将来OMFS(口腔および顎顔面手術)ができる歯科医になりたいなら名門大学に行っておくべき!?

歯科研修生:

僕は研修を終えて今は学部のインタビューも終わったんだけど、将来※OMFSを目指す人に伝えたいことを投稿するね。

  1. まず※NBME試験では確実にいい得点を取らなければならない。今年の合格者の平均は約70点らしい。だから65点取っても安心はできない、確実に合格を目指すなら70点は取っておかないといけないってことだ。
  2. やっぱり名門大学を出ている志願者は面接のチャンスもたくさんもらってる。ハーバード大学、コロンビア大学、ペンシルバニア大学、※UCLA、※UCSFとかね。

 

僕自身、無名の州大学じゃなくて※Ivy schoolsのどれかに行けばよかったって少し後悔してるよ。だからもしOMFSに本当に興味があるなら名門大学に行ってNBMEで高得点を取るべきだ。

※OMFS(oral and maxillofacial surgery):口腔および顎顔面手術

※NBME(National Board Of Medical Examiners):国立医療試験審議会

それが主催する試験がNBME Comprehensive Basic Science Examinationであり、略称はCBSE。試験自体NBMEと呼ぶ場合もある。

 ※UCLA:University of California, Los Angeles

※UCSF:University of California, San Francisco

 

※Ivy schools/Leageue: 以下のアメリカの名門私立大学8校

Harvard University

Yale University

Cornell University

Columbia University

University of Pennsylvania

Princeton University

Brown University

Dartmouth College

 

歯科医:

平均70点はいいすぎだろ。僕が面接を受けたところはそんな高くなかったけど。それに州大学だってべつに問題ないよ。時間をかけて勉強すればCBSEだって高得点が出せるはずだ。

 

歯大生:

面接で求められる平均スコアは50-65点くらいじゃない?もちろん80点代の人もいるけど、まあそれはせいぜい2,3人だね。

 

僕も研修生さん:

どこの歯学部出ても、与えられるチャンスはほぼ同じだよ。あんまり新しくできたばかりの大学だったら不利になるかもしれないけど。大事なのはCBSEのスコアと個人の力量だよ。

 

だから名門大学に行くべきだっていう意見には反対だ。それらの名門大学が大学院でも充実したカリキュラムを組んでるのは事実だけど、実際名門大学以外の志願者の方が多いくらいだよ。

 

名無しの投稿者:

面接に関してどんな感じだったかもう少し教えてくれない?NBMEについて詳しく答えさせられる?やっぱり緊張するものなの?※エクスターンシップではどんな発見があった?

 

エクスターンシップ:大学生が経験を積むために行う学外研修

 

歯科医:

面接はむこうがこっちを試す場でもあるけど、こっちがむこうをしっかり理解するための場でもあるんだよ。僕は全く緊張しなかった。プレッシャーにどう対処するか試してるようなちょっと変わった質問もあったけど。面接の大部分は学部側がこっちに研究プログラムを売り込むんだ。どれもおもしろかったし、甲乙つけがたかった。

 

シアトルの研修生:

そりゃNBMEで80点取ったら誰だってほぼ合格だよ。でもそんな高得点とるためには、※DAT 19、※GPA平均3.5とかの州大学じゃなくて、もっと科学の分野に強い大学に行くべきだね。DAT 21-22, GPA平均3.7くらいのところがいいかな。

 

DAT(Dental Admission Test):歯学部を目指す学生が受ける試験

GPA(Grade Point Average):各科目の成績から特定の方式によって算出された学生の成績評価値

 

シュリーブポートの医大生:

6年制のプログラムだったら70点以下じゃ面接さえ受けさせてくれないところもあるよ。けど、まあ平均は50点代だね。CBSEで80点取ってれば、州大学出身でも引く手はあまただろうね。ただ、CBSEで高得点を取るためにいい大学に行くってのはやっぱ正しい気がするけど。無名の小さな大学に比べれば名門大学がもちろん勝るだろうけど、それがすべてではないよね。

 

名無しの投稿者2人目:

名門大学種の出身者が多くOMFSになるのは、それだけ意志のかたい学生を集めてるからだよ。自慢じゃないけど僕は州大学出身だけど最も競争率の高い分野のトップレベルのプログラムの面接も受けたことあるよ。それでも、もし州知事が州大学をつぶすって言えばもう僕の出る幕はないけどさ。大学のブランドなんて屁みたいなもんだよ。僕にとっては僕がいた大学のプログラムリーダーたちの方がよっぽどすごいよ。コロンビア大学よりもね。

 

唯一特定の大学に入るメリットを挙げるとすれば、最初の2年を医学部との合同カリキュラムにしてる大学があって、それはCBSEの高得点にもつながるよ。でもまあ面接官も馬鹿じゃないから、そういう学校から来てるやつはよくできるってこともわかってる。評価の高い研究プログラムのほとんどは、CBSEだけで志願者を判断することはないよ。70点以下もしくは65点以下でも面接を受けさせてくれるところもある。CBSEってのはあくまでも公平な評価基準の1つにすぎないのさ。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ