ホメオパシーとアロパシー、安全な医学はどっち?

名無しの投稿者:

ホメオパシーとアロパシーってどっちが安全なんだろう?

薬で症状を抑制するのか、もしくは体の自然治癒力を整えるのか?

 

 

男性医師:

確かに、ホメオパシーとアロパシーは両者とも長所と短所がある。これまではアロパシーが主流だったが、最近じゃホメオパシー療法に関してさまざまな研究がなされていて、ホメオパシーが優勢になってきている。腕が良く知識のある医師だちはみんなホメオパシー療法に切り替えているよ。

 

 

名無しの男性:

僕は個人的にはホメオパシーを科学と思ったことはないし、どちらがいいのかなんて議論の余地もない。ホメオパシーなんて気休めというか思い込みというか、もはや宗教みたいなものさ。

 

 

男性医師2:

現代の医療従事者たちは、もはやアロパシー療法という言葉自体使わないよ。アロパシーとは、もともと逆症療法とも呼ばれるものであり、「体がおこしている症状と反対の症状をおこすものを与えることで、症状を取り去る」という考えをしている。でももはやそれは昔の話で、本来の病気の痛みから気を紛らわすために、人為的に別の痛みを加えるなんてことは現代ではしていないからね。

 

アロパシーは明らかに現代医学とは異なる。現代医学がすべて医学的根拠に基づいているのも大きな違いだ。例えば、胆のうの感染性炎症で腹部右上が痛いと訴えている患者がいるとしよう。昔のアロパシー療法なら、痛みの場所に真っ赤に焼いた鉄を押し当てていた。しかし現代医学では、痛くないようにきちんと麻酔をかけて手術で除去することができる。

 

 

この例からもわかるように、現代医学とこれまでのアロパシー療法は全く違うんだ。現代医学は予防の面でも治療の面でもヘルスケアにおいて素晴らしい成果を上げている。すべてではないにしろ、多くのウィルス性疾患が現代医学の介入により今では治療可能になっている。さまざまな疾患に対するワクチンも開発された。インドの平均寿命は1947年には35歳だったが、今では70歳近くまで伸びている。これは現代医学による伝染性疾患の予防と治療のおかげなんだ。

 

 

安全かつ有効な新しい治療法が開発されて、糖尿病の患者も高血圧の患者も以前より長く生きて人生を満喫することができるようになった。だから今の時代、現代医学を軽んじる者は誰もいない。現代医学は決して※唯物論だけに基づいているわけではない。患者の心と体は密接に連動していることは我々医師たちは認めている。心の状態が、体のさまざまな機能を制御しているんだ。心理状態は神経液性や神経系、免疫系にも影響する。そのため、現代医学を担うものたちは、患者の心身ともに治療するよう努めている。

 

※唯物論:観念や精神、心などの根底には物質があると考え、それを重視する考え方

 

この考え方をもともと世に広めたのは、古代インドの医学者たちだった。彼らは、さまざまな姿勢や動き、ダンス、ゲームなどのエクササイズは、体の内からも外からも臓器を強くすると言って、それらの効果を支持した。そして呼吸法、黙想、瞑想、宗教的儀式、精神的修行が心に力を与え、魂を啓発すると言われていた。古来の健康食品や漢方や前述したエクササイズが、病気の予防の面でも治療の面でも本当に心身に多大な効果をもたらしていた。

 

この事実を現代医学が研究によって証明したんだ。現代医学において、古代の知恵を軽んじる者はいない。しかしながら、医学的根拠に基づいた現代医学にも古代からの医療的処置にもそれぞれ賛否両論はあるが、両者はお互いを補足しあっている。だから僕たちは古代の知恵を「補足的代替医療」と呼ぶんだ。両者をうまく併用することでよりよい効果をもたらすことは、さまざまな研究で証明されている。

 

 

例えばインドでは最も多い「変形性関節症」は、最新の鎮痛剤とヨガを組み合わせることで、飛躍的によくなるんだ。実際、どんな病気においても心と身体は相関している。心と身体は切っても切れない関係なんだよ。

 

 

インド人医師:

ホメオパシーもアロパシーも適切に処置すれば、どちらも安全だよ。薬だってやたらめったら処方すればいいってもんじゃないからね。ホメオパシーでも、薬を使う代わりに代替療法を繰り返し行うことで症状を抑制することができる。もちろん、手の施しようがない重症患者に対しては、もはや緩和的療法しか適用できないこともあるけど。病気は体のさまざまな機能に広がっていくから、抑制治療は患者の延命につながる。ホメオパシーは実験と観察から得られた確固たる原則に基づくれっきとした治療学だよ。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ