専門医じゃなくて、あえてホームドクターになりたい

医学部予科の学生:

僕は将来医学の道を志すことを目指してるんだけど、その中でも田舎のホームドクターになったらすごくやりがいがあると思う。一流の診断医になって、専門医と力を合わせて患者さんの病気を治したいんだ。そしてどんな患者さんが来ても動じない優秀なホームドクターになりたい。

 

ただ1つ心配なのが、手術とか出産のケースなんだ。僕は手術にあこがれてる。度胸もあるし、緊迫した状況の中でも集中して冷静沈着でいられる。手先もめちゃくちゃ器用だし。十分なトレーニングを積めば、きっとどんな難しい手術もこなせるようになると思う。

 

でも問題はトレーニングなんだよね…外科医とか産科医として生計を立ててくつもりはないんだけど、でももし田舎町の病院で僕の他に誰も当直の医者がいなかったら、僕がやるしかないだろう。他院に転送する時間もなくて、僕がやるか患者を見殺しにするかっていう究極の状況が日常的に起こると思うんだ。きっと急に産気づいた患者が救命救急に来て僕が処置しないといけなくなる。

 

田舎のホームドクターはどうやってレベルの高い処置のトレーニングを受けてるんだろう?ホームドクターを対象にして出産に対する処置や緊急の血管手術、虫垂切除術とかのフェローシップがあればいいんだけどね。医学部4年で、そこまで勉強するって可能かな?

 

ロンドンの医学部4回生:

ちょっと先のことまで考え過ぎじゃない?産科のことに関して言えば、僕が今研修を受けてるところは、田舎のクリニックだけど僕は30人の赤ちゃんの出産に立ち会って、膣の縫合も自分でやったよ。

 

帝王切開も数えきれないくらい助手として立ち会ってきたし、そのうち2回は僕が出棟医だった。ひざの切除術、チェストチューブ、虫垂切除術、挿管もオペで数えきれないくらいやってきたよ。そこのクリニックで研修してるのは僕一人だし。

 

君が書いてたような処置は、僕が4回生の時点でもうほとんどやったことあるものばかりだ。だから心配しなくても、本当にやる気があるならできなくはないよ。まあもちろん僕も今すぐ一人前のホームドクターにはなれないけど。焦らずに11つステップをクリアしていくべきだと思うよ。

 

医療関係者:

専門医の能力はすごいと思うし、ライフスタイルもかっこいいと思うけど、彼らの医者としての能力は退化していくと思うんだよな。例えば内科医はモグラも触れないし、運動選手の体の問題については何もわかってない。細菌性の感染症にかかったときは、精神科医じゃ何もできない。

 

でも小さな町のホームドクターにはいつも感銘を受ける。医者の中の医者だと思うよ本当に。熱意、度胸、能力どれをとってもね。僕は今はヒューストンに住んでるけど、テキサス州のいろんな都市を転々としてきた。その中で、必ずしもいい専門医に紹介されるわけじゃないって思ったんだ。たとえ大都市でも、腕のいい医師に診てもらえない患者がたくさんいる。

 

貧しい患者はどの医者も診療を嫌がって、病院をたらい回しにされる。鬱の少年少女は精神科送りになるだけだ。僕に言わせればそんなの医者の怠慢だよまったく。すごく難しい問題だけど、僕が思うに田舎の病院の方が寛大で患者さんのことを親身に考えてると思う。

 

ボストンの医者:

本当にその通りよね。総合医がちょっとした症状でもすぐに患者を専門医に紹介したがるのは、残念なことだわ。専門医に紹介する前に、自分で最大限の努力をしようと思わないのかしら?でもきっとそれじゃ全然の儲けにならないのよね。処置に5分以上かかるって判断したらすぐ専門医に送る。そうじゃないと1日に40人も患者診れないもの。

 

名無しの投稿者:

多くの小さな町が外科医を必要としてるよ。君が言うように、ホームドクターは地域のために幅広い治療のトレーニングを受けてる。田舎には専門医が少ないからね。小さな町で医者になりたいなら、地域の外科医になればいいのに。その方が儲かるし、それ以外にもすごくやりがいがあると思うよ。総合医療の分野でも手術はたくさんあるし、需要も多いよ。外傷とか火傷とかね。だからもし手術のスキルを上げたいなら、逆に小さな町に行くべきだと思うよ。

 

医学部予科の学生:

みんないろいろアドバイスありがとう。僕は知り合いの外科医にすごく感銘を受けて、一番尊敬してる分野でもある。だから僕にとって手術はすごく魅力的なんだ。けど、フルタイムの外科医にはなりたくないんだ。いろんな患者さんを診察したいから。年齢層もさまざまで、軽症の患者も、話し相手を必要としてる少年少女も、ホスピス患者もね。

 

ほとんどの分野に興味はあるし、いろいろな自分のスキルを生かして、患者さんを直に助けられる医者になりたいんだ。外科手術に特化するのも面白そうだけど、まあもう少し考えてみるよ。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ