女性の外科医は幸せを掴めるか?仕事と育児は両立できる?

日本でも盛んに女性の社会進出がうたわれていますが、そこには育児や介護の壁があり、口で言うほど甘くはありません。それはどこの国でも同じようです。今回は、女性が子育てと外科医を両立できるかどうかの議論についてまとめました。

 

医学生1(女性) 女性が外科を専門にすることに対して、やめたほうが良いとアドバイスする人がたくさんいる。理由は、非常に時間がかかるし、子どもを持つのが大変だから。

疑問があるのだけど。私は外科のお医者さんをたくさん知っているけど、奥さんは専業主婦で子どもも数人(多くても3人)。

もし外科の女医さんの旦那さんが、快く主夫をやってもいいという人だったら、その女医さんは望みのものをすべて手に入れることができるのかしら?彼女のキャリアを妨げることなく、子どもを持つことは可能?女性の外科の臨床研修医は、一人なら子どもを産んでもOKだけど、2人やそれ以上産むことはばかげていると思われる。なぜ男性が子どもを1人以上持つことは、愚かだと思われないの?

 

主治医1(女性) 女性の外科医が子どもや家族を持つことは可能。けれども、もし彼女らが子どもを持つとなれば、やはり男性よりも問題が多い。なぜなら、何か月間も研修に参加できない可能性があるから。だから、余分に時間を必要とする。研修が終わるまで待ったとしても、年齢の問題がある。病院は、代わりとなる人を採用したり雇用したりすることも可能で、その人は男性の外科医と同じように働けるかもしれない(家に配偶者がずっといて、子どもの世話をしてくれるとか)。もし、外科医たちがもっと子どもと関わりたいと思ったら、男性女性を問わず、いくらかはキャリアに影響するでしょう。あなたやあなたの将来の家族にとって、何が正しいのか決めなければならないわ。

 

医学生1(女性) どうして妊娠したら、研修に参加できなくなるの?

 

主治医1(女性) 最低限、分娩と安静にする期間が必要だからよ。研修中に妊娠した女性の何人かは妊娠期間中は安静にしてて最終的に研修期間が延びたし、別の人は出産予定日より少し前に休んで、やっぱり卒業が遅れたわ。

 

医学生1(女性) 数人から、子どもを産んだ後、研修期間中は2週間かそこら休むだけでいいと聞いたことがあるわ。あと、外科の臨床研修医で、出産の1か月前まで手術にも立っていたし、何でもこなしていた女性がいたという話を聞いたわ。あなたは長期間休むことを強要するの?

 

主治医1(女性) 誰も不必要にたくさん休めとは強要しないけれど、妊娠中に仕事を果たせる保証もないし、数週間以内に出産をして戻ってこられる保証もないわ。だから、もし予定通り卒業したくても、難しいのよ。

 

臨床研修医1 『女性外科医になる:60人の女性の話』を読むといいわ。ある外科医の間には、子どもが6人いるわよ!

 

医学生3(男) 女性の外科医はすべてを手に入れられるかって?すべてを手に入れられる人なんて一人もいないよ。みんな挑戦しては失敗していく。この場合、きちんと計画を立てないと、最終的には肉体的に疲れ切って、離婚してしまうよ。

 

素性不明1 医学生1さん。子どもを持つには、体力をつける必要があるよ。もし子供を2人以上持ちたいのであれば、ひとつの意見としては、学生時代に子どもを一人か二人作ること。あるいは、在学中に一人、研修の後にもう一人を産む。やっぱり研修中に産むのはかなり大変で、悪夢のような話をたくさん聞いたことがあるよ。あなたは色々な方法を選択することができるけど、どれを選択したとしても大変であることは間違いないね。

 

臨床研修医2 33歳の泌尿器科医の取材記事、非常におススメよ。彼女は外科医としての責任(特に臨床研修医時代)、夫、二児の母、これらのバランスを取る難しさについて親切に話しているわ。彼女は臨床研修医の間に子どもを持つ現実についても議論しているわよ。

http://www.loveandthesky.com/home/career-profile-fenwa-attending-physician-urology

産婦人科の臨床研修医や主治医のインタビューもあって、同じようにストレスフルな生活を送っているわ。

 

素性不明2(女性) 外科では、女性はやっとの思いで足がかりを見つけて、闘い続けているわ…。結局、これが外科なのよ。…すべてを使い果たす。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ