性保健プログラムと生殖保健プログラムのどっちに進むべき?

トピ主である医師1:

こんにちは。私は母子保健プログラムに関する調査をかなり行ってきましたが、私の調査対象を性および/または生殖保健・潜在的な健康教育(生殖医療にフォーカスしつつ)へと少しチェンジしようと思っています

上記のことに焦点を当てたプログラムをどなたかご存知ですか?

私は修士課程のプログラムを探しています。

私はいくつかの選択肢を見つけました-ジョンホプキンズ大学、コロンビア大学(生殖保健免許を有する社会医療科学)、そして、生殖保健センターがあるボストン大学での国際健康プログラムを私は考えています(私が国際的に焦点を当てたいかはまだ定かではありませんので、いまだにその点については決めていません)。

私が他のプログラムを見つけられていないのかは私は分かりません、なぜなら、私は今すぐに調査をしていませんし、他のプログラムが本当に存在しないかもしれないからです。

私は、ロンドンにある公衆熱帯医学の学校の一つを見ましたが、何らかの理由でそこを除外した記憶があります。

何か良いアイデアはありますか?教えて下さい。

 

医師2:

ボストン大学の母子保健センター(MPH)には、特化したいくつかの分野があるよ

生殖および女性の健康

子どもと成人の健康

家族と共同体の健康

母子保健センターの疫学

女性、子どもおよび家族に対する政策決定および擁護

 

このうち「生殖および女性の健康」はあなたが希望していることに最も近いように私には思えるけれど。次のサイトに詳しい情報があるわよ。

http://sph.bu.edu/Degree-Programs-a…ternal-a-child-health/menu-id-617114.html#rwh

 

アリゾナ州トスコンの医師:

http://www.sph.emory.edu/cms/depart…entration/reproductive_health_population.html

 

医師3:

私は、性と生殖保健についての免許があるコロンビア大学のサマーセミナーに出席する予定です。私はこのプログラムに参加できることで本当にワクワクしています。

コロンビア大学のこのプログラムは、単に女性としてではなく、性別を超えた人々の要素として性をみていることを私は知っています。

トランスジェンダーの健康により深く焦点を当てている唯一のプログラムの一つです。

 

医師4:

トランスヘルス、私が嫉妬するほど信じられないくらいに重要ね。

 

医師5:

なぜあなたが焦点を変えようと考えているのかについて私は興味があるわ。

あなたの興味にピッタリと合わないけれど、MCHについてはどう考えている?

私はほとんどのMCH学部に応募して、最近、私の選択肢について前職で同僚と話していたのよ(我々は性保健教育分野にいる)。

彼女は、性保健の集中講義に参加するために、コロンビアの人口・家族健康学部から母子保健を勉強しに行ったわ。

我々が会話している間、彼女は、MCHと性保健との間の違いを強く強調していて、もし後者に興味があるならば、前者を追及しないほうがいいと私に警告してくれたわ。

私は少し驚いたわ、なぜなら、MCHと性保健とは密接に関連しているのに、両者はほとんど相互交換ができないからね。私の頭の中では、性/生殖保健の一般的な範疇のもとでは、両者を一緒にしていたのよ。

でも「MCHは母体の罹患率や致死率、緊急的な産褥ケアへのアクセスなどの問題に焦点を当てているのに対して、性保健は多様なセクシャリティ・構造的な不平等さ・健康の不均衡さなどについてよりフォーカスしている」と彼女は私に教えてくれたわ。

私が一番衝撃を受けたのは、性保健では、家族計画/予期せぬ妊娠の研究についてより多く貢献すべきだと彼女が考えていたこと。MCHよりも私の当初興味があった分野についてなのよ。私はそうは予想していなかった。

彼女の攻撃的な意見に賛成する人/反対する人はいるかしら?

 

医師6:

(医師5への返事)

医師5さん、あなたの未来のゴールとあなたがどのプログラムが一番気に入っているかによると私は思うわ。生殖保健と人口調査に集中せずに、私は来年、エモリー大学に行ってグローバル保健学部に入る予定よ。この場合、彼女が言っていることと全く反対の人口動態(周産期致死率など)に重点が置かれているのよ。

個人的には、私にとってMCHと生殖保健との違いは、MCHは生殖保健よりもすべてを包含していることね。生殖保健はただ、子ども・健康・お産を含むMCHの一側面にすぎないのね。ほとんどの人はこれらを同じような意味だと考えているから、実際に生殖保健と呼ばれる多くのプログラムを見つけることがなぜ難しいかという理由なのだと私は思うわ。

より医療的な/人口動態的なことをベースとしていて「性」をベースにしていない特定の生殖健康焦点を持つプログラムを見つけることは、私にとっては難しかったのよ。

でも、全ての側面に焦点をあてたプログラムがあるので、あなたが学校で十分な調査の時間を積極的に費やすことができて、そのプログラムにお金を払うことができるのは、ほとんど(より好ましくは少なくとも1つ)が私的なものだということが私にはわかったわ。

 

トピ主である医師1:

(アリゾナ州トスコンの医師・医師3への返事)

みなさんありがとう。私はボストン大学もプログラムを見たことがあるけれど、もっとじっくり見てみます。

なぜ私はエモリー大学のプログラムを見落としたか私は分からない。エモリー大学のプログラムを以前見たと思うのだけどね。

 

トピ主である医師1:

(医師3への返事)

研究が終わったら、あなたは何をするつもりですか?

 

トピ主である医師1:

(医師5への返事)

私は助産師になりたかったのよ(自宅出産、伝統的なお産等)。助産師は私を公衆保健およびMCHに導いてくれたわ。

プログラムと、企画と、おそらく出産前の生活の質・労働・出産後のケアに対する女性のアクセス・特に助産師へのアクセス・不必要な帝王切開の現実・働く女性に病院がするバカバカしいことを改善する政府への働きかけとについての研究を私はしたかったの。

でも私は、ただ妊娠に関してよりも「性」について研究しはじめたの。

「Planned Parenthood(計画された親学)」という団体、政府、または性と生殖保健に関する情報/教育にアクセスする他の非営利団体と一緒に研究することに私はおそらく興味があるの。

LGBTQの問題等に関する情報がないことを思い出す限り、私は、総合的な性教育プログラムがある学校に行くことができて、自分がなんて幸せなのかと思っているわ。

私はこれらのことを改善する仕事をすることを考えているけれど、私の方向性はまだ定まっていないわ。

以上が、私が性/生殖保健プログラムを研究している理由よ。

 

ロサンゼルスの医師:

性と生殖の件で(なぜそれが政治家のビジネスなのかと私は言いたいの)政治家が反対するように思えるものほとんどすべてを君が挙げているから、君はおそらく沢山の政策決定科目をとるべきだし、君は分厚い皮を成長させることを覚悟すべきだわね。

 

医師8:

私も実は、似たような質問があるの。

私はニューヨーク市立大学とワシントン大学で臨床ソーシャルワークプログラムに参加していて、MSW/MPHの両方の学位をとるプログラムに応募するつもりよ。

MSW/MPHの両方とも、保健教育と行動科学の集中プログラムと同様に、MCHのプログラムがあるの。

私は性保健教育と干渉に興味がありそうよ。

 

トピ主である医師1:

(ロサンゼルスの医師への返事)

分厚い皮を成長させることについては、すべてが当てはまるし、私は絶対にそれを持っていない-私が長い間研究してきた何かをね。

性保健の世界に入って性教育を研究するか、またはMCHに行って助産師にアクセスしたり妊娠中の女性を恐喝しないこと等について研究をするか、私がどちらに決めるにせよ、私はまさに政治家みたいになる必要があるわね。

 

トピ主である医師1:

(医師8への返事)

その通り、あなたは非常に良い点を指摘してくれたわ-おそらく保健教育プログラムも良い考えね。

もしあなたが保健教育と行動科学の集中プログラムに行くならば、あなたが性保健を研究する際には、これらの学校のどちらかにはその専門の教授がいるの?

それと、MSWプログラムへの入学おめでとう!やったわね!

 

医師8:

(トピ主である医師1への返事)

ありがとう!私は教授についてまだ調べていなかったわ!だから今日調べるつもりよ。

 

(略語の解説)

LGBTQ: Lesbian Gay Bisexual Transgender Questioning(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・クエスチョニング)

MCH:; Maternal and Child Health(母子保健)

MSW: Medical Social Worker(医療ソーシャルワーカー)

MPH: Master of Public Health(公衆衛生学修士)

 

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ