家庭医療と小児科、どちらに進むか決められない!

医学生

私は小児科と家庭医療の両方に興味を持つ医学生。小児科と家庭医療の選択科目とサブ研修を終えても、まだどちらをやりたいか決めることができないの。私はどちらも本当に好きで、その理由は同じ。現行案としては両方挑戦してみて、自分に合った方に決めようと思ってる。家庭医療と小児科の両方を楽しんでやれるとわかっているので、ほかの何よりも立地とかの方が問題。でも、最終的にはどちらが好きか選ぶ必要があると思ってる。

私は小児科で本当にたくさんの経験をしたわ。子どもから青年まで関わってきて、小児科が好きだと分かったの。

でも、内科で入院患者を診るのが大嫌いにもかかわらず、家庭医療のローテーションのときに成人の外来患者を診察するのがとても楽しいことに気付いたの…。だから、どっちの道に進もうか悩んでしまう。

私はしばしば北東部は家庭医が非常に少なく、診察するのはほとんど大人だと聞かされる(予想では75 %以上が大人)。私は子どもと一緒に仕事をするのが本当に好きで、子どもの患者なしで医業を営むことなんて想像できない。理想的には、ニューヨーク北部かどこかに落ち着きたくて、患者の比率は子どもと大人が半々、でも不可能なのかな。

全体として、私の気持ちは

子どもの外来と入院患者=成人の外来患者>>>>>>>>>成人の入院患者(内科ローテーションで入院患者を診るのは本当に楽しくなかった)。

 

【家庭医療】

長所

・地方に定住できる(人手が足りていないから)。

・何でも診察できる。

・大人を診察することをあきらめなくていい。

・家族の複数の世代を診察することが可能。

短所

・主な患者が成人(75 %以上)。

・すべての年齢に適した医療知識を常に最新のものにしておくのが難しいかもしれない。

【小児科】

長所

・たくさんの子どもと出会うことができる。

・介護者として両親や家族と一緒にはたらくことができる。

短所

・18歳になったらその子に会えなくなる。

・患者として彼らの両親や祖父母を診察できない。

 

【家庭医療と小児科の共通の長所】

・外来患者の治療が好き。

・患者の家族と一緒に仕事ができる(患者として、または親、介護者としてのどちらか)。

・予防医学に注力できる。

・患者と長い間関わっていける。

 

医療関係者1

入院患者が好きではないようね。もし外来患者が目的ならば、家庭医療の方がより良い選択になるかも。

 

医学生 (医療関係者1の発言を受けて)

ありがとう!そうね。確かに外来患者の治療が好き。私が悩む唯一の問題は、小児科のサブ研修の間に小児の入院患者を担当したら、驚いたことに楽しかったこと。だから、入院患者で嫌いなのは大人だけなのかなぁと首をかしげているの。

 

空軍の内科医

私はニューイングランドで育って、小児科医がいなかったので、いつも家庭医のところへ行っていたよ。

 

医療関係者2

もし子供を診察しないと生きていけないなら小児科に進んだらいいんじゃない。もし大人を診察しないと生きていけないなら家庭医になったらいい。もし小児科がたくさんある地域で家庭医になったら、メインは大人の診察になるだろうね。

 

内科を開業する医師

もし子どもと大人を診察したいなら、小児科に行った方が幸せだと思う。もし将来的に小さな町に住むつもりなら、反対に家庭医療に進んだ方が意味がある。大都市で小児科になったら、家庭医として診察できる子どもの人数は完全に制限されるよ。

 

臨床研修医

考慮すべきなのは、小児科の研修ではほとんど入院患者が対象で、だけどそのキツい研修が終わって独り立ちすると結局外来患者を診察するようになることよ。あなたは小児科の入院患者を診るのがお好きなようだけど。

家庭医療で考慮すべき点は、研修期間にかなり多くの成人入院患者を診なければならない可能性が高いこと(でも決して絶対ではない。狭き門に挑戦することは可能)。私の友達で小児医療に興味があって家庭医療に進んだ子が何人かいるんだけど、小児医療で評判がいいところで研修を受けて、入院している子どもに対する治療のいいトレーニングになったって(家庭医療のすべてで小児科の入院患者の研修に強いわけではないから、リサーチしてね)。

私の場合は、家庭医療の研修で小児医療の良いトレーニングを受けられたと感じているわ。これらを踏まえて、もしあなたが本当にやりたいのは小児科の入院患者の治療だというのであれば、家庭医療じゃなくて小児科に進むといいと思う。

 

医学生

みんなたくさんの返信をありがとう!

小児科と家庭医療の研修医に話を聞いて、どちらがより自分に合っているか決めることができた。もちろんどっちも好きだけど、家庭医療について大きな発見をした。

私は全部することができるという考えが好き…それが圧倒的だった。

家庭医療の授業で小児科のいいトレーニングができたというのもポイントの1つ。私がやりたいのは、外来患者のプライマリーケア…だから小児医療に進むより家庭医療に進んだ方が良いと気付いたの。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ