医学生からの素朴な質問。手術のときも…臓器には独特の臭いがありますか?

名無しの医学生 1

こんにちは。今日、バイオメディカル クラスで羊の心臓の解剖をしてきました。メスを持って心筋を切っていたのですが、そのときにとても独特で、強烈な悪臭に近い臭いが臓器からしたんです。今、思い出しても本当に不快な臭いでした。こんなことを聞くのもどうかと思ったのですが、思い切って臨床医の方々にお聞きしてみようと思って。臓器って、やっぱり臭うんでしょうか。それぞれの臓器に特異な臭いがあるものなのでしょうか…。もしそうなら、その臭いには慣れていくものなのでしょうか。もちろん、解剖に使ったのは学術目的で保存されていた器官ですし、当たり前ですけど、生きていたわけではないので、同じではないと想像はできるんですが、でも本当に臭いが辛かった…。先生は、臓器は週末に解剖用に保存されるものだとおっしゃっていました。

 

名無しの医学生 2

バラとチョコレートチップ クッキーのような臭いがします!

 

テネシー州の医療関係者

ほとんどの臓器は臭わないですよ。とても清潔に保存されていて無菌になっていれば、ですがね。それからどこを切るのかにもよりますね。僕が足の外科手術に立ち会ったときは、医師はドリルとのこぎりを使ってました。その時は何かが焼けたときのような臭いがしましたね。電気メスで組織を焼灼すると肉を焼いたときのような臭いがします。解剖のときには防腐剤に浸してある臓器を使用するので、その薬品の臭いもプラスされると思います。

 

名無しの医師 1 > 名無しの医学生 2

そんないい香りがしたら、絶対解剖のクラスが好きになりますよね。(笑)

手術室に入ると、確かに独特の臭いはあります。部屋の臭いは、手術部位の器官、感染の有無、瀕死なのか、梗塞したのか、または壊死した組織なのか、それから手術に使う特定の器具 (i.e. 電気メス)、化学薬品、薬剤、そして患者自身の体臭によって様々ですよ。空にした臓器は、これといった臭いはありません。まぁ、もしあったとしても、少なくとも不快な臭いじゃないですね。
解剖用に使う心臓は組織の変化を防ぐ目的で、ホルムアルデヒドかホルマリンに浸してあると思うので、どちらかというとその臭いだと思います。臭いで結構簡単に学生の区別がつきますよね。1年生は解剖があるから、なんか、くさい。

経験を積んでいくと、患者さんを診なくても特定の感染症や壊死した腸管の臭いは区別がつくようになります。

 

名無しの医師 2 > 名無しの医学生 1

滅菌する必要があるのでその臭いじゃないですかね、と僕も思います。でも臭いの原因菌 (腸内の洗浄が足りなかったとか、焦げた組織が残ってる、感染症による臭い、あたりかな) が多少あるかもしれないけど、最小限だと思いますけど。解剖に使う臓器は、そう、防腐剤に浸けるし、生きているのとは違うから臭ったと思います。それか、保存していた臓器が腐り始めていたのかも。

 

名無しの医師 3

法医病理学者にくっついて回る日々なので、最初の検死解剖で慣れました。腐敗臭に慣れないみたいですけど、大丈夫、みんなそのうち慣れていきますから。

 

名無しの医師 4

密封されている臓器はそれなりの臭いがすると思います。部屋に空気清浄のファンがついてないですかね。部屋の空気が循環しているとそんなに臭わないもんですよ。使用していない航空機内の臭いとは異なりますが。産婦人科病棟みたいに人の出入りが頻繁な部屋はそんなに臓器の臭いはしないし、他の病棟でも送風機が空気を循環しているから臭ったりもしないですね。

手術でドクターが電気メスを使うときは悪臭ではないですけど、バーベキューとは違う肉を焼灼する臭いはします。個人的には、胆のう破裂手術の臭いは苦手だな。うーん、どうにも表現しづらい臭いなんですよね。腎不全の患者さんの場合は強烈な臭いがします。ドアは閉鎖されていますし、外科用マスクは少し臭いを軽減しますが、きつい臭いには変わりない。

とはいえ、ほとんどの臓器は臭いないです。臭うのは器具や手術着の消毒に使う化学薬品の方ですかね。あ、糖尿病患者の脚は別かも。汚染から脚を保護するために滅菌ガーゼを何十に巻いても臭う。色んな臭いがありますけども、嗅いでいるうちに慣れて、別の臭いがしても、そのうち気にならなくなるもんですよ。

 

名無しの医師 5

どの手術を行っても何かしらの臭いはつきものですよ。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ