医師免許とMBAを両方取得するのはどうよ?

悩める医師:

MDMBAの両方の学位を取得するメリットは何でしょうか?

僕は、MDとMBAの両方の学位を取得しようかとずっと考えてきたのだけど、MDとMBAの両方の学位を取得することは本当にメリットがあるのか(ないのか)を改めて考えたいのです。

MDとMBAの両方の学位をお持ちの方は教えて下さい。MDMBAの両方の学位を取得すると、何か特別なキャリアパスや選択肢が得られるのですか?

 

MDとMBAを取得した町医者:

チャンスがあるなら、君はMDMBAの両方の学位を取得したほうがいいに決まっているよ。

考えてごらんよ、君が開業したいなら、事業をもっと儲かるものにするためにMBAは役に立つよ。

君がキャリアを変えたいならば、MDとMBAの両方の学位はあらゆる可能性を実現できるだろうよ。病院経営や保険会社の医療管理者とかね。

僕は医者と経営の両方をやっているよ。

僕は自分のクリニックではパートタイムで働いていて、保険会社でもパートタイムで働いているよ。

MDとMBAの両方の学位をとれば、君は多くの選択肢を得ることができるよ。MDとMBAの両方の学位を取得すれば、稼ぎがより多くなるのは当たり前だね。

 

内科医1:

MDとMBAの両方の学位を取得するという君の案に賛成できないね。MBAは、医療を儲かるものにするための学習として良い方法ではない。

MBAは今やっているビジネスのスキルを高めるのに役立つけれども、MBAは、ビジネスを誕生させるために使うものではないよ。だから、ビジネススクールのほとんどは、従前に勤務経験を要求するんだよ。

もし君が経営の仕方を勉強したいのなら、良い本を読むか、会計士を雇った方がいい

MBAのビジネスプログラムを卒業した人はほとんど、以前は産業界に居た人達で、昇進したいためにMBAの学位を使おうと思っているんだ。彼らは「立ち上げる」ためにMBAに来ているのではなく、教育の仕方のためにMBAに来ているんだ。

金融を例に挙げると、君のクラスメートはほとんどが、投資銀行で働きたいかまたは投資銀行で管理職になりたいアナリストであって、単にビジネスの仕方を学びに来ている人ではない。

だから、薬学、法律、看護などとは異なり、MBAは職業学位ではない。MBAでは、特別なキャリアの仕事についたり、特別なビジネスを運営したりを君に教えたりはしない。

それに、MDMBAの両方の学位を取得したとしても、稼ぎが必ずしも良くなるとは限らない
結論として、MDMBAの両方の学位を取得するための具体的な理由がないのであれば、MDMBAの両方の学位を取得したとしてもあまり使い物にならないだろうよ。

でも、君が病院経営や健康コンサルティングなどの分野に進みたいならば、MDとMBAの両方の学位を取得することが役に立つかもしれないよ。

君の医学的な実務経験をより効率的にしたいだけならば、MBAは意味がないね。良い本を買って、会計士や弁護士などの適切なプロフェッショナルを雇ったほうが役に立つだろうね。

 

医師2:

僕は、MDとMBAの両方の学位を取得することには大反対だな。君はMBAの学位をすでに持っているの?君は、MBAの授業からたくさんのことを学ぶべきで、前職の経験は不要だよ。

MBAは、キャリアを変更する人には都合がいい資格だよ。僕はMBAを取得してビジネスの職業に転職した教師を何人か知っている。

MBAに入学すると、君はビジネスについて勉強するため・ビジネスについて考えるため・ビジネスについて他の人達と話すために時間を使うよう強要されるよ。確かに前職でビジネスをしていた経験があれば、君には役に立つけれどもね。

君は医者として既にそれなりに稼いでいるのだから、さらに稼ぐための選択肢を考えなくてもいいのでは?

でも、君の選択肢を広げて、伝統的ではない新規な職業に就けるかもしれないね。

そう、理論上は本からビジネスのことを多く学べるよ。でも、実際はそうはいかないだろうね。君は1冊の本しか読まないつもりだろうけど、MBAではビジネスの勉強を強要されるよ

 

医師3:

すべてを忘れてヘッジファンドの管理職になれよ。去年は100億ドル稼いだ奴が何人かいるし、トップ25までの平均年収が10億ドルだよ。

 

医師4:

ヘッジファンドの管理職になれれば、いい身分だろうよ。でも、ヘッジファンドの管理職になるのは簡単じゃないだろうけどね。

 

医師5:

MDとMBAの両方の多様な勉強をすることで得られる沢山のポジションを君は見つけることができるよ

・ヘルスケア供給者(例:製薬会社、バイオ企業、医療機器)

・ヘルスケア納付者(私立、公立)

・ヘルスケア提供者(提供者の管理者、しばしば医療実務とともに)

・ヘルスケア金融業者(ベンチャーキャピタル、ヘッジファンド、インターネットバンキング)

・ヘルスケアコンサルタント(経営コンサルティング、専門コンサルティング)

もちろん、君ができることは他にも沢山ある。たとえば、起業、メディア、教育、著述等、でも、一番一般的な職業は上記の広いカテゴリーに含まれる。

一般に、MBAの学位がもたらしてくれる2つの大切な点(特にトップ校の場合)は、1つ目は、人の話を聞ける機会に恵まれること(電話や面談など)で、2つ目は、君が仕事をすればビジネススキルを身に着けられることだ
だから、MBAを取得することで、君は仕事を得ることと、仕事を優位に進めることの両方ができる。

キャリアを変えることはよくあるけど、より高いレベルの経営をする際には、「ソフト」スキルとより高い戦略が必須だという点で、MDとMBAの両方の学位を取得することは有効だと思う。

 

悩める医師:

みんな、回答ありがとう。

 

MDとMBAを取得した町医者:

(医師2への返事)

MDMBAの両方の学位を持ってない奴が、MDMBAの両方を取得することをどうして反対できるのか?僕は疑問に思うよ。僕は、MDとMBAの両方を取得して毎日生活しているんだから。

君はマーケティング・マージン・損益なし・指導者としてのスキルを勉強できるから、MBAは間違いなく君の実務上の利益性を高めてくれるよ。

MDとMBAの両方を取得して企業や病院の経営をしている人達が、平均的な町医者の内科医よりも稼げないと君が思っているのなら、君はバカだね。MDMBAの両方を取得した人達のほうが、より多く稼げるよ。

僕は、臨床医と保険医療管理者の「両方」の立場からコメントしているんだよ。

 

医師2:

(MDとMBAを取得した町医者への返事)

マーケティング・マージン・損益なし・指導者としてのスキル等は、ビジネススクールから生まれるというよりも、ビジネススクールでより高められるものでしょう。君は絶対に自分の意見が正しいと思っているんだね。

  

MDとMBAを取得した町医者:

(医師2への返事)

経験したことがない奴がこの問題を議論しても無意味だよ。

 

医師6:

僕が今まで会ったMBA取得者はたいてい、MBAの学位を所有していること以前に、いい奴で商才がある人達だよ。どんな学位にも共通すると僕は確信しているけど、君が学位を取得したければ取得すればいい、それだけだよ。

僕が将来MBAを取得するかどうかはわからないけど、少なくとも、君はビジネススクールに行けばなんらかの楽しみはあると思うよ。

 

医師7:

一つだけ言えるのは、君がMBAの学校に行けば、医師養成校ではできなかったことができるということだけは確かだよ。MDMBAの両方の学位を所有するクラスメートと一緒に何かできるかもしれないよ。

 

医師8:

MDMBAPhD(博士号)…勝ち組の組み合わせだね!

 

医師7:

(医師8への返事)

学位を取るのに労力をかけすぎじゃないの?MDMBAPhDを全部取得するには8年かかるよ。グーグルで検索すると、MDとMBAとPhDの取得者は何人か見つかるけどね。

 

医師9:

MDとMBAとPhDのうち、MBAが最後に取得すべき学位だね。

 

医師10:

バカなことをいうなよ。PhDは研究だけに没頭している間抜なガキどもだよ。MDとMBAを取得しろよ。僕はMDとMBAのうち片方の学位しか持っていないけど、成功しているぜ。

 

医師7:

(医師10への返事)

僕も同じことを考えていたよ。PhDおよびPhD取得希望者には気をつけなければならないよ。なぜなら、彼らは自分の研究を「世界で最も必要とされている話題」だと思って研究を続けているんだから。

彼らはたいてい、他のPhDと結婚するしね。僕は、MDとPhDの両方の学位を持っているクラスメートの女性を知っているけど、彼女は22歳か23歳で婚約したよ。

 

医師5:

コンサルティングに関しては、MDとMBAの両方の学位取得者がとり得るルートは一般に2つあるよ。

1)経営コンサルティング(マッキンゼー、べイン、PCGなど)

2)起業コンサルティング(ケンブリッジファーマなど)

経営コンサルティング会社で働くならば、ヘルスケア部門で働くことになるだろうが、そうとは限らない。ヘルスケア関連のクライアントは、MDとMBAの両方の学位を取得していることを気に入るだろう。なぜなら、彼らはたくさん話すし、ビジネススキルへの理解力がある。

経営コンサルティング会社では、より広範囲なビジネス経験ができるけど、経営コンサルティング会社が取引するのは、より小さい企業が多く、重役クラスと関わる機会がより多いから、君の臨床的な強みを発揮しやすい。

ヘルスケア関連のクライアントについては、効率性、生産性、ブランド戦略、強み戦略、M&A、ライセンス、企業戦略など非常に広範囲な分野を扱うことができる。

たとえば、製薬企業で老舗のブランドを、商品ライフサイクルの終盤での価値を最大限にするために、総合的な分析(たとえば、製造コストの削減、新規な市場キャンペーンの開始、価格戦略の変更、他の企業に生産物をライセンスする等)をするカウンセリングが必要だ。

別の例としては、Medicaidプログラムを管理するためにコンサルティング会社を雇う州がある。多くの州ではMedicaidが危機的な状況に入っており、システムの運用を継続させるための助けが必要になっている。

 

医師11:

我々は、肩書と学位に恋する前に勘定をすべきだね。医学教育にはだいたい20万ドル必要だ。MBAには少なくとも10万ドル必要だ。時間がかかることも忘れてはならない。研修期間をカウントしなくても、少なくとも5年間学校に通う必要がある。

君が本当にビジネス経営を勉強したいならば、地域のコミュニティカレッジの会計の授業を受ければいい君が金融を勉強したければ、ウォールストリートジャーナルをきちんと読めばいいビジネススクールが君に教えてくれることよりも役に立つことは保証するよ。

 

カリフォルニア生まれのNY在住の研修医:

僕は研修医で、自分の可能性を広げたいというただその理由だけでMBAを取得するかどうか悩んでいるんだ。

僕は医療のうち臨床が好きだけど、経営的な側面も好きなんだ。でも、僕個人はビジネスの考え方がよく分からない。

幸運なことに、僕はそれほど残業が必要な研修医ではない。だから、MBAについて調べて、価値があるかどうか見極めたい。僕は既に借金があるし、もうすぐ31歳だからね。

 

(略語の説明)

MBA: Master of Business Administration(経営学修士)

MD: Doctor of Medical Science(医学博士号)

PhD: Doctor of Philosophy(博士号)

Madicaid:アメリカ合衆国連邦政府の公的医療保険制度の一つ。民間の医療保険に加入できない低所得者・身体障害者に対して用意された公的医療制度

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ