心理士が診察中に自分の精神衛生を維持する方法とは?

心理学に興味を持つ学生1 

私は将来心理士として働きたいと考えているんだけど、疑問がいくつかあるの。アドバイスをくれたらうれしいな。

  1. 精神的に不健康かもしれないクライアントを毎日診ているとき、どうやって自分の精神衛生を保っているの?どうやってネガティブな影響を受けないようにしているの?
  2. クライアントが不安に思っているときに、どうやって影響されないようにするの?
  3. クライアントと同じ心理学的症状が自分にもあてはまったら、どうやって対処するの?
  4. この分野に従事するにあたって、自己ケアのおすすめは何?精神衛生を維持するための活動や、仕事と家庭をうまく分ける方法は?

 

心理士1 

  1. 自分の役割とは何か(どうように適切な境界線)について、理解すること。クライアント(あなたではない)の精神療法モデルのプロセスで、あなたもそのモデルの中に入り込まなければならない。でも、クライアントを変えるのは、彼ら自身。
  2. これは個人によって違うと思う。私は一度も問題に思ったことはない。一般的に学術文献に熱中して認識を再構築することで、不安要素を持っているセラピストは救われる傾向にあると思う。
  3. もし、実際に君にある種の心理学的症状があるのなら、(上司や仲間を通して)それに気付くはずだ。もし医学生がときどき経験することに関して言っているのなら(心理学を学んでいるがゆえに、症状について健康不安をたくさん抱く)、心理士の卒業生がそうなったところは見たことない(聞いたことない)。
  4. 1を見て。境界、境界、境界。クライアントを変える最終的な義務は彼ら自身にある。

 

ある女性

  1. 働き過ぎないようにしてる。クライアントを助けようとするとあっという間に時間がたってしまうけど、上限を持つことにしてるの。私自身が健康じゃなきゃ、誰も助けることはできないわ。
  2. 私は不安に影響されやすいけど(パニック障害を持っている)、今まで問題になったことはないわ。自分自身をいたわって、限界と境界を理解していれば大丈夫よ。
  3. 私の場合は一度も問題になったことはないし、問題になった同僚も知らないわ。
  4. 私にとっては運動が重要で、活力を与えてくれるわ。それと、心理学から離れる時間を持つこと。私の趣味には心理学関連のものが多いから難しいことだけどね。労働時間に明確な限度を設けること(何時間働くか、何をするか)。そして、必要なことを優先させて。もし可能であれば、仕事用の電話や電子メールは家ではオフにして。

 

心理士2

これは重要なトピックだけど、なんでみんな難しく考えるのか理解できない。自分の人生を生きて。健康な人生を生きて。我々のような心理士は、心を健康に生きる行動(食事、運動、睡眠、余暇、目標、愛)の価値について熟知している。もし我々がストレス解消のために深呼吸と瞑想を患者に教えているなら、私たちも同じようにすべき。もし患者が社会的ストレスに対処するためにお酒に頼らないなら、私たちもそうすべき。

 

心理士3

私は問題に思ったことはない。症状に関して。実際のところ、多くの心因性の症状は通常の反応と感情。だから、たいていなんらかの事項があなたにも当てはまる。夢を追い求めて。

 

医療関係者1

クライアントには選択の権利がある。その選択によっては、悪くなることや愚かになる権利すらある。私の仕事は助けられたいクライアントを助けること。ときどき、彼らは変わりたいけど、助けを望まなかったりする。時には全く変わりたいと思っていないこともある。それらは彼らの選択。私の仕事は助けたいと思うこと。この気持ちを忘れないようにして、自分の仕事に無力感を感じないようにしている。

 

心理士4

ほかのみんなが言っていることに賛成だわ。補足させてもらうと、最初の質問の答えは境界よ。あなたは心理学者として境界を持つことが必要よ。自然に境界を持てるようにしないと、たくさんの時間を仕事に費やすことになるわ。私たちはみんな逆転移を経験するけど、もしあなたがこれを普通のことだと思ったら、適切なセルフケアを怠っていることになるわ。それと、私は個人的に厳しいセルフケアのルーティーンに従って生活していて、めったにそのルーティーンからはずれないわ(週に4~5日間ジムに通って、仕事の後はコメディを見て、あとはテレビゲームとかをする。)。

 

西海岸在住のポスドク

そうそう、適切な境界を維持することが本当に重要。限界を決めるのと同じようにね。

 

 

どうやら、自分と患者との境界を持つことが最も重要なようですね。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ