哲学専攻出身です。薬剤師になりたいけど、無理ですか?

悩める哲学士:

僕は科学系の学位ではなく哲学の学士を持っています。大学1年生のときに科学と数学の科目を取得しました。僕はもともと計算機科学を専攻しようと思っていたので、それ以上は科学や数学は勉強していません。

僕は薬剤師になろうと考えているのですが、遅いですか?僕が科学を専攻できるのか分かりませんが、哲学をやっていたので論理的思考はできると思います。僕は哲学を勉強したあとに何かを勉強したいのです。本当は哲学の教授になりたかったのですが、仕事を見つけるのがとても難しいのと、偉大な教授であっても稼ぎがよくないと聞いています。

僕はどうすべきか、誰かアドバイスを下さい。

 

カリフォルニアの薬剤師:

「卒業した年に20万ドルの給与がもらえる」とか、「ボーナスとしてBMWの3シリーズがもらえる」とかいう噂をどこかで君が聞いたからだという理由で薬剤師になろうと思うなよ。

 

悩める哲学士:

(悩める哲学士への返事)

「卒業した年に20万ドルの給与がもらえる」「ボーナスとしてBMWの3シリーズがもらえる」なんて、僕には大きな理由に思えるよ。

 

オレンジカウンティの薬剤師:

(悩める哲学士への返事)

君が「卒業した年に20万ドルの給与がもらえる」「ボーナスとしてBMWの3シリーズがもらえる」のが大きな理由だと思えるならば、君はヘルスケア分野のどの領域にも進むべきではないね。君はいつか人を殺すだろう。

 

薬剤師1:

安全性や給料のような非本質的なモチベーションはあまりお勧めできないな。僕は以前、100%興味がわかない仕事についていたときでさえも、僕はきちんと適切に仕事をしたし、自分のベストを尽くしたよ。

医療に全く興味がなく熱意もない学生が医療分野に本当に多く存在するのを君は知っているのかい?昔の話ではないよ、彼らは、途上国から家族とやってきたマイノリティーだよ。彼らは、親に高い給料を稼ぐために、または尊敬される職業につくために医療分野に押し込まれているのだよ。僕は、彼らがミスをしたり人殺しをしたりすれば、そこを追い出されると確信している。彼らは、仕事については他の人よりも熱意がないよ。

 

オレンジカウンティの薬剤師:

「興味も熱意もない人がやりたくない仕事を選択する」という点は、医療系の学生やマイノリティーだけでなく、職業を実際に選択するほとんどの人々が君に賛成するよ。

職業を選択する際の理由の大半は、高いお金が得られるということだよ。個人的には、「高いお金が得られる職業を選択する」ということは、最悪の人生決定だと僕は思う。選んだ仕事を何十年もの間やるのだから、君の人生が残念な旅になるだろう。

ヘルスケア分野の職業を始めるのは、お金を理由にすべきではないという一般的な概念を僕は君に伝えたかったの。ヘルスケア分野の職業をやろうという熱意にしたがうべきだね。

 

哲学士:

「ヘルスケア分野の職業を始めるのは、お金を理由にすべきではない」というあなたの意見にほぼ賛成です。僕が言いたかったのは、お金が付属的なモチベーションであることはOKだけれど、お金より大きなモチベーションが僕にはあるのです。

 

薬剤師2:

誰もがお金のために働くのだよ。君がまず自分の仕事が好きなら、いいことじゃないか。愛することをしたいという君の考えは、僕はよく分からないな。仕事は仕事だ。まず君の家族を愛しなさい、そして君の人生/趣味を愛しなさいでも仕事を愛するの?それは要求しすぎだと僕は思う。君はただ仕事をして、他に愛する対象を見つけなさい

 

薬剤師3:

僕も「仕事は仕事」というスタンスに賛成だな。みんなは「好きなことをしろ。お金じゃないよ。」という決まり文句に飛びつくけどね。

誰もが、なりたい職業の儲かり具合が気になるものだよ。君のように少なくとも5年程度は学校に行くことになる場合は特にね。君は投資に対するリターンが欲しいのだろう?

問題なのは、「みんな極端なことを考える」ということだよ。

楽しめる専門的な分野にいる人々が沢山いるけれど、楽しめない人々も沢山いる、それが現実だ。

お金のことだけを考えている、非道徳的で自分勝手な人達のことを考えてごらん。専門的な職業になれず、大きな家や車を買う範疇から外れてしまった人もいる。君が負債を抱えていて、将来の家族を支えるのであれば、君は現実的でなければならないよ。

 

薬剤師4:

(薬剤師3への返事)

「みんな極端なことを考える」という君の意見に賛成だよ。

誰もが、現実的なことを考える代わりに、極端に走るんだよ。

君が厳しいドレスコードがあるのが嫌いなのが嬉しいよ。君たちがしたいのは、パジャマやバドワイザーの穴あきTシャツで授業に行きたいということに誰も異論を唱えないだろう。

 

アトランタの薬剤師:

もし君がちょっと調べれば、薬局はもはやボーナスやBMWをくれないことはすぐ分かるだろうよ。給料は下がってきているし、仕事もあまりない。だから、仕事の安定性を求めてお金を稼ぎたくて薬局に勤めようとする人は、すごくがっかりするだろうよ。

 

薬剤師5:

誰も君を怖がらせるつもりはない。彼らはおかしな新設校なだけだ。新規校はつねに開校するからね。僕は10万ドルより少ない給料の薬剤師に会ったことがないよ。仕事を見つけられなかった同級生に尋ねたことがあるけど、みんな薬局での地位を確保しているよ。

みんなは、薬局の待遇がもっと良いように常にふるまっているけど、薬局の給料が教師並み(3.5万ドル)に下がったら、誰も10万ドルの借金を背負って薬剤師養成校に行かないだろうよ。

そうさ。薬剤師はきっと良い選択だよ。

今は景気が悪いからね。僕はみんなが時給10ドルのフルタイムで働いて、君自身と君の家族を養うことを楽しむべきだと思うよ。

 

薬剤師3:

うちの病院では新しい薬剤師を採用したばかりだ。いい奴だよ。その新米薬剤師は5月に卒業したばかりで、就職市場について不満を漏らしている。僕は心の中でこう思う。おそらく、何か事情があるのだろう。

その新米薬剤師は、うちの病院が2番目の就職先で、最初はワルグリーンズ(Walgreens)だった。彼はコンビニエンスストアでの経験があったので、次はコンビニエンスストアには応募しなかった。

だから、僕らは、5月に卒業して、10月に次の仕事に就いた新米薬剤師といっしょに働いている。その新米薬剤師がいつ薬剤師の資格を得たのかは僕はわからないけど。

卒業してすぐに最初の薬剤師の仕事を探さなくてはならないのは、とてもストレスフルだと僕は思う。でも心配ない。とてもいい環境だよ。

 

薬剤師4:

(薬剤師3への返事)

今は誰もが景気が悪い状況にあることをみんな忘れているよね。確かに、薬局での仕事の見通しは、何年か前よりは良くないね。でも、何年か前は、僕にとってはマクドナルドでの仕事を見つけるよりは仕事を見つけやすかったね。

 

薬剤師5:

(薬剤師3への返事)

僕は君にほぼ同意するよ、人が、稼ぎの安定性のために嫌いなキャリアを選択するとき、悲しい人生を送ることになる

みんなが薬局を経営できるわけではないし、簡単にみえるのかな。特に小売業はね。

君が薬剤師という職業が好きではないのなら、みじめでつらくストレスが多い時間を過ごすことになるだろうよ。

あと、薬剤師養成校は簡単ではないし、お金がたくさんかかる。君のモチベーションが毎年20万ドルの給与とボーナスのBMWであるならば、君が良いと思った学校に行って卒業することだね。薬剤師養成校はとても難しいし、君が本当に薬剤師をめざすならば、やり遂げるのが良いよ。

 

カリフォルニアの薬剤師:

(薬剤師5への返事)

多くの仕事はマクドナルドの従業員と同じで、薬剤師みたいに資格をとるために10万ドルの負債を抱えたりしないのよ。

職がないことは大変だよ。君はひどい環境で歯を食いしばって5年間も働ける?

僕は禁煙カウンセラーとして働きながら病院の廊下を歩いているとき、僕は生計を立てるために3か所で4時間ずつ働いていたとしても、僕はこの仕事をする機会があってよかったと思って本当に満足しているよ。

決断力があり勇気がある人もいるけれど、そうではない人もいる。だから、薬剤師養成校や従業員に限らず、何事にも上半分と下半分がいるんだよ。僕の見通しでは、興味が一番あるものは、可能性や柔軟性が一番ないように見える。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ