フッ化物は本当に歯に安全なのか?

※フッ化物:フッ素とほかの元素あるいは原子団とから構成される化合物。歯磨剤に含有されており、先進国では概ね90%以上の普及率となっている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%83%E5%8C%96%E7%89%A9

 

名無しの歯医者:

フッ素化物は歯にいいんだ。歯科学会もフッ素化物の含有率の高い歯磨き粉やマウスウォッシュを推奨してる。でも高濃度のフッ化物を長期間使用すると、さまざまな副作用が起こる可能性がある。骨がもろくなったり、歯のフッ素中毒とかね。だから適切な使い方を守らないといけない。

 

名無しのインド人男性:

歯に使用するフッ化物の濃度の正式な安全基準に関して絶対的なガイドラインってあるの?歯磨き粉の中のフッ化物の含有率とか、あとは使用対象年齢とかは?

 

名無しの投稿者:

私と兄は、フッ化物入りの歯磨き粉を使ったせいで、茶色い色素沈着ができちゃったんだけど。訴訟を起こすべきかしら?

 

インド人医師:

フッ化物は成長途中の子どもの歯にはいいとされてるけど、大人が使うには向いてない。まあでも専門家がなんて言うかはわからないけど。

 

女性医師:

フッ化物入りの歯磨き粉は、ある程度効果はあるわ。でもあまり長期間使いすぎると歯や歯茎に害を与える可能性があるわ。

 

名無しの男性:

フッ化物を歯のケアに使うことには賛否両論ある。歯の衛生のために、飲料水にフッ化物を混ぜることを検討してる州もあるらしいじゃないか!?

でもフッ化物は誤って飲み込んだり体内に入ったりすると、脳に悪影響を及ぼすんだ。実際にいくつかの研究で脳への副作用が報告されてる。

宣伝の仕方が悪いと思うんだよな。専門家が推奨する使用料は豆粒大なのに、宣伝上はあんなにたっぷり歯に塗りたくってさ。でも歯磨き粉の宣伝でたいてい全部そうだよな。子どもはたくさんつけた方が良い場合もあるけど、大人はあんなにつける必要ないのにさ。

 

僕も研究の報告書を読んだり、専門家の話を聞くまでは、みんなと同じようにたっぷりの歯磨き粉で歯を磨いてた。多くの人がこの問題の深刻さに気づいて、使用料をきちんと守ることを願ってるよ。それかいっそのことフッ化物不使用の歯磨き粉にすればいいんじゃないかな。

 

名無しの投稿者2:

たしかに適切な使用料を守らないと副作用が出るよ。だから使用の前にはきちんと歯医者に相談した方がいい。フッ化物はミネラルだから確かに歯にはいいことは周知されてる。だけど、作用の詳細はあまり知られてないし、使い方も個々人でさまざまだ。虫歯予防のためのもっと簡単な方法はないか探してみてもいいかもしれないな。

 

オーストラリア人女性:

オーストラリアでは40年以上もフッ化物が水道水に混ぜられてるわよ。それで子どもの虫歯が劇的に減ったの。私の子どももそれまでは虫歯だらけだったけど、今ではピカピカよ。水道水に混ぜられるようになるまでは、子ども用にはタブレットとして売られてたのよ。

 

 

オーストラリアでフッ化物が初めて飲料水に混ぜられたのは1953年で、タスマニア島のビーコンスフィールドって所で始まったの。現在ではオーストラリア人の80%以上がフッ化物入りの水を利用してるわ。南オーストラリアでは、1971年にアデレードで初めて導入された。州のコミュニティーの90%が、きちんとした管理の下、適切なフッ化物濃度の水を利用してる。

 

the World Health Organization and Australia’s National Health and Medical Research Council (NHMRC)も水道水にフッ化物を入れることの安全性と効能を承認してるわ。さらにアメリカの連邦防疫センターも、フッ素化物の導入を20世紀の公衆衛生における最も大きな成果の1つとして位置づけてるわ。

 

2007年にはNHMRCが発表した科学研究資料の中で、フッ化物を飲料水に混ぜることは最も効果的で、人々が公平にその恩恵を受けることができる手段だと主張しているの。さらに飲料水メーカーからの要望もあって、市販のミネラルウォーターにフッ化物を入れることの安全性を検証し、考えられる唯一の副作用は、肉眼ではわからないごく軽度のフッ素症で、むしろ歯のエナメルを強くする効果があると結論付けたの。その結果、飲料メーカーは任意でフッ化物を入れられるように承認されたわ。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ