救急救命医学の臨床研究実地コースを受けたことがある方、これから受けようと思う方からご意見をお待ちしています

名無しの医学生 1
初めて投稿します。みなさんは米国集中治療医学会 (SCCM)、米国胸部専門医学会 (CHEST) のリソースに興味がありますか? 私は両方に興味があるのですが、できれば色々な方から意見を聞いて、どちらを受講するかを決めたいので、ここでアドバイスをいただきたいと思いました。どうぞよろしくお願いします。

 

名無しの医療関係者 1
SCCM コースの方がよさそうな気がします。実際、自分は CHEST SEEK で勉強しましたけど。とてもためになったし、今でも感謝しています。他の方のご意見も聞いてみたいですね。自分も知りたいのですが、王道の勉強方法ってあるんでしょうかね。

 

名無しの医学部教授 1
内科用 CC Exam、麻酔科用 CC Exam、外科用 CC Exam と、専門に合わせてコースは多様に揃っていますから、まずはどの専門に進みたいのかを決めてから、考えればよいのではないでしょうか。私ももちろん勉強を続けていますが、ちょうど通勤時間が延びてしまったので、車内で長時間聞ける医学会のポッドキャストを探しています。通勤に今までの 2 倍、時間がかかるので、何かいいものがあると助かるのですが…。

 

名無しの医療関係者 1
ああ、自分も同じことを考えていました。内科用 CC Exam、これ、良いと思います。

 

名無しの医師 1
タイムリー! 私も CHEST を受講しようかと思っていたところです。同じ人がいてくれてよかった。なんだかここに集まる同士でオフ会したいですね。楽しそう!

 

名無しの医療関係者 1
そうなんですか? 因みに名無しの医師 1 さんはどうやってこのコースにしようと決められたのですか? 差支えなければ教えてください。

 

名無しの医師 1 > 名無しの医療関係者 1
去年、肺疾患のを受講して試験に受かったから、味をしめて今年はこっちを受けてやろうと思ったの。と、言うのは、冗談です。そんなに簡単には受からないです。友達や色んな人から話は聞いていて興味があったんです。だけどなかなか試験には受からないですよね。それで今年は自分に投資して、ここで勉強しようと思ったのよ。

 

名無しの医学生 2
皆さん、こんにちは。僕は肺疾患の救急対応についての専門家を目指して数年前にリソースを探していました。書籍やオンライン受講、医学会出版でもその他の出版社からでも、出元は気にしていませんが、覚えやすい、わかりやすいなど、勉強を続けやすいテキストなどをご存じの方がいらっしゃれば、僕も共有してもらいたいなと思ってこちらにコメントしました。肺疾患については SEEK で勉強しました。その他に使ったのは ATS、CHEST のストリーミング講座、これはオンデマンドだし、いつでも繰り返し見られるのでとても気に入って何度も見て覚えましたよ。スCHEST のトリーミング講座は手頃でしたし、広範囲の内容をカバーしているので試験勉強には最適だなと思っていました。問題を解くのも好きでしたし、医学会出版のものはオンラインでも書籍でも元は同じなので、同じ内容を自分のスタイルや場所に合わせて勉強を効率よく進めることができて、色々と違うものを見るよりも体系的に覚えることができました。同じ内容でも出版社が違えばニュアンスが違ったり、解説が違うとわかりずらかったりするので、そのような小さな混乱もなくスムーズに勉強のペースを作ることができたと思います。もちろん版が変われば内容に追加や修正はありますけど、更新される部分だけなので、わからなくなることはありませんでした。これも自分には合っていたと思います。他の方の勉強方法や意見も、伺いたいと思っています。ところで、米国オステオパシー協会の内科分野にチャレンジしようと考えています。ABIM(American Board of Internal Medicine) のためにも試験勉強は頑張らないとですよね。

 

名無しの医学生  3
麻酔科についてはいかがですか? 過去問を解いたりして今は勉強しています。SEEK CCM も解いています。これで十分なのか、不安です。フェローだったのですが、今は脱落しています。

 

名無しの医師 2
受験した人はみんな言いますよね。一番難しい試験だって。自分の場合は1つのリソースに絞らないで、色々なところから出ているものをとにかく解きまくりました。読み物でも、アプリでも、ストリーミングでも、とにかく何でもです。SCCM の自己評価も試しました。今年もまた別のリソースを購入しましたが、まだ手を付けていません。SEEK の問題もまだ解いていないです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ