ナイトフロート (NF) 勤務で血液関連の読み物によい資料を教えてください

名無しの医療関係者 1

初めまして。インターンになったばかりの者です。今回、ナイトフロートのローテションに入りました。勉強をするのによい資料を教えていただければと思っています。病棟管理や特定の病気についての書籍ではなくて、全般的に NF についてざっくり知りたいのです。
今まで先輩や友達からはよいことしか聞いてないし、もちろんそれは有難いことではあるんですけど、まずはもっと体系的に学びたいので、読み物がいいかなと思っています。

 

名無しの医療関係者 2

「血液関連」というのは特に何を指しているんですか?

 

名無しの医師 1 > 名無しの医療関係者 2

ちょうど同じことを聞こうとしていたよ。血液については色々あるけど、例えば急性白血病のこと? 急患で移植手術が必要なこと? 入院患者のリンパ腫のこと? 他にもいくつか挙げるよ。免疫不全症候群の患者のこと? 腫瘍溶解? 院内感染の予防? 感染症の治療 (注: 感染対策については病院での決め事が多岐に渡るから一言ではアドバイスできないよ。これは院内でのルールに従って。ここで書かれたことはほんの参考程度に留めておいた方が無難) ? 免疫再構築症候群 (IRIS) ? 処方した中で起こる可能性がある代表的な化学療法薬による急性毒性物質のこと (アントラサイクリン、シタラビン、オールトランス型レチノイン酸、亜ヒ酸、リツキシマブ) ?もしこれら全部を 1 日で理解したら、もう言うことなしだよ。

 

名無しの医療関係者 3 > 名無しの医療関係者 1

他の人の方がたくさんアドバイスをしてくれると思いますけど、私もわかる範囲でコメント書いてみようと思いました。腫瘍溶解症候群の患者に対して、まず最初に行う処置は何? 輸血が必要な患者がいるけど、発疹が出る可能性がある場合の事前処置は? その可能性はどうやって判断する? 発熱性好中球減少症の患者の定義は? 抗生物質は最初に検討するけど、グラム陽性だった場合の処置は? グラム陽性双球菌の場合はどうする? 真菌性の場合は? 教科書にはない稀な菌が見つかった場合はどうする? クロストリジウム・ディフィシル腸炎の処置は? 好中球減少症についての予防は?急性前骨髄球性白血病 (APL) の治療には ATRA (オールトランス型レチノイン酸) を使用するがそのタイミングはいつ?
臨床のことだと、タイレノールを飲んだけど頭痛や熱が収まらない場合は? ゾフランを使っても吐き気が収まらない場合は? 他にもたくさんあるけど、思い出せるのはこれくらいです。他の人のコメントも、本当に参考になるので見てみてください。

 

名無しの医療関係者 4

もし自分の勤務シフト内で最後ちょっとでも時間が余ったら、メソトレキセートとアセタゾラミドをモニタリングしながら自動的に患者に投与してくれるシステムを考えるね。それからクレー射撃用の標的発射装置を改造して、ラボからの情報が全部わかるようにするよ、きっと。

 

名無しの医療関係者 5

正直なところ、自分が ナイトフロート勤務していたときは、症状管理がメインだったよ。吐き気痛み、発熱についてがほとんどだった。好中球減少発熱の対応もあったし、プロトコルに従って処置した。特に例外的なことはなかったよ。臨床や経験で学んだことを基に抗生物質を選択、培養、画像診断、腫瘍溶解はモニタリングをして毎回輸血だった。よく起こる化学療法薬の副作用については注意しておかないといけない。抗生物質もそうだし、それ以外で処方する薬についても。状態が安定しない患者に不用意に薬を投与すると取り返しのつかないことになる(例えば、アゾール系真菌剤 + ビンクリスチン硫酸塩 = 危険因子だよね。代謝抑制、阻害、筋神経の副作用増強などのリスクが増大する)。一般的に人が集中しているときは、ちゃんと一瞬の違いや見分けるべきポイントを察知することができる。何が言いたいかというと、勉強してきたことが全部頭に入っていなくても、ちゃんと集中できるように自分の気持ちを整えておけば過度に心配することはないってこと。
PS: 続きも書きたいんだけど、アセトアズラミド投与で呼ばれたから行ってきます。

 

名無しの医師 1 > 名無しの医療関係者 5

1つ、忘れていたよ。その症状に対するプロトコルは何かがわかったら、それに従い、想定される副作用のことを頭の中で整理して、1つ1つ実行に移していく。自分のときは腸、痛み、カリウムとマグネシウムの輸液、輸血、好中球減少 (今思い出せるのはそれくらい) のプロトコールを教えてもらっていた。MAR (Medication Administration Record) はおぞましい量だった (14 ページは頓服薬について、後の 10 ページは看護師リスト)。 どこでもそうだと思うけど、これくらいの量は当たり前、適宜こなして当たり前…。慣れてくると 45 秒くらいで読み終わるよ。
それから、大事なのは担当看護師とは喧嘩しないこと。急性白血病患者がラボの検査結果で重症でなないと判断されただけでいきなり ICU から病棟に上がってきたりする。プロトコルがあればそれに従って、看護師ともうまく連携が取れるし、急変が重なっても毎回ポケベルがなることもないはず。少なくとも呼び出される回数は減る。

 

名無しの医療関係者 2

たくさんのアドバイスが集まったね..。骨髄移植ではレジデントは取らないはず。だからスレ主さんが正直何を悩んでいるのかわからない。それにナイトフロートのインターンが終わったのか、7 月から始まるのかもわからない。悩み始めるときりないですよ。

 

名無しの医療関係者 1 > 名無しの医療関係者 2

漠然としていてすみません。これから始まるのでよく自分でもわかっていないんです。でもアドバイスは理解できました。皆さん、経験談をご紹介いただきありがとうございます。よく読んで、落ち着いて臨みますね。

 

名無しの医師 1

大丈夫。フェローがついてるし、本当に困ったときはd先生dに聞ける。

 

名無しの医療関係者 2

NF は日常じゃないから自分の身体も対応するまでに時間がかかる。だけどパニックになる必要はないよね…。始める前にはオリエンテーションのメールもあるだろうし、それを読めばよくある質問とか、症状、プロトコルについて説明が書いてあるはずだもの。わからなくなったらメールを見返してみたり、お気に入りに入れておけばいいよね。最初の数週間は誰もあなたが完璧にこなせるとは期待してないですから、大丈夫。自分にも過度な期待はかけないことです。医療スタッフはたくさんいるから、どんどん聞いてください。等身大で頑張って。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ