子宮頸がんワクチンは受けるべき!?HPVワクチン接種に関する賛否両論!!

私はこれまで女友達と子宮頸がんなどのヒトパピローマウイルス感染症を予防するHPVワクチン摂取の是非について議論してきましたが、皆さんはHPVワクチン接種についてどのような意見をお持ちですか?
男性の皆さんは自分の彼女にワクチンを接種してもらいたいですか?
女性の皆さん、ワクチン接種につていてどう思いますか?
ワクチンを接種し、その後の性交渉は大丈夫だと考えている9歳児についての論争をどう思われますか?
将来医者になる方は、あなたの患者にHPVワクチン接種を推奨しますか?

将来の泌尿器科医:
HPVウイルス感染率やHPVウイルスに感染した人のうち何パーセントの人が実際に子宮頸がんを発症、もしくは何かしらの症状を持つのか、もっとたくさんのデータが必要だね。
僕の彼女はこのワクチンが特定のタイプのHPVウイルス感染症を予防し、癌を発症する可能性がかなり低下することから400ドルで接種したよ。
リスクに晒されることを考えれば400ドルの費用は十分安いよね。

研修医1:
全ての女性が接種すべきで、議論する余地もないよ。
このワクチン接種後に女の子達が性交渉しても大丈夫だというデータは何も出てないけどね。
逆を言えばHPVについて学ぶことで若い女の子達が無防備な性行為に及ぶことが少なくなるんじゃなうかな。
コンドームが婚前交渉を促進し、10代の若者(特に社会・経済的地位のの低い10代の若者)の性感染症への感染率が上昇してるよね。
男として、なぜ彼女にワクチンを接種して欲しくないの?なぜ癌にかかるリスクを下げて欲しくないの?
僕には彼女にワクチンを接種して欲しくない理由が全く理解できないよ。

研修医2:
HPVワクチンは全ての年齢層でとても効果的だ。感染を防げるんだから防ぐべきだよ。
僕も彼女に接種して欲しいけど、彼女は今27歳で現在は26歳までの接種しか承認されてないから打てないんだ。
男性は感染チェックのためのテストを受けないから、たとえHPVウイルスに感染していても相手に教えられないから簡単に感染しちゃうんだよね。
だからこそこのワクチンは10代の女性達に標準的に接種されなければならないんだ。

研修医3:
劣悪な保険はワクチン接種をカバーしないので、ほとんどの人が接種できていない。誰が600ドルもするワクチンを接種できる余裕があるの?

研修医4:
男として僕は自分の彼女にワクチン接種をしてもらいたいな。
ここにHPVに関する統計情報の掲載されたサイトへのリンクがあるよ。
http://www.andrew.cmu.edu/user/mfrisby/statistics.htm.

このサイトによるとおよそ75%の人が生涯のうちにHPVウイルスに感染すると推定されている。そして、男性がウイルスを保有しているか検査する術がないため、性感染症予防のためコンドームをしようするなどの配慮をしたセーフセックスを行う人でさえ、依然としてこの病気にかかるリスクが高いんだね。そのため、女性のワクチン接種は子宮頸がん発症のリスクを有意に低下させるんだ。パートナーである男性自身も自身の感染を防げるとともに、自分がHPVウイルスを保有したキャリアである場合もそれに気づかずその後のパートナーに病気を移すことを防げるよね。

研修医1:

その通り。新しいワクチンの臨床開発も行われているよね。数年後には保険がHPVウイルスワクチン接種をカバーすると信じてるよ。

研修医5:

多くの保険会社がカバーし始めてるから確認してみて!主な保険会社CignaとAetna2社が既にカバーしてるよ。
病気をの原因となるウイルスに対するワクチン接種なのだから、議論の余地もないさ。
数年後には男性にも女性にも認可されたワクチンが出るだろうね。
このワクチンがはすでに小児の定期予防接種に含むよう、米国小児科学会で推奨されているよ。

研修医6:
HPVウイルスに感染したからといって必ず子宮頸がんを発症するわけではないけど、子宮頸がんを発症した患者のの70%にHPVウイルスタイプの16型か18型への感染が認められるの。そしてこれらの二つのタイプのHPVウイルスはワクチンで予防できるわ。子宮頸がんは、女性のがん関連死の死因で2番目に多いことから考えてもワクチン接種は重要よ。性器で外陰部のイボを引き起こすHPVウイルス6型と11型への感染も予防できるの。

将来の泌尿器科医:
僕はワクチン接種に価値があるとは思わないな。数値に幅はあるけど全女性の50-75%がいずれかのタイプのHPVウイルスに感染すると言われてるよね。そのうち1%が、定期的な子宮頸部細胞診を受けなかった場合に癌または前癌状態になる。米国女性の89%がHPVウイルス検出精度が95%以上である子宮頸部細胞診を受けている。ほとんどの癌は子宮頸部細胞診を受けずHPVウイルスに長期間晒された後に発症しているんだ。
HPV感染歴がなくきちんと婦人科で定期検診を受けている女性の子宮頸がん発症率は決して高くないんじゃないかな。
僕は専門家ではないけど、ワクチン接種を勧めたい。文献を読んだ限りでは、ほとんどの女性がワクチンの恩恵を得るのは明らかだよ。
ただ、金銭的に余裕がなく、それほどリスクがない人の場合、受ける価値はないかもね。
より安く受けられて、金銭的余裕があり、保険でカバーされているならもちろんお勧めしたい。

研修医7:
子宮頸部細胞診は必ずしもHPVを検出するとは限らないよ。女性が本当にHPVウイルスのに感染しているかを確認するにはDNA検査を行う必要があるんだ。僕は既にHPVウイルスに感染している女性がワクチンを接種してはならないと考えているんだ。
性行為をしたことのある女性はワクチン接種を受ける前にDNA検査を行うべきなんじゃないかな。

研修医8:
あなたの最後の一文は間違ってる。HPV陽性であることが既に判明している女性であってもワクチンを接種するメリットはあるわ。HPVウイルスには100種類以上の型があり、その多くが子宮頸部の細胞に変化を起こし得るの。
ワクチンは4つの型のウイルスに対して予防効果があるため、もし仮にあなたが既にある型のHPVウイルスに感染し陽性であったとしても、残りの型のHPVウイルスに対してはワクチン接種により感染予防ができるわ。

研修医9:
女性はワクチン接種にが必要よ。
今後20年以内に85%を超える大多数の人がHPVに感染すると予想してるわ。全ての女性がワクチンを接種にすべきで、無知な人々によってワクチン接種の是非に関する論争が繰り広げられてるだけよ。

研修医10:
私はHPVワクチンは接種は絶対必要だと思うわ。OB-GYNの事務所で働いているけど、多くの保険プランがワクチン接種をカバーしてるわ。患者は$100-$200の手数料を前払いするけれど、最終的にはおよそ$20-$50の自己負担で済むわ(6か月間で三回の接種が必要だけどね)。
でも、保険に加入する女の子たちは保険でカバーされるかは気にしてないわ。癌の治療にかかる費用やそれに伴う心理的なダメージに比べたら、ワクチン接種のにかかる$600なんて何でもないわ。

HPVの詳細情報:
http://www.niaid.nih.gov/factsheets/stdhpv.htm

ガーダシルは、4種類のHPV(6、11、16および18型)の感染を予防するワクチン。6型および11型は低リスクHPVで、生殖器疣贅の90%に関連していると同時に、子宮頸がんの70%を引き起こすわ。
ワクチンを接種したからといって9歳の子供が性行為に走るのは間違いだけど、これは小児科での定期予防接種でなければならないわ。
癌を予防できるワクチンを接種させないなんて狂ってるわ。

研修医11:
多くの保険会社が保険でカバーしているけど、あなたが処女でない場合には多くの保険会社がカバーしていないわ。あなたに性行為の経験があるなら、既にHPV感染の可能性があるためよ。
もしあなたの保険がカバーしているならワクチン接種を受けるべきよ。全てのタイプのHPVウイルス感染を予防できるわけではないけど、多くの種類のHPVウイルス感染を予防できるわ。
HPVは流行しているし、あなたのパートナーがHPVウイルスに感染していて自分に移す可能性があるのか知ることはできないのだから。転ばぬ先の杖よ。

研修医12:
希望する全ての女性がワクチンを接種できるようにすべきよ。女性自身の身体のことなのだから、パートナーにすすめられたからとかじゃなく、自分で決めて受けるべきよ。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ