女性医師と出産の問題について

女医:

BMA(英国医師会)の記事で、外科の研修生が妊娠したことを上司に報告したら、嫌な顔する上司もいたっていう記事を読んだの。キャリアアップのことを考えたら、女性にとって子どもを産む適切なタイミングなんてないって友達といつも話しているの。それでも何とか仕事との折り合いをつけて、子どもを産むことも考えなければならないってね。

 

だけど、子どもを育てながら働いているドクターに対する風当たりは実際厳しいと思うわ。 でもそろそろそういう風潮が改善されてもいと思うの。だって今や医学部生の半分以上(55%)は女性なのよ。でも医学部生も医者もこんなに忙しいのに一体いつ出産を考えればいいのかしら?

 

 

名無しの医者:

そんなの個人の自由だろ。決まりなんてないさ。みんな自分の置かれた状況を把握しながら、きちんと計画しているよ。でも出産のために自分の勉強を諦めようなんて考えるべきじゃないと思うけどな。

 

 

女医2

まあ仕方のないことね。まだ研修生だし、望まない妊娠ではあったかもしれないけど。でもすべて自分自身が招いたことですもの。その女性の上司たちがなかなかいい顔しないのもわかるわ。医学部生も医者もただでさえ目が回るくらい忙しいのに、それを育児と両立するなんて、心配して当然だわ。

 

でも結局それって医者に限ったことじゃないのよね。どんな職業に就いていても、仕事と育児の両立は大変だし、女性ならそれを乗り切らないといけないのよ。だからどうするかはその人次第で周囲がとやかく言うことじゃないわ。自分自身がどう優先順位をつけるかよね。

 

 

インド人女医:

医療教育に終わりはないものね。出産している暇なんて正直ないわ。でもそんなの自然の摂理に反しているわ。24-28歳がだいたい身体的な観点から見ても出産適齢期よね。彼女の上司たちも理解を示してあげるべきだわ。それを理解してあげないのはハラスメントになりかねないと思うわ。

 

 

インド人医師:

大学や大学院は勉強が忙しくてストレスも多い時期だ。だから出産するなら、もっとストレスの少ない時期を選ぶ方がいいと思うけどな。

 

 

名無しの投稿者:

確かに今や女性も男性と対等に働く時代だからね。パラダイムシフトが必要なのかもしれないな。現代の情報伝達サービスを駆使すれば、簡単に実現できると思うけどな。子どもを育てながら働く女医の理想の姿が確立されれば、きっとみんなもっと働きやすくなると思うよ。肝心なのは、誰がそのきっかけを作るかってことだけどね。

 

 

名無しの男性:

産休などのきちんとした規定はないし、年配の医師たちの圧力があってなかなか休めないのが現状だ。年配の女医たち、自分たちがそういう苦境を乗り越えてきたもんだから、若い女医に甘い顔はしないよ。僕の妻もそうだったよ。結局出産の際には仕事をやめて、その間は無職にならざるを得なかった。

 

国立病院では都合よく女性医師を雇い、必要なくなったら容赦なく切り捨てる。基本的人権もくそもあったもんじゃない。産休もたった2か月間しか与えられず、しかも復帰は許されない。2か月経ったら、一度病院に戻って退職願を事前に提出しないといけない。それをしないと罰金が最終給料から天引きされる。天引きされたくなければ、産休なしで辞めるしかない。

 

でも民間企業の待遇はもっと最悪だ。特に女性に対する待遇はひどいもんだ。産休後に復帰できるかどうかは、産休前と同じポジションに空きがあるかどうか次第だ。もし女性で医者になる道を選ぶなら、妊娠したら最後、退職しか選択肢はないと覚悟しておくんだな。

 

待遇か比較的きちんとしているのは国立病院の常勤のポジションだが、女性に対しては雇用の際に年齢制限があることが多い。雇用や人事を仕切っているのが古株ばかりだから、この慣習はなかなか変わらないんだ。

 

名無しの投稿者2

今の時代、不妊治療や高齢出産者のためのさまざまな治療がすごく進んできているから、出産もそんなに急がなくてもいいんじゃないかな?家庭を持つなら、キャリアアップは諦めるくらいの覚悟が必要だと思うよ。

 

女性投稿者:

みんな母親のことや、今後の勉強のことばかり気にしてるけど、赤ん坊はどうなるのよ。お腹の中の赤ちゃんはもう確実に育ち始めているのよ。私の学部では、もし在学中に妊娠したら、出産が終わるまではそれ以上学業を続けることは許されないわ。でもそれは、母親やお腹の中の胎児のことも考えたポリシーなの。だって妊婦がいろいろな感染の危険性のある病院内にいたら危ないでしょ。たとえ望まない妊娠だったとしても赤ちゃんに罪はないのよ。出産か自分の今後のキャリアかどちらかを選べっていうのはすごく難しいのはわかるけど。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ