圧外傷 (あつがいしょう) とはどのような症状なのですか?

インド グジャラート州の医療関係者

圧外傷とはどういう症状のことを指すのでしょうか?これは自分でコントロールできるものなのでしょうか?

 

エジプトの医師

もしかしたらこの例えが理解に役立つかもしれないよ。

問題 :

5日前に私の娘がカナダに飛んだとする。そして飛行機の着陸時に極度の痛みとともに吐き気を感じた。

それで医者に行ったらこう言われた。気圧外傷、それに鼓膜の後ろ側に血液が溜まっているとね。

2週間後の帰国は問題ないだろうと言われた。

同じ痛みは繰り返したくない。でもどうやってこの症状を避けたらいいと思う?

また、鼓膜が破れるとどうなってしまう?この状態で鼓膜が破れる可能性はある?

答え :

圧外傷は大気圧の変化により、耳管(またはエウスタキー管、耳と鼻がつながっているところ)が塞がれたときに起こる損傷のことを指すよね。

これは、特に航空機に搭乗する旅行者や水圧の急激な変化を受けるダイバーによくある症状だ。

飛行機のクルーやダイバーが健康診断を受ける理由の1つに、気圧の変化に弱くなりがちな耳や鼻、喉に異常がないかをチェックすることが含まれている。

もちろん、普通に生活していても 寒暖差や花粉症を発症したときには鼻がムズムズする。

離陸時は、機内客室の気圧を海抜5,000〜8,000フィートに相当するまで降下させるんだ。

ここでの圧力は地面よりも低くなるから、体内の空気が膨張するよね。この現象により、鼓膜の後ろに溜まる膨張した空気は耳管を通り、体内に飲み込まれる。でもこれは通常問題ないはずなんだ。

機内の空気はとても乾燥しているから、上気道の粘膜もちょっと乾燥している状態が続いていることになる。

そして、機体が降下を始めると、機内の気圧は再び上昇し始める。鼓膜はどうなっているかというと、両方の鼓膜にかかる圧を均等にするために、空気を耳管に戻されなければならないね。鼻が詰まっていたり、副鼻腔炎やポリープがあったり、または元々鼻腔が狭い人の場合は空気が中耳に戻れないことがあるんだ。それで気圧差により鼓膜が押されて、強い痛みや鼓膜の収縮が生じるわけだね。これは、珍しいことなんだよ。

よくある症状だと、収縮する鼓膜の影響を受けた中耳から出血したり体液が滲出したり、または痛みを伴うだけでなく、聞こえにくくなったりもするんだ。中耳の水が抜けるまで数週間かかることもある。時には水抜きの手術が必要になることもある。症状が治まったところで一度耳鼻科を受診して、単純に気圧差が原因とみてよいのか判断が必要になると思うよ。まぁ、風邪を引いているときの搭乗はなるべく避けた方がよいよね。でも、花粉症や副鼻腔炎などで鼻づまりを起こしやすい人は、離着陸の1時間前にオトリビンなどの点鼻薬を使うと効果があるよ。

この例で挙げた娘の鼻や呼吸器系に外科的な損傷がある場合は、次回搭乗するときは事前に耳鼻咽喉科を受診しておいた方がよいでしょう。

 

インドの医療関係者

人工呼吸器をつけている患者さんに圧外傷が起こることはありますか?

 

名無しの医療関係者2

私はまだ臨床経験が少ないからその問題に答えられる知識がないわ。他の人がきっと何か回答してくれると思う。

 

インドの医療関係者3

こんにちは! 人工呼吸器を使用している患者さんには重度の合併症や急性呼吸窮迫症候群(ADRS)などの素因があります。

 

インド カルカッタの医師

このブログを参照してみてください。

http://www.doctorshangout.com/profiles/blogs/injury-to-lung-in-a-pa…

 

インド グジャラート州の医療関係者

どうもありがとうございました。

 

エジプトの医師

まとめ: ダイビングや航空機の離着陸時は、気圧が変化しています。それに適応するために、中耳の耳管を開いて圧力に対応する必要があります。嚥下(えんげ)や咀嚼(そしゃく)などを試してみるのも方法で、その他にバルサルバ手技を用いることもよいとされています。しかし、圧の変化が急速過ぎると耳管の機能が損なわれ、中耳腔の圧力を平衡にすることができなくなり、圧外傷が起こる原因となりえます。

鼓膜が傷ついて穿孔 (せんこう) が起こり、中耳腔の粘膜から出血や体液の流失が起こると、蝸牛窓 (かぎゅうそう) を通じて内耳の重度感音性難聴を引き起こします。

以下は、圧外傷による中耳腔内の血液についての説明です。

診断と治療:

圧外傷の診断はどのようにして決めるか。

直近のフライトやダイビング経験が診断のヒントになる。肉眼または顕微鏡検査で鼓膜を診察したときに、中耳腔内に溜まった血液や液体が見える。たまに鼓膜に穴が開いているのがわかるときもある。よくあるパターンだと純音聴力検査が必要になり、伝音性難聴がわかる。しかし、内耳が関係している場合は感音性難聴が見られることがある。

圧外傷を治療するにはどうしたらいいのか?

外傷性鼓膜穿孔の場合、経過監査が必要。3ヵ月ほど経過観察をしても治癒しない場合、外科手術を行うのがよい。中耳腔内の血液や液体も経過監査をする必要がある。しかし、一定期間観察をしても鎮静する様子が見られない場合、鼓膜切開で排液することができる。内耳が傷ついている場合はまずは安静や投薬で様子を見る。しかし、聴覚が次第に失われると外科的なアプローチ、手術が必要になることも考慮する。

圧外傷とは?

耳鳴りの一般的な原因は耳の気圧傷害で、その他には鼓膜周囲の気圧が急激に変化することによる内耳の不快感によるものがある。圧外傷は、中耳内部の空気圧と体外の空気圧とアンバランスにより生じる。誰もが一度は軽い圧外傷を経験したことがあるだろう。 例えば、険しい峠越えのドライブなどで「耳抜き」と言われている内耳の感覚のことである。圧外傷はアレルギーや副鼻腔の感染症によって引き起こされることもある。

ジェットコースターに乗る、スキューバダイビングによく行く、飛行機によく搭乗する、または大きな爆発物を聞く機会がよくあるなど、このような活動や環境が身近にある人は、重度の圧外傷、または耳鳴りになりやすい。チューインガムが空気圧による影響を緩和することは神話ではない。他によい回避策として、あくびをする、息を止める、飴をなめるなどがあり、乳幼児なら哺乳瓶を吸っていることも耳抜きになる。搭乗中、離着陸の時は起きている方がよい。なぜ、ジェットコースターは鳴りがある人によくないと言われるのか。ヘンリー フォード病院のキャサリン L.ヤレムチェック医師の研究によると、ジェットコースターに乗っている間は耳への負担を経験する方法がないという。高速で予測できない動きの絶叫マシンに乗っている間に、叫んだり、ガムをかんだり、叫び声をあげたとしてもその間に息を呑んだりする暇がないからである。ヤレムチェック医師は、特に若者がジェットコースターに乗った時の頭の揺れによる、おおよそ時速19キロに達した時点で引き起こされる耳へのダメージについて指摘している。

圧外傷の症例:

  • めまい
  • 軽度の難聴
  • 耳鳴り
  • 耳閉感
  • 耳通
  • 水中で感じるような耳圧
  • 鼻血

 

インド カルカッタの医師

このブログに人工呼吸器と圧外傷のことが書いてあったよ。見てみたらどうかな。

http://www.doctorshangout.com/profiles/blogs/injury-to-lung-in-a-patient

それでは。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ