患者の最期を決めるのは?

医学部生:

ずっと老人ホームで働いてるんだけど、終末期医療特有の問題を見てると本当に嫌になるわ。病院は少しでもベッドを空けたいから、老人を無理やり追い出して老人ホームに追いやって。老人ホームじゃ人手が足りてないからオムツもろくに変えてもらえないのに、国や保険会社からのマージンは入る。患者自身が自宅療養を望んでるっていうのに。医療費を搾取して自分たちが利益をあげたいとしか思えない。本当に胸が締め付けられる思いだわ。

 

医学部を目指す学生1:

今はもう医療でさえも所詮すべてビジネスだよ。そうじゃなかった時代があるのかな。

 

医学部を目指す学生2:

本当に嘆かわしいことね。

 

研修医:

不当に利益を得てるやつとか弁護士の思うがままだよ。

 

パインツリーの医学部生:

どうやったら他の先進国みたいにきちんと整った医療制度を確立できるのかしら。高い保険料払わされて一体それらは何に使われてるっていうの?それでも死亡率はまだまだ高いし、ちっとも満足した医療サービスも受けられてない。

 

医療業界を牛耳ってる保険会社がいなくなれば、もっとうまくいくと思うんだ。保険会社の言うことがすべてじゃないか。保険会社が医者にすべて指示を出す。どんな治療をして、だれを入院させるのか。行える治療の範囲も結局保険会社次第だし、生かすも殺すもあいつらの判断だ。そんな保険会社の横暴をこの国は誰も止めることができない。

 

それでも何も知らない患者は保険会社じゃなくて、病院や医師にすぐ文句を言ってくる。全部保険会社がやってることで儲けてるのもあいつらなのに。でも僕も※単一支払者制度や本当にそれを政府が運営していけるのかは心配だと思う。けど、僕たちみたいな一般人に何ができるんだろう。

 

※単一支払者制度:

現在のアメリカのように多数の保険会社が医療費を負担するのではなく、国の政府が医療費を負担する制度

 

バッファローの医学部を目指す学生:

アメリカは世界一医療費が高い国で、それで一部の人間だけが法外な富と力を掌握してるんだ。

 

サッカー好きの医学部生:

保険会社から医療機関への償還システムがあるからいけないんだよ。だから、患者本人のニーズじゃなくてそれぞれの機関の利益やニーズに基づいて、治療が決められてしまう。

 

医療システムに問題があるってことはわかるけど、もし医者が心から患者のことを思って、自宅で逝きたいっていう患者の希望を尊重したらどうなるんだ?そしたら患者を自宅療養させてあげることも可能なの?利益のことはおいといて、法律的に医師にそういう裁量はあるのかな?

 

パインツリーの医学部生:

悪いのは全部保険会社だよ。最近じゃますます保険会社の勢力が大きくなってる。治療方針も経営方針も全部保険会社が指示してるのさ。必ずしも医者や老人ホームが悪いわけじゃない。

 

でもなんで国家政府が保険会社を野放しにしておくのか本当にわからない。単一支払者制度が導入されてこれらの問題が本当に解決されるのかだってわからないけどね。でも医療分野では資本主義が適用されるべきじゃないと思うんだ。患者の健康をよそに一部の会社だけが得することになる。

 

サッカー好きの医学部生:

全く同感だ。資本主義よりもいい方法があるはずだ。人間の命は金なんかよりはるかに尊いものなんだから。でも問題は僕たちのほとんどが金の亡者になってるってことだよ。自分の利益のためなら、平気で他人を犠牲にする。たとえそれで誰かが苦しむことになってもね。

 

こういう記事を読んでると頭がおかしくなりそうだ。以前※CNAとして働いてた者として、老人ホームで患者さんの尊厳がきちんと守られてないなんて受け入れ難い事実だよ。衛生と食事管理なんて基本じゃないか。第二次世界大戦では国のために身を粉にして戦った英雄が年をとってこんな扱いを受けるなんて。

 

僕は将来、高齢医療の方に進みたいと思ってた。そしてこの医療システムを変えたいって。でもこの記事読んでたら、もうがっかりだよ。医者として患者に何もしてやれないんじゃ、僕らは何のために存在するんだよ。

 

※CNA:Certified Nurse Assistant

 

ポーニー郡に住む医学部生:

今のアメリカの医療システムの構造を考えたら、イギリスみたいに単一支払者制度が導入されるのはまだまだ先の話だろうな。だって大変革だもん。でもフランスやドイツみたいにアメリカの制度に比較的似てる国もちゃんと運営できてる国はあるのに。

 

僕は、※ACAの導入によって少しはマシになってきたと思うけど。だから今は保険会社は患者に持病があっても加入を拒否できないし、子どもは26歳まで親の健康保険でカバーされるようになったし、医療制度は着実に改善はされてるよ。でも、終身末期医療の問題と同時に乳幼児の死亡率も同じくらい高いよ。アメリカは世界で3番目に高い。

 

※ACA(Affordable Care Act):

2010年3月にオバマ大統領が署名した医療保険制度改革法

参照:

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E7%99%82%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%88%B6%E5%BA%A6%E6%94%B9%E9%9D%A9_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB)

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ