一般的なプロバイオティクスはストレスレベルを軽減し、不安を軽減する?

プロバイオティクス、または体内に導入される有益な生きた細菌は、健康と幸福を向上させる方法としてますます人気が高まっています。

以前の研究では、腸内微生物と中枢神経系との直接的な相関が示されている。 現在、ミズーリ大学の研究者らは、ゼブラフィッシュモデルを用いて、サプリメントやヨーグルトで販売されている共通のプロバイオティクスが、ストレス関連の行動や不安を減らすことができると判断しました。 腸内細菌がゼブラフィッシュの行動にどのように影響するかを研究することで、プロバイオティクスがヒトの中枢神経系にどのように影響するかをよりよく理解することができます。 最近の成果はNatureのジャーナルであるScientific Reportsに掲載されました。

「ゼブラフィッシュは、神経行動研究の新興モデル種であり、その使用は薬物スクリーニングにおいて十分に確立されている」と、MUメタゲノミクスセンターのディレクター、アーロン・エリクソン(Aaron Ericsson)獣医病理学部研究助教授は語った。 「私たちの研究は、消化管を同期させるために通常使用する簡単なプロバイオティクスは、ストレスレベルを下げるのに有益な可能性があることを示しています。

一連の研究で、研究者らは、ヨーグルトとプロバイオティックサプリメントに見られる共通のバクテリアであるラクトバチルスプランタルム(Lactobacillus plantarum)の投与後にゼブラフィッシュがどのように行動したかを調べました。最初の研究では、ゼブラフィッシュを収容する特定のタンクに細菌を加えました。ゼブラフィッシュの他のタンクはプロバイオティクスを受けていませんでした。 その後、研究者らは、タンクから少量の水を排水し、過密状態にするなど、環境ストレス要因を両方のグループに導入しました。

「毎日我々は異なるストレッサーを導入しました。これは他の研究者によって検証され、ゼブラフィッシュの中でより高い不安を引き起こします」とMU獣医学部の獣医病理学教授であるエリザベスブライダ教授は述べています。 「これらは、分離ストレスや温度変化などの一般的な環境ストレスパターンであるため、ヒトにも適しています。」

研究チームは、両方の魚群の遺伝子経路を分析することにより、サプリメントを与えられたゼブラフィッシュがストレスに関連する代謝経路の減少を示したことを発見しました。

「ストレスと不安に関連する遺伝子を測定することにより、これらの魚でこの共通のプロバイオティクスが行動反応にどのように役立つかを予測することができました」と、MU Animal Modeling CoreのアシスタントディレクターDaniel Davisは述べています。 「本質的に、腸内の細菌は、魚のストレスおよび不安関連経路に関連する遺伝子発現を変化させ、特定の神経伝達物質のシグナル伝達を増加させた考えられます」

彼らの理論をさらに検証するために、研究者は洗練されたコンピュータ計測と画像処理ツールを使ってタンク内の魚の動きを測定しました。

 

魚の行動に関する以前の研究では、ストレスを受けた魚はタンクの底に多くの時間を費やす傾向があることが分かっています。

 

魚にプロバイオティクスが投与された後、彼らはタンクトップのほうに時間を費やす傾向がありました。

「ゼブラフィッシュを使用することで、他の種の細菌やプロバイオティックを試験するための比較的安価なプラットフォームと、異なる体のシステムでの潜在的な利点を開発しました。


ストーリーソース: ミズーリ大学

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ