パニック!! 研修医としてやっていけるかわかりません!助けて!

私はアメリカの医学部を出て、産婦人科の研修医を始めるために、引っ越しの準備をしています。今週ずっと食欲がなく、泣いてばかりいて、怖くて精神的にまいっています。なんだか人生で最大の過ちを犯したみたいな気分。なんで医者になったの?産婦人科でよかったの?時間内に仕事がこなせなかったらどうしよう?病気で仕事ができなかったらどうしよう?(群発性頭痛持ちなので)家族がいなくて寂しくなったらどうしよう?仕事が嫌になって逃げだしたいけどできなくて、どうしようもない気持ちになったら?よく話に聞く、うつになったり自殺しようとした研修医のようになりたくありません。

こんな気持ちになるのは、変ですか?研修医プログラムを取り消したい気持ちです。引っ越しをして4年間も家族と離れたくありません。同じような気持ちになった人はいますか?

 

ある医師:

そんなに怖がる前に、少しインターンシップの経験をしておくべきだったね。「どうしよう」と思い詰めないで。実際に研修医になれば「どうなるか」分かるから。実際に始まる前からストレスを溜めて、研修医をやめるなんて言わないで。ちょっとするととても学ぶことがたくさん増えるけれど、脱落する学生はほとんどいないよ。おそらくあなただってその不安をコントロールできればうまくいくはず。

だけど、食欲不振と泣くことが止まらないのは、精神的うつの初期症状かもしれないよ。誰かに話をした方がいいんじゃないかな。こういう感情は普通だし、これはあなたのキャリアにとって、大切なステップの一つだと思うよ。

 

カリフォルニアの医師:

これから大変なことが起こると思えば、みんなそういう反応をするわ。

新しい土地に引っ越して初めての仕事、それも新しい場所でキャリアを積むんだもの。そのうえ患者を治すことができると期待されているおそらくそんなにおびえる原因は、これからのことについてあまり良く知らないからじゃないかしら?大学に自分のことを相談できる友人や、教授はいる?考えてみて。何とかなると思うものは、自分がそれについてよく知っている事柄のはず。がんばって!

 

コーヒー好きの医師:

さあ、深呼吸して。今までに出会ったひどい医師たちを思い出してみて(絶対いるはず)。彼らができるんだもの、あなただってきっとできるわ。

それから、産婦人科を選んだことが間違っていないかどうかについてだけど、もし自分には無理だと思ったら、違う研修医になれば済むこと。パニックになる必要はないわ。

ビールでも飲んで。ヨガや体を動かしたりしてリラックスして。長風呂もいいわよ。そして、毎日1回は深呼吸することを忘れないで。

 

ベテランの医師:

がんばって!私がインターンシップをしたときは、思ったほどひどくなかったよ。たとえひどい経験をしたとしても、何とか乗り切って来年また違うプログラムを選びなおせばいいだけの事。少なくとも何も失うものはないんだから、どういうものかやってみたら。研修医のローテーションのほとんどは、本当に何が好きで何をしたいのかということに関係するから。

 

カンザスの医師:

医学生から研修医への変化は大きいよ。もうただの学生っていうわけにはいかないからね。僕が思うに、君の反応は普通を超えている。すごく不安になってストレスが増えるとそうなるの?もしそうなら、今がストレスを緩和する技術を身につける絶好の機会だよ。

実際は大多数の人が研修医プログラムをこなしているんだ。たいして好きじゃなくてもね。

 

ある医師2:

私も同じだった。友達や家族に話をして、たくさん自分のことについて内観したら落ち着いた。インターンシップは大変だけど、たいていの人は何とかやっているし、素晴らしいチャンスだよ。

私はいつもこう思うことにした↓

1.インターンは誰だって初めてだから、新しい場所ならなおさらどう動けばよいかよくわからないのは当たり前。はじめは良い指導医が、どうしたらいいのか教えてくれる。

2.私は学ぶために来たんだから、一番できるインターンになるように頑張る。ミスもするかもしれないけれど、そこから学ぶことがあるはず。怒鳴られてもひるまないぞ。

3.もちろん医学生ローンの契約書にサインをした後や、家族に期待されていると思うと、もう引き返せないプレッシャーを感じたけど、もう自分が限界だと思ったらやめたっていい。世界が終わるわけじゃないから。

4.もし専門科が合わなかったらいつでも変えることができる。他の人も助けてくれるし、ダメなら別に道もある。

インターンシップは思っているほどひどくない。大変だとは思うけど、素晴らしいチャンスだし楽しめると思う。幸運を祈るわ。 😀

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ