コネチカット州在住の少女、化学療法によるがん治療拒否を断念

名無しの医療関係者 1

http://www.nytimes.com/2015/01/10/n…-court-fight-to-refuse-chemotherapy.html?_r=1

この記事についてご意見お聞かせ下さい。

 

セントルイスの医師

僕は裁判所の判決に賛成だね。

 

テキサスの医療関係者

なるほどね、これは確かに考えさせられる記事だね。この患者さんが言っている通り、生活の質 (QOL) を優先させて、治療を拒否する権利は患者側にあるはずだよね。でも、どう考えたって裁判所ではホジキンリンパ種でどの臓器にどの程度影響が出ているのか、それともまだそれほど症状は悪化していないのかなんて、分かるはずないんだよね。だから、裁判所的には正しい判断をしたということだったんだろうな。もう一つ、この記事を読んで思ったのは、患者さんにきちんと治療法について、医師側が正しく説明をしたのかという点だね。患者さんが治療に理解を示せば、おそらく治療開始はもっとスムーズだったかな、と思う。自分も腫瘍科勤務だったときは毎日、量より質を大切にして診察し、周りからも本当によく聞く言葉だったから。もちろん病室でもその話は1日に何度も出たし、医局でも同じように出る話だった。患者さんと対話する時間がないことは、主治医にとっても、関わってくれる多くの医療スタッフ全員にとって、本当に最悪だと思う。辛い事実だけど、がんを宣告された患者さんはその日から病気に対する勉強が始まり、治療が始まり、精神的に肉体的にも辛い日々の始まりになってしまうことの方が多い。それに、がん患者の生存率はまだはっきりとはわかっていないことの方が多い。あれもこれもと、根本的な問題が多すぎて、すぐに正しい答えを導き出せないのが現状だと思うね。だから、裁判所の介入がこのケースでは必要になったんだろうね。

 

名無しの医師 1

18 歳にそろそろなる患者さんだったから治療拒否する決定権もあって、それで新聞沙汰になったのかしらね。この患者さん自身、自分が何を話しているのか本当に理解していたのか、私は疑問だわ。それに記事を読むだけだから真意の程はわからないけど、母親のコメントを読む限りだと、どうして娘に化学療法が必要なのか、メリットデメリットをきちんとわかっていたのかしらね。それからまだ疑問はある。ホームスクーリングで勉強していたみたいだけど、それで公平な考えが身に着くように指導できていたのか、ちょっと怪しいと思う。

 

名無しの内科医 1

基本的にはティーンエイジャーの考えを尊重する立場だけど、でも正直彼らが何を考えて、何をしたいのか、24 時間一緒にいたところで何もわからないだろうと言える自信がある。

ホジキンリンパ腫 (HL) の患者さんの生存率は過去 25 年間で劇的に変化しているのは周知の事実だし、それは化学療法に支えられてのことだというもの理解されていると思っていたよ。それにおかしいと思わない?娘のトランプ・スタンプと鼻ピアスは OK で、生きていくの必要な治療はアウトなの?裁判所の判決に座布団一枚だね。

 

名無しの内科医 2

そうそう、同じようなものだと思ってるけど、「ワークショップ」って言ってる学びの場みたいなのとか、胡散臭いなぁと思ってしまいます。

そうよね、確かに医療に対して対立するような考えを植え付ける教育をずっと受けていたとしたら、精神発達もそうだけど、大事な物事に対する意思決定に、大きな影響を与えていた可能性もありますよね。

明るい方向を考えて、きっとこの患者さんはもうちゃんと治療を開始してくれているんだろうと信じます。

 

名無しの医師 1 > 名無しの内科医 2

まったくもって、同感です!! まさにそのことを考えていました。教育環境ってめちゃくちゃ大事で、この女の子がどういう教育を受けていたのかが肝ですよね。現実から離れた思想や理想論の教育を中心に受けていたとしたら、正しい判断ができるようになっていたとは考えにくい。この国ではね、いまだにそんな教育環境が公然と許されていること自体に、正直ギョッとしますよ…。

 

名無しの医療関係者 2

もっと質の高いマン・マシーン・インターフェイス (MMI) が必要になるよね。

 

名無しの医師 2 > 名無しの医師 1

言論の自由の範囲が広すぎる…。FOX の「ニュース」と言っている露骨な表現とかね。

 

名無しの医師 1

話題反れてますが、私もね、ジャーナリズムとかニュースと、エンターテイメントやトークショーの部類にはそれぞれ基準があっていいんじゃないかと思うんですよね。でも世間からはあまりそういう問題意識は上がってこないですね。BBC を見て、NPR を聞いて、その他大勢は捨て置いていいと思ってしまう。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ