医者が一番っていうけれど、医学部に入って後悔したことない?

オンタリオの医師:

まったく後悔してないよ。

 

おそらく、医師になるまでのプログラムに、どれだけストレスを溜めないようにするかにかかっていると思うんだ。僕の学校はゆったりしていたから大丈夫だったよ。

 

ある医学生:

僕が唯一心配なのは、結婚に関してのことなんだ。25歳から医学部に行く予定だから卒業が29歳。その間に結婚して30歳までに子供が欲しいんだ。彼女がそうしたいって言っているからね。

 

未来の外科医:

もちろん後悔なんて全くしていないさ。僕は27歳で卒業の予定だけど、もう結婚している。子供も1年後くらいには欲しいし。どんな専門科を選んだとしても家族のための時間はあると思うんだ。それが自分にとってどんなに大切かっていうことを知っていればね。

 

ベテランの医師:

医学部を選ぶことは、リスクがないわけではない。

医師として、僕らは一般的な人より高度な仕事に従事している。好きなときに休暇を取ることもままならないし、ミスをすればそれについて悩まされる。

 

だけど僕は、本当に重要で100%自分が関わらないといけないこの仕事が好きだ。たしかに疲れて、たまに患者を怒鳴りたくなるときもあるけど。

 

それに医師は特別待遇だ。医学部で学んだら違う分野に進む人はめったにいない。仕事が好きだからということもあるが、辞めれば自立性と名声が失われることは言うまでもなく50%~90%の賃金が減ることになる。つまり、学校の教師として働きたいと思っても、週に3~4日で20万ドルの年収から週5日働いて3万ドルになると考えたら無理だ。

 

自立性名声を得て学術的な挑戦ができ、余生を送るのに十分なお金がもらえる仕事に何の不満があるというんだい?もちろんやりたい気持ちが一番だがね。

 

ボストンの研修医:

後悔はしてないと思うわ。

でもなぜか誰かが医学部に進学することについて話しているのを聞くと、行かない方がいいんじゃないって思ってしまうの。

なぜか自分でもよくわからないけれど。

 

ある医師:

ときどき、規則的な仕事がいいなと思うよ。何の心配もなく仕事を終えて、楽しい時間を過ごすんだ。僕が4年間+6年以上のトレーニングをして技術を身につけている間に、友人達は遊びまくっているからね。

 

マック好きの医師:

僕は確かに医学部が気に入っているし(外科の病院実習の最終段階にいる)長時間でも気にならない。でも、友達や身内に医学部を勧めるかどうかわからない。もし何かほかのことをして楽しいなら、それをしたらいいと言うだろう。

僕は、難しいけどほかのことよりも医学が好きなんだ。

 

僕と先輩が夜勤のとき、医師とは一体何なのかと思う瞬間があったんだ。

午後11時頃、まだ僕たちは夕食もとっていなくて(あるいは昼食というべきか)、もちろん病院のカフェテリアはとっくに閉まっていたから、診察の合間に研修医室に行って冷蔵庫にある食料をあさった。2日前のカフェテリアの食べ物しかなかったけど、プラスチックのフォークで冷たいまま食べ始めたよ。

食べているときお互いに目が合ったら、なぜかおかしくなってコメディーのシーンみたいに笑い始めたんだ。先輩が、「他の人がこれを見たらなんて思うかな」っていうから、「医師なんてちっとも魅力的じゃないですよね。でも、僕はほかにしたいことがなかったんです…」って答えたよ。

 

外科の研修医:

私は医学が嫌いじゃないけど、大好きっていうわけでもない。自分に名前の後ろに「先生」

と付いたからって興奮もしなかった。そりゃあ望んではいたけれど。

でもおかしなことに、実際異常な長時間の勤務が苦にならないの。仕事が終わって病院を出るときに、全部きちんと片付けておくのが好きだからかしら。

 

若い医師:

魅力的?! 25万ドルの借金が?臭いホームレスの口に指を突っ込み、午前3時半に意味もなく研修医の先輩に怒鳴られ、一日の食事が全部カフェテリアの食べ物でも?…医師の現実は想像やテレビドラマとは違う。いつもいいことをしたり、命を救っているわけじゃないよ  😡 。

 

ある医学部教授:

医師であるということは、特権を持つということ。だがしばらくするとたいていの者は月末にいくら口座に振り込まれているかというだけのただの「仕事」になってしまう。

 

あまり幸せじゃない医師がいるというのは確かだ。医師に、うつや自殺の割合が多いのは偶然ではないだろう。

 

この仕事で、いやどんな仕事に関しても幸せになる鍵は、本当に自分のしていることが好きだということだ。

医者の家系だからとか他にしたいことがなかったからという理由で医学部に来た医学生を多く見てきたけれど、怠け者で創造力に欠けるくせに医師のプライドは高いやつが多い。

 

ノースカロライナの医学生:

ストレートで医学部に入った人は、少し苦労しているみたいだね。僕のように何回か挑戦したり、他のキャリアからきた人は、とても満足だし幸せだよ 😀 。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ