患者の前でもブルカ(宗教的衣装)着用は認められるべきか?

名無しの女性:

患者さんの前で、女性スタッフがベールを着用することを禁止している病院が17もあるって報じられてたんだけど。記事によると国立病院のうち17もの病院が、最前線医療を担う女性スタッフが※ニカブを患者さんの前で着用することを密かに禁止したって。英国保健医療省長官のJeremy Hunt氏は今朝のラジオで、※GMCがこの問題についてガイドラインを示すのを待っていると言っていたわ。GMCとしては、あくまでも医師たちが患者に対して安全に患者の処置を行うことが第一で、※ブルカやニカブを着用したいと主張する医師たちともよく話し合う姿勢よ。医師たちにも自分の信念や信仰を貫く権利があるだろうし、患者にも自分が治療を受ける医師の顔をきちんと見る権利はあるだろうし、どこで折り合いをつけるべきなのかしら?

 

※ニカブ:イスラム教徒の女性が着用するベール。目以外の顔と髪をすっぽりと覆うもの。

※GMC(General Medical Council):医療監察を担う英国の行政機関

引用:http://www.asahi-net.or.jp/~rp8i-fkm/

※ブルカ:イスラム教徒の女性が頭からかぶって全身をおおうように着る、マントのような衣服。ニカブと異なり、目の部分も網状の布などで隠す。

 

 

男性医師:

感染症や安全上の問題がない限りは、職場でもみんな自分たちの信じる宗教の信念に従う自由が与えられるべきだと思う。第三者から見れば大したことなくても、それを信じている本人たちにとっては大きな問題なんだよ。患者に害を及ぼしてるわけでもないのに、信仰の自由をはく奪する権限がだれにあるって言うんだ?医者と患者間のラポートを築くっていう観点に立てば、物議を醸すことは理解できるけど、でもおそらく良い医者はどんな障壁があっても患者と良い信頼関係が築けると思うよ。

 

 

名無しの女性2:

ブルカやニカブを着用することは、すごく強い伝統的なルーツがあるのよ。だからそれを着ることは許されるべきだと私は思うわ。だからせめて男性患者の前では、着用が許されてもいいんじゃないかしら?そうじゃなければ※ヒジャブだけにするとか。

 

※ヒジャブ(ヘジャブ):イスラム教徒の女性が顔を隠すために用いるスカーフ

 

名無しの女性3:

宗教上の衣装を着る着ないは個人の問題で、医者だからどうとかそういう問題じゃないと思うわ。医者である前に一人の人間として、着る物の自由は認められるべきだわ。

 

 

女性医師:

医療と宗教は関係ないわ。私たち医療従事者の使命は疾患を予防し、治療し、患者さんの復帰をサポートすることよ。患者さんを正しく診断するためには、どんな些細なことも見逃さないように五感をすべて使わなきゃいけないのよ。だからうちの病院では女性スタッフはヒジャブだけの着用にしてるわ。ヒジャブならニカブよりは、検査や診察の妨げにもならないし、患者さんと信頼関係を築くのにも差し障りないわ。それに、この仕事をしていくには性別や宗教、信仰を超えて医療に奉仕する深い深い人間性が必要なのよ。私たちは常にそのことを念頭に置いておくべきだわ。

 

名無しの男性:

僕は40年間、医者の仕事をしてるけど、君の言いたいことはすごくよくわかるよ。医者と患者の関係は宗教を超えた、人と人との深い信頼関係の上に成り立ってるのさ。患者の前でずっとベールをしていたんじゃ、患者を不安にさせる。万一医療ミスが起こったって相手がだれだかわからないんだから。患者との強い信頼関係を築くことは医者たちにとって不可欠のことだ。医者と患者の信頼関係は治療において患者の精神状態にも影響するし、患者の回復にも影響する。

 

 

皮膚科医師:

衛生上からもその他の理由からも答えは明らかだ。完全なブルカはやっぱり診断や処置の妨げになる。

 

女性医師2:

おもしろい議論ね。私たちキリスト教徒は職務中に宗教的な衣装を身に着けることはないわ。公私の区別はきっちりとつけるべきじゃないかしら。

 

 

名無しの男性2:

ブルカやニカブ着用に反対する理由が2つある。1つは患者を不安にさせるからだ。もし患者が白人男性だった場合は特にな。彼らはイスラム教の慣習になじみがないから、真っ黒ずくめの顔も見えないやつが近づいてきたら怖がる可能性が高い。普通初対面の人間に合うときは相手の顔の表情が手がかりにもなるのに、布で顔を覆って表情を見えなくしてしまえば、患者は不安になって当然だ。それでも医者が自分の宗教を押し通すなら、それは単なるエゴに過ぎないと僕は思う。そんな人間には医者としての情熱を感じないな。2つ目の理由は、診断の妨げになる。患者が不安げな表情をしていたら、それがただの警戒からなのか、体の不調からなのか正しい診断ができなくなる。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ