強迫性人格障害 (OCPD) の人は医師になれると思いますか?

名無しの医学生 1

自分では極端な性格ではないと思うのですが、でも他の人と比べると結果として自分はそうなのかな、と迷うことがあります。今まで学校で特にこれといった問題もなくきていますが、大学でもこのままうまくやっていけたらと思う反面、どこかでばれて、それとなく避けられるのは嫌だなと思うようになりました。自分の行動や言動を押さえることは可能です。例えば、面談する先生とか、就職相談とか、そういうときは自制できますけど、毎回うまくやれるかというと自信ないんです。それで、大事な場面に限って、懸念していることを指摘されて進路変更を余儀なくされることを不安に思っています。

医学部に進むにあたって、同じような不安があった方や当時はそうだったけど、実際医師になってどうしてるとか、そういう話を聞かせてください。個人的な性格診断とか、そういうのを聞きたいのではないのです。

 

名無しの医療関係者 1

正式に診断がついたのですか?もし本当にそうなら、その診断はいつついたのでしょうか?なぜお伺いしたのかというと、昔、5 歳の子に ADHD の診断をつけた医師がいて、私としてはそれはやりすぎだろうと思ったことがあったので。だって5 歳って、まだ診断つけるような年齢ではないでしょう。そう、その子は子供らしい子供だっただけのことだと思うんですよね。

それから、次に申し上げたいのは、医師として一人の人として交流できることは大切だということです。誰でも高校から進学してすぐは環境の変化もありますし、あなたが不安に感じていることも、至って普通のことだと思いますよ。

その、スレ主さんが進路指導のときに言われそうと懸念していることは個人的には「おかしい」と思います。そう、もし、そういう指摘をした先生がいたとしたらね、そっちの方がおかしいの。みんな不安に思うことは同じだし、あなたが特別だとは私は思えません。時間とともにコミュニケーション能力は向上するものだし、意識的に何かプログラムに参加しなければいけないとは思わない。

他にも伝えたいことがあるんですが、そう、医大に来る人なんてね、そもそも人付き合いが下手な部類ですよ。なので、もちろん OCPD の診断が出ている人も入学していると自信を持って言えます。

 

名無しの医学生 1 > 名無し医療関係者 1

自分で意図的に勉強とか仕事を理由に、みんなからは離れてしまいます。それは疎外感を感じるからではなくて、そうしたくてやっているんです。診断は出たことはありませんが、自覚していることを調べたりするたびに、やっぱりそうなのかなと思うことが多々あります。穏やかな性格だと自分では思いますし、でも病的なところを先生たちが、いつ気づくのかと思うと戦々恐々としてしまいます。

もちろん、医師は仕事柄、人との距離を適切に保つ必要がある職種だと思っています。ボランティア先の病院では患者さんやスタッフとちゃんとやっていけていますが、でもそれは表向きの顔で頑張って合わせているだけなんです。一番気にしていることは、入試のスコアがよくても、選考で内心が悪いと判断されてしまうのではないかということで…。

 

名無しの教職員

君の話を聞いていると、OCPD というよりもアスペルガー症候群の方が可能性ないかな。セラピストに一度相談するものいいと思いますよ。医学部が過酷だなんて、そう見えるだけですよ。

 

名無しの医療関係者 2

はっきり言うけど、人とうまく会話できない人が医師になれるわけないでしょう。

 

名無しの医療関係者 3 > 名無しの医学生 1

あなたの将来を諦めなさいとは私は言いたくないわ。きっとやり方が見つかると思うし、乗り越えてこそでしょ?意識的に自制できるわけだから、それが出ないようにオンオフ切り替えるのも、やり方の1つだと思いますよ。忠告しておきたいのは、医療はあなたが思っている以上に人と人との信頼関係で成り立っている分野だということです。それに覚えておいてほしいのは、ボランティアで関わる医療関係者や患者さんはあくまで一時的な関係を築くだけ。本業になるとそうはいかないということくらい、わかっているわよね。今後 40 年以上在籍する業界だと考えたら、その一週間程度のボランティアで決めていいのかしら?あなたには最終的にはここは合わない可能性もあることも考慮しておいた方がいいんじゃないかしらね。

患者さんとそこまで密に関わらない仕事だってあるわよ。そうなると、もっとハードルは高くなるけどね (人気ランキング上位は麻酔科と放射線科)。詳しく知っているわけではないけれど、数十年先を見越しても放射線科がメイン外来になることはないと思う。

 

名無しの医療関係者 4

もう少し前向きな意見をスレ主さんにできると僕は思います。アスペルガーでも強迫性人格障害でも、医師になるにはさほど関係ないと思うんですよね。ベン・カーソン氏のような人に目を向けてください。テレビとかで見た範囲だけど、話すスピード、話している間にするジェスチャーなどを見る限り、社会的なインテリジェンスには乏しい人物かもしれないと思うけど、彼は天才的な外科医ですよ。医療現場は人間の内面、外見の両方を治癒するスペシャリストが集まるところです。だから僕は好きなんですが。僕もどちらかというと、内向的に考えてしまうタイプの人間だけど、もし診断が何かついたとしても医者になることをあきらめたりしなかったと思います。医学部がどういう人間を集めたいのか、内向的、外交的、本を読むのが好きな人、ソーシャルワークが好きな人がいる、そういう色んな多様性を受け入れない場所なのかどうかは知りません。場に合わせるとか、僕は嫌いです。それをやっても自分は心地よく過ごせない。

 

名無しの医学生 2

強迫性障害 (OCD) と強迫性パーソナリティ障害 (OCPD) の違いがわからない人っていますか?
名無しの医療関係者5 > 名無しの医療関係者 3

アスペルガーにはまだ診断が必要なんですかね?DSM-5 (精神障害の診断と統計マニュアル) に当てはめて、自閉症なのかそうではないのかだけの診断をするように言われたので。重箱の隅をつつくわけではないですが、自己判断すると煙たがられる傾向があると思います。コミュニケーション能力などの社会的スキルは必ず向上するものだし、どの種類の障害には当てはまらないと思いますよ。

いろんな活動を通じて人と話すことに慣れていくのも1つの手段だと思いますよ。きっとね、経験する一つ一つのことはどこにでもあるものの1つで、あなたがとる行動の結果も、何も特別なことではないと思います。自分がまだまだだなと思うときは、思い切って貪欲に調べて、正しく現状を知ることも大切なので、そういう調べる勇気も奮い立たせてみてください。うまくいかないからって、自分を殻に閉じ込めないで、どんどん人とかかわって色んなことをその場で感じて考えていけばいいと思いますよ。

 

名無しの医師 1

プライマリケアではなかなか適切に処置されにくい範囲のものではありますが、何もできないわけではないですよね。あなたのような傾向がある学生はたくさんいますし、何も特別なことではありません。色んな学生がいて当たり前、それに学生同士でいろいろ気づきもあると思います。インターン生になれるように将来を見据えていきましょう。

それに、誰かが言っていますが、私は放射線医が陰の存在のようには思っていませんよ。いろんなスレッドでそれぞれの立場の人がいろんなコメントをしていますが、見て見ぬふりをするのもどうかと思いました (医療における技術の進歩、自動化についてのスレッドもたくさんあります。)。

個人的には医学を目指す者は、どのような過程をたどっても将来医療現場に立つことはできると思っています。現実的に顔を見て相談できる相手を見つけることが大切だと思います。ネット上で励ましたりしているコメントをしばしば見かけますが、本当にそれがスレ主のためになっているのか、いつも疑問ですよ。

 

名無しの医師 2

ああ、そうですよね。人はネット上でいろいろと言いますけど、スレ主さん自身が自分に違和感を覚えるのならちゃんと受診して、評価、診断をしてもらい、必要に応じて治療を開始するといいと思います。まずは自分の症状が精神、心理方面で当てはまることがあるのかを調べてみることではないでしょうか。

 

名無しの教職員 > 名無しの医療関係者 5

はは、私は心療内科系のプロではありません、単なる一教職員ですから。

 

名無しの医療関係者 3 > 名無しの医師 1

知ってほしいのは、思っている以上に医療現場は人間関係が密だと言うことよ。あなたが正しいかもしれないし、私が正しいかもしれない。時間が経てばわかる。

 

名無しの医師 3 > 名無しの医療関係者 5

アスペルガーは ASD の範疇の1つとして発達障害の診断がつきますよね。アスペルガーが「非病理性」と診断されるのはどうしてなんでしょうか。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ