植毛医の仕事について

名無しの投稿者:

植毛って外科医がするの?皮膚科医がするの?

 

名無しの投稿者2:

皮膚科の外科医だよ。手術ができるトレーニングを積んだ皮膚科医って言えばいいかな?

 

バルチモアのレジデント:

そんなことないよ。植毛なんて誰でもできるよ。調べてみなよ。ホームドクターだって、泌尿器科医だって、放射線医だって、一般的な外科医はもちろん、皮膚科医もね。植毛手術の専門知識や資格を取ればね。

 

僕の知る限りでは、1年の医療育毛トレーニングを受けるのがいいよ。ほとんどの医学部生は自分の専門分野を決めるのに、植毛医なんて思いつかないよ。9時-5時の定時上がりだし、儲けもいいし、植毛医になるのは素晴らしい選択なのにね。

 

コロンビアのカリに住む投稿者:

植毛医って年収いくらくらいなの?競争率の高い業界なのかな?1回の手術っていくらかかるんだろう?

 

バルチモアのレジデント:

植毛医の年収は公にはされてないと思うな。父の友達の1人が植毛手術受けて、1回6000ドル現金払いだったって。もし1日2か所を週5日、1か月続けたら24万ドルかかる計算だよ!だから皮膚科医や放射線医は、植毛医に転身するんだよ。儲かるからね。僕も選択肢の1つとして考えてるよ。

 

コロンビアのカリに住む投稿者:

植毛ってそこまで頻繁にやるもんでもないんじゃない?

 

バルチモアのレジデント:

いつか植毛医の1日に密着して、その実態を確かめてみたいと思ってるよ。わかったらここにも投稿するよ。植毛手術のフォーラムができるかもね。(笑)

 

名無しの投稿者3:

ちゃんと医師免許持ってるような人たちだけとは限らないから、いろんな責任問題もあるよ。1回の手術が6000ドルだからって毎日客が来るわけでもない。そんな大金払える客は限られてるよ。それに植毛業界には美容整形医だったり皮膚科医だったりライバルも多いしね、そういう人の方が患者を取りやすいよ。医者自体不足してる地域に行けば、競争率も下がるだろうけど。

 

コロンビアのカリに住む投稿者:

まあいかに商売上手になるかだな。ボトックスとか皮膚剥離とかレーザー治療とかは、たいていかかりつけのホームドクターの所にみんな行くだろう。植毛も同じさ。顧客の心をつかまないとな。

 

名無しのレジデント:

医療植毛のトレーニングってどこで申し込めばいいの?

 

バルチモアのレジデント:

なんかけっこうみんな植毛医に興味持ち始めたね。”医療育毛”ってググってみるといいよ。申込フォームと募集要項にリンクしてるサイトがあるはずだよ。担当者に直接問い合わせてもいいと思うけど。きっと他にも興味のある人がたくさんいるはずさ。

 

名無しの投稿者4:

だれでも植毛手術ができるなんて、そんなことないよ。アルバイトじゃないんだから。ほとんどの整形外科医は植毛分野には関わってない。なぜなら

  1. 十分なトレーニングをしてないから。
  2. 植毛以外にも儲かる治療がいろいろあるから。

 

ほとんどの植毛手術は、植毛専門でやってる皮膚科医が行ってるんだよ。彼らはちゃんと1年間※フェローシップにも参加して専門性を極めてるから、一般のホームドクターや外科医とは比較にならないよ。

 

今はそこまで植毛医が人気ないのにはいくつか理由があるんだ。まず、多くの医師は植毛業界に携わりたがらない。医師の間ではあまり評判が良くないからね。こう言うと語弊があるかもしれないけど、医師たちの間では植毛なんて医療じゃないと思ってる人がほとんどなんだ。低俗な言い方をすれば、うさんくさい商売だって思ってるのさ。深夜にやってるテレビコマーシャルの悪い影響もあると思うけどね。

 

次に、植毛業界に関連する仕事って実はあんまりないんだ。医者ってリスクを嫌うだろう。だから開業するよりは、みんな大きな病院や企業に勤める。植毛医も同じように病院雇われることもできるけど、でも皮膚科医や初期診断をする内科医に比べれば求人は少ないし不利だろうな。だから必然的に開業せざるを得ないんだ。開業してゼロから顧客を集めるのはなかなか簡単じゃないよ。

 

3つ目の理由は、土地柄だな。植毛医ってのは田舎や小さな町じゃやっていけない。そういう地域では需要がほとんどないからな。だから、自分の外見を気にして植毛に金をかける余裕のある金持ちがいるような都市で開業するしかない。顧客はほとんど男だな。ハゲって社会的にも馬鹿にされるからな。低所得の肉体労働者は、植毛なんかに金をかけるくらいなら少しでも子どもの教育費に費やすよ。

 

 

※フェローシップ:専門性をより高めるための医者の研修、研究会

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ