには反しないけど、もし君がカナダの学校に入学しなかったけど、戻ろうとするカナダ人の米国MDと全く同じだと誤解すると僕は考えるよ。 もう一度言うけども、僕は可能ではないと議論する(または言う)のではなくて、CMCの代わりにIMGとして応募するのとは全く異なるよ。

僕が同意するどのコースでも、もし君がDOならば、アメリカで研修医をするよりも簡単だろうけれど、すべては、IMの特別研究員の資格を持って一定の割合でアメリカに入ってくるビザの問題だよ。 実際、心臓学のような分野での仕事を探すことは、アメリカで仕事を見つける特別研究員でも少なくとも1年か2年またはそれ以上を必要とすることも多いよ。ここの人たちが知らない/理解しないトレーニングシステムから来ることは役に立たないよ。

 

トロントの医師:

(医師1への返事)

僕らは文字通り、ここでは違うことについて話しているのだ。

僕は君に同意するよ、もし君がCaRMsのマッチングについて話しているのならば、答えは「イエス」だ、理論上MDはそれをずっと簡単にするよ、彼らはCMCとマッチングするし、DOはIMGとマッチングするからね。そこには疑問の余地はないよね。

でも、2016年のマッチング率は54%で、君が希望するのは当然だね。カナダでのDOの今年のステイタスを君に教えたいけれど、いや、君を困らせたくないね。

大切なのは、もし君がカナダでトレーニングしたいならば、最善の方法はカナダの医師養成校に入学することだ。

残念なことに、全員が医師養成校に入れるわけではないから、みんな海外に行くか、アメリカに行くのだよ。

もし君がOPの最初の質問を読むならば、問題は、アメリカで研修医/特別研究員のトレーニングをした後に免許を取得した後にカナダに戻る道筋についてだ。

君がCaRMsのマッチングの話を持ち出すまでは、カナダ国民の医学生は最初からCaRMsのマッチングに興味があったとはどこにも言及していないよ。

確かに僕はカナダの研修医のマッチングについて話していないし、アメリカでACGMEのトレーニングをした後にカナダの免許を取得することについて僕は話しているのだよ。

もう一度言うが、君がMDであってもDOであっても本質的にはほぼ同じだよ。

ミスリードではないし、魔法の手の届かない物体でもない。

単に、君が今カナダの供給者(医師免許取得者)と等価であることを宣言する別の署名と書類を得るために君が州立大学/王立大学に提出する書類の順番なだけだ。

僕が言いたいのは、本質的に同じで、僕が言っていることについて君が何を考えているのかが知りたいということだ。僕はマッチングの成功率について話しているのではないし、カナダの研修医プログラムの特徴について話しているのでもない。カナダでの等価物(医師免許、両方の学位と本質的にほぼ同じの)を得るために君が経験しなければならない書類仕事について僕は話しているのだよ。

君が言及しているビザの発行は、DOだけに限定されるわけではなく、アメリカで大学院教育を受けた非アメリカ国民(MDIMGすべてに影響する)にも影響することとだよ。

 

カナダ国民の医学生:

トロントの医師さん・医師1さん、教えてくれてありがとう。

僕はカナダの各州の健康局のウェブサイトをざっと検索してみて、僕が興味があるほとんどの専門分野では、就職市場の見通しがかなり暗いみだいだと分かってショックを受けました(たとえば、心臓学や血液/腫瘍学ではほとんどの州で仕事の募集が何もない)

ブリティッシュコロンビア州やアルバータ州では、皮膚科、産科/婦人科、感染症科の募集がいくつかあります。オンタリオ州ではほとんどの科で募集しています。

僕がカナダに戻った場合、僕の仕事は町医者に限定される確率が高いのでしょうか?

 

医師2:

(カナダ国民の医学生への返事)

実際の就職市場みたいなのはどうなの?オンタリオ州かその周辺の主要な地下鉄があるエリアはどう?

トロント近郊やド田舎に限れば、仕事がどこにもないということを僕はずっと聞いているけれど、アメリカに住んでいる他のカナダ人参加者から僕が聞くのは、カナダでの仕事は素晴らしいということだよ、だから僕はどちらが本当か分からないよ。

 

医師1:

(医師2への返事)

カナダでの就職市場は悪い、本当に悪いよ。 仕事に就ければ仕事自体は素晴らしいよ、でも、カナダの外科についての求人をオンラインで探してみてよ、君は沢山は見つけられないだろうよ。

 

医師2:

(医師1への返事)

精神科はどうかな?

 

医師1:

(医師2への返事)

グーグルで探してみて。

お願いだ。精神科は、僕が情報を欲しいと思っている分野だよ。そんなに難しくないよ。

 

トロントの医師:

(医師2への返事)

内科医学/外科等の専門分野と比較して精神科はずっと簡単だと僕は言えるよ。

精神健康負荷の増大のために、精神科を受診する待機リストは数か月にもなるよ。

外来の精神科受診患者について単に診療を行うだけで、紹介には何の問題もないよ。

 

医師2:

(医師1への返事)

僕はグーグルについて聞いていないと君は考えているの?君の態度は親切でないね。

 

カナダ国民の医学生:

精神科は他よりも良いみたいです。

ブリティッシュコロンビア州で募集している数を調べてみました。

グレートバンクーバー州で採用するのは、常勤は12で、臨時職は1です(バンクーバー、ノースバン、リッチモンド、サーレイ等)。

精神科の就職市場は内科医学/外科よりもずっと良いですが、町医者よりは明らかに少ないですね。

 

医師2:

(カナダ国民の医学生への返事)

素晴らしい!情報ありがとう!

 

医師3:

(医師2への返事)

カナダの就職市場が良いか悪いかという質問だけれどもね、悪いに決まっているよ!

アメリカからの参加者は、カナダの就職市場についてアップデートされていなくて、10-15年遅れた情報を持っているみたいだ。

大きな景気後退がある前までは、2000年代は就職市場が良かったんだ。

今では内科医学では、一般内科医学の仕事はあるけれども、仕事を探す目的で特別研究員をしている複数の一般内科医学の特別研究員に僕は最近会ったことがある。

就職市場は、リウマチと一般内科医学(今後は就職市場がより悪くなるかもしれないけど)以外のすべての分野で非常に乏しいよ。

もし君が「攻め」の仕事をしたい(多くがお金に関して)ならば、君は仕事を得るために問題が起きると言う一般則がある。

仕事が欲しくて2つや3つの副次的な特別研究員をしながら沢山の仕事をしている沢山の特別研究員に僕は会ってきた。

アメリカで研修医をして、内科医学の副次的な特別研究員をすることを僕は薦めるよ。

現時点でもし君がいまだにカナダに留まることに興味があるならば、仕事を見つけやすくするために君は副次的な特別研究員をしてみたいのかもしれないし、あるいは、君の分野や就職市場にもよるけれども、実務の為に単にカナダに戻ってくるのが良いのかもしれない。

特に歯科矯正外科や心臓外科でさえ問題は深刻で、仕事はどこでも短期だよ。

君が実務を開始する10年後には就職市場は変わっている可能性があることを肝に銘じておいた方がいい。

特に、2つの国のドアにまたがっているアメリカにいる人達にとっては、君が最終的に落ち着くべき場所に門戸を開かない限り、ほとんどの専門分野で上手く行くだろう。

 

医師2:

(医師3への返事)

ありがとう。

僕は実際にここアメリカで就職しているけど、将来はカナダに戻ることを思い続けているのだよ。

 

カナダ国民の医学生:

(医師3への返事)

ありがとう&すごく有用な情報ですね。すぐにカナダに戻るよりも、研修医および内科医学の副専門分野の特別研究員をするためにアメリカにいるのが僕は良いみたいですね。

 

医師4:

(カナダ国民の医学生への返事)

この情報に対してまとめたデータか、州に特化したサイトはあるかな?

君からリンクを得ることは可能?

 

カナダ国民の医学生:

(医師4への返事)

各州は自身のウェブサイトを持っています。ブリティッシュコロンビア州のクドウズは素敵なサイトをデザインしています。僕の専門分野については情報が欠けていることは残念ですが。

https://www.healthmatchbc.org/

 

カナダ国民の医学生:

(医師4への返事)

ありがとう!

 

カナダ国民の医学生:

カナダに戻ることを希望している人に見通しの書類を提供するために、僕は医者の仕事をリストする各州のウェブサイトのリストをまとめました。(下記参照)

ブリティッシュコロンビア州

https://www.healthmatchbc.org/

アルバータ州

http://www.doctorjobsalberta.com/

サスカチュワン州

http://www.saskdocs.ca/

マニトバ州

http://www.healthcareersmanitoba.ca/physicians.html

オンタリオ州

https://hfojobs.healthforceontario.ca/en/list/?p=1

ケベック州

http://www.fmrq.qc.ca/en

ノバスコティア州

http://www.nshealth.ca/physician

ニューブルンスウィック州

http://www2.gnb.ca/content/gnb/en/corporate/promo/careers_in_healthcare.html

ニューファウンドランド州

https://www.practicenl.ca/?/jobs/default.asp

PEI州

http://www.healthjobspei.ca/index.php?number=1024780

ユコン州

http://www.yukonmd.ca/

ノースウェストテリトリーズ州

http://www.practicenorth.ca/index.php?page=physician-jobs

ヌナヴット州

http://www.nunavut-physicians.gov.nu.ca/

もし誤りがありましたら僕に教えて下さい。

 

医師5:

医師養成校を4年間、研修医を3年間、特別研究員を2年間。

物事は変化するから、就職市場を熟考するのはまだ早すぎると僕は思うね。

 

医師4:

(医師5への返事)

君は仕事を見つけてカナダに戻ったのかい?それともアメリカに住み続けているの?

 

医師5:

(医師4への返事)

僕はアメリカに居るよ。

 

医師6:

カナダとアメリカの就職市場という話は別にして、医師養成校および研修医をアメリカで終えた後にカナダに戻るためにはどんな種類のプロセスがあるの?

君がカナダに戻る場合、君がだれかの監督下で働く一定の期間が必要で、君が自分自身で実務をするのに十分な能力があるかを誰かが証明するまで、君は完全には自立できないと僕は誰かから聞いた。

誰かが証明することができるというのは本当なの?

僕はこの件について調べようとしたのだけれども、何か具体的なものを見つけるのに悪戦苦闘している。

この件は州によると僕は実感している。

 

トロントの医師:

(医師6への返事)

一方で、アメリカで研修医トレーニングをした後でカナダに戻るというそのものずばりのトピックについては、このフォーラムの「カナダ」のページには、実際にはほんの数件しか投稿が存在しないね。

僕はこの質問について個人的に数回回答しているよ。

僕の過去の投稿をチェックしてね。

 

医師7:

アメリカでリウマチ科の特別研究員をすること、そして、制限されていない免許をとるための試験を受けることを気にしないこと、質問は、カナダでのリウマチ科の就職市場がどうかということ?

ところで、アメリカではリウマチ科はとても良いよね。

 

医師8:

(カナダ国民の医学生への返事)

もしアメリカにある医師養成校(特にアメリカのトップの医師養成校)に君が行くならば、アメリカで君が望む、異常に高いレベルの研修医トレーニングをより評判が高い機関で得られる機会を君は得られるだろう。

「理論的に」アメリカの学校とカナダの学校の卒業生は、研修医の応募も時点では同等だと認定され、IMGとして公式に分類されず、実務では依然としてIMGに近い形で扱われる。

アメリカにおけるCMGのマッチング率は、国内の卒業生のマッチング率よりもIMGのマッチング率にずっと近いのだよ。

もし君がカナダの医師養成校に行くならば、カナダで研修医に応募すべきだ。

もし君がアメリカの医師養成校に行くならば、アメリカで研修医に応募すべきだ。

あるいは、君はただカナダとアメリカの両方の研修医に応募することもできるが、カナダでのマッチングを先に行うことを念頭に置いた方がいい、もし君がカナダでマッチングするならば、君はアメリカでのマッチングから自動的に除外されるよ。

だから本質的にいうと、もし君が両方に応募するならば、君がより良いと思うどちらの国が提供されるにせよ、君は単に、いいとこ取りはできない。

君が研修医を終えたら、君が実務をしたいと思うどちらかの国で王立大学/アメリカ国家試験を終えたのち、どちらの国でも君は実務をすることはできる。だから、君にとっては、強固なアメリカ研修医の地位を維持しつつ、君が潮時だと思った時点でカナダで実務をするほうが良いと思うよ。

 

医師7:

(医師8への返事)

アメリカで研修医/トレーニングを受けた人にとって、カナダで実務をすることがどのように複雑なプロセスなのかについて、貴方の考察を教えて下さい。

僕の質問は、カナダで実務をする免許の取得に関してだよ?就職市場は?給料は?

もし知っていれば、オンタリオ州でリウマチ科の実務について知りたいのだけれど、誰か教えて下さい。

 

(略語の説明)

ACGME: Accreditation Council for Graduate Medical Education(米国卒後医学教育認定評議会)

CaRMs: Canadian Resident Matching Service(カナダ研修医マッチングサービス)

CMG: Canadian Medical Graduate(カナダ医学士)

IM: Internal Medicine(内科医学)

IMG: International Medical Graduate(国際医学士)

MD: Doctor of Medicine(医学士)

OD: Doctor of Osteopathy(整骨医)

USMLE: United States Medical Licensing Examination(アメリカ医師免許試験)

 

 

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ