欲しい人がいるなら、臓器売買をしてもいいんじゃない?

毎年多くの人々が、腎臓や他の臓器を待ちながら亡くなっていきます。そして健康な腎臓を持っている人も。もちろん倫理的に問題はあるでしょう。貧しい人々が臓器を売ったり、お金持ちがその恩恵を受けたり。でも、命を救うことには変わりがないと思いませんか?貧しい人もお金がもらえて助かるんじゃないでしょうか?皆さんどう思いますか?

 

ある医師:

それはひどいアイデアだな。

みんなが自分たちの臓器だけじゃなくて、自分の子供や両親の臓器まで売り始めるぞ。

 

マディソンの医師:

全くだ。資本主義経済で臓器売買が行われるなんて!貧しい人々は臓器を買うことができないよ。

 

テキサスの医師:

他人の臓器だけでなく自分の子供の臓器も売ってはいけないとか、21歳以上じゃないとダメとか厳しい規制の下にあればどう?

また、臓器が寄付によるものなら、貧しい人々でも臓器がもらえるかもしれない。

 

マディソンの医師:

臓器の値段についての規制はどうなんだい?入札?ブラックマーケットができるに決まってる。できるだけ多くの人を助けるということには賛成だけど、うまくいくとは思えないよ。

 

テキサスの医師:

じゃあ病院に直接臓器を売るというのはどう?病院のスタッフが臓器を売りたい人を審査するんだ。交通取り締まりより簡単じゃないかな。

 

ある医師2:

ちょっと待って、論理的にはどうなの。

 

品のいい医師:

僕は病院や政府が臓器の値段を付けることはできないと思う。病院よりも臓器を高く買い取るという奴らが現れるに違いないよ。やはり生命に値段を付けることは良くないと思う。それにどういうシステムにするの? 患者が病院にお金を支払って、病院がドナーにお金を支払うということ?そして病院が儲けるの?それとも、ドナーと患者が個人的に取引をして定価を決める?

それに、賄賂を取り締まることは無理だろうね。資本市場は売ってなんぼ、お金がものをいう世界。つまり、金持ちが臓器を手に入れて、貧乏人はそっちのけだ。今のシステムの方が完璧じゃないけど少しはましなんじゃないか。

 

ロシアの医師:

モルドバという国では、ジャズミュージシャンとしての生計を立てるために、腎臓を売ってサックスを買う人がいるんだ。そして、後で自分の体にとって取り返しのつかないことをしたって気付く。こういう国では臓器輸出が盛んに行われるようになるんだろうな。

 

品のいい医師:

定価を付けようとすれば、間違いなく値崩れが起きるし、みんな腎臓を買いたいと思えば、結局今の患者の待機リストと同じように、売りたい人の待機リストが作られるだけだ。

 

ロシアの医師:

僕が1つだけ売ってもいいと思っているのは骨髄だ。血液は補充できる組織としてとても便利だが、残念なことに簡単にあげることができるために、それを売ろうとする者が現れる。だが骨髄は採取するのにかなり痛みを伴うから、単にお金に興味があるだけの者は怖気づいてしまう。それに骨髄は再び体内で作られるが、他の臓器はもとに戻らない。

 

心臓外科医:

みんなどうしてそんなに臓器売買に反対なんだ?精神的に十分成熟している大人が、自分の体について決めるんだ。誰が否定する権利があるんだい? もしも個人同士が臓器を売買する契約をしたら、我々の関与することじゃないと思うんだが。

臓器をもらうことは権利じゃない。移植が必要だとしても、臓器がもらえると期待してはいけないんだ。もらえたらラッキーというだけのことさ。

 

ある医師3:

臓器売買は新しい考えというわけではなくて、すでにブラックマーケットが存在するわ。倫理的に大きな問題になっているから違法なの。だから公平な臓器リストを使っているのよ。お金を出して臓器を買うということは、結局貧しい人たちの健康を損ねるということなの

 

ある医師4:

僕も反対。臓器は収入に関係なく与えられるべきだと思う。それに臓器が売れるようになったら、いったい誰がそれを無料で提供するんだい?そんなことをしたら、みんな葬式代のために亡くなった家族の臓器を売りはじめるよ。

 

シカゴの医師:

実は、死後の臓器提供者が多ければ、そんなに問題ではないんだよ。例えばベルギーやオーストリアでは臓器提供は当たり前に行われていて、国民は自動的にドナーとみなされるんだ(臓器提供を望まないと政府に申し出ない限り)。いわゆる「オプトアウトポリシー」というもので、我々のシステムとたいして差はないと思う。こうすれば移植できる臓器が増えて、わざわざ臓器を売らなくてもいいんじゃないかな。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ