小腸の閉塞の診断をするときに、経口消化管造影剤は使用しますか?

名無しの医師 1

とても単純な質問かと思います。小腸の閉塞が疑われる場合、皆さんは経口消化造影剤は必須だと考えますか、それとも造影剤での検査を行うのみではなくその他の検査項目を考慮して、診断を付けるまでに時間をかけますか?

 

名無しの医師 2  > 名無しの医師 1

所属する医療機関の外科医と放射線医によるとは思いますけれども、小腸閉塞の診断を付けるために経口消化造影剤は必須ではないと思います。

 

名無しの医師 3

ええ、そうですね。私も必要じゃないと思いますよ。うちの医療センターでは、信じられないかもしれないですが、要望がない限り、積極的に造影剤は使いません。水で代用しています。あまりいい方法とはいい難いのですが、これでうまくいっています。しかし、減圧療法後、36 ~ 48 時間後のガストロフィン検査は効果がありますよ。

 

名無しの医師 4 > 名無しの医師 1

必要ないと思う。でも水溶性の造影剤は治療方針を決めるにはよいという文献がよくあります。知小腸造影検査は患者さんの経過が思わしくないときによくオーダーします。1つ付け加えておきたいことがあります。必要ないことが、イコール有用性を否定しているわけではないということです。特に、イレウスやその他の症状と区別するためには行った方がいい検査です。しかし、誰がみても、これはもう間違いなく小腸閉塞でしょうとなったら、しかもすでに排液で胆汁を確認している場合、消化管の検査は必須です。

 

名無しの医療関係者 1

ポイントは次の 2 つだと思います。

明らかに小腸閉塞と認められる場合、造影剤は希釈されてしまうので画像をいざ撮ろうとしたときに通過点をうまく撮れません。先の方がご指摘されているように、前に行った検査結果をみて判断することもあると思います。腹部のレントゲンでもわかるような場合は、あえて造影検査はしないでしょう。
腹部の痛みが鈍い、または他の腸管病変が疑われる場合は造影剤検査は有意かと思います。腹部レントゲンが診察の決め手になりそうな気はしますけどね。救急では処置にあたれる時間も限られてますから、まずやらない検査です。因みに虫垂炎も造影剤検査まではやらないですよね。

 

名無しの医師 5  > 名無しの医療関係者 1

救急ではどんな症状かまず判断して放射線医に伝えていかないといけないですよね。何を検査してほしいのか、どういう症状が懸念されているのか。ベースが何かを知らないといけないし、前にどんな検査を受けているのかまで聞いていたらとても処置の時間が確保できません。

 

名無しの医師 6

救急や放射線科で経口消化造影剤があまり重視されないのはそのほとんどが結果的に虫垂炎だったから、というのが重なっているからではないでしょうか。本当に必要なら点滴を取って造影剤を注入することになるでしょうし、救急ではコストも処置時間も限られていますからそこまでは追いきれない。問題は、注入できない患者さんの場合に、じゃあ経口でとなることです。小腸閉塞の診断に不要とはいいません。CT はあまり必要ないかと思います。あれば、それはいいとは思いますけど。でも午前 2 時に他の病変を探るのに画像診断するのはどうなんでしょう。

下痢と腹痛を訴える患者さんに経口消化造影剤検査はありだと思います。検査することで小腸閉塞の疑いが晴れることもありますから。小腸の蠕動運動は原因が1つとは限りませんから、検査をすることでその可能性を消していけるとは思います。救急でそう言われたからと言って決して造影検査が不要なわけではないと思います。

名無しの医療関係者 1 > 名無しの医師 6

放射線科では検査の依頼はお断りはしませんよ。おそらくね、想像するに、断る理由としては、小腸閉塞かなと思われる患者さんの検査には他に適切な検査があるんです (造影検査が最適という人はあまりいないと思います)。イレウスと区別しづらい症状なら、レントゲン撮っても小腸閉塞の可能性を除外はできないでしょうね。と言ってもね、この時点で経口消化造影剤を使った検査をすればいいかと言うとそれでもはっきりするとも言えないんです。正直、あんまり差異は出ないのではないかと思います。経口消化造影剤を使った検査で有意なのは、病変が消化器系にあるのか、そうでないのかを知ることです。特に腹部なのか、骨盤なのかを特定できます。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ