獣医学科の臨床実習に向けての心得!

ロサンゼルスの獣医学科の学生:

もうすぐ臨床実習が始めるんだ。すごく楽しみだけど緊張もしてる。なんかいいアドバイスあったりする?

 

ドラゴンスクールの獣医学科学生:

時間通りかちょっと早めに行くこと。面倒も避けないで、仲間の学生と助け合って。良識を持って、敬意を持って他の人にも接することよ。臨床実習の評価は「態度」が大事なのよ。何事も積極的に調べて解明しようとする姿勢ね。でももし一緒に働く人とうまくやっていけなければ、評価は厳しくなるわ。

 

獣医:

助け合いは大事だよ。1つのチームみたいなもんさ。助け合えば助け合うほど、全体が良くなってく。

 

名無しの獣医学科の学生:

自分が医者だっていう自覚をもつことだ。指導医からのダブルチェックはないものとして、治療プランや治療方法、薬の投与量をきちんと自分で判断するんだ。そうすれば力も付くし、いざというときに心の準備もできてるはずだ。

 

同時に周囲の人の学習の機会も尊重すべきだ。もし最終日に誰かが処置をしたそうだったら譲ってやれ。子犬じゃない限りな。子犬の処置は取り合いになっても仕方ない。(笑)

 

ノックビルの獣医学科の学生:

間違うことを恐れないことだね。(それにばかり頼っちゃいけないけどダブルチェックはあるからね。)間違ったことの方が印象に残るから、そのあとすぐに正しい答えをきちんと理解すれば、倍勉強になるよ。

 

猫好きの獣医学科学生:

いつもメモやノート、iPadとかを携帯しておくといいわよ。あと、ボールペンと蛍光ペンもね。毎日帰りが遅くなることは覚悟しておいた方がいいわ。

 

ドラゴンスクールの獣医学科学生:

間違いを恐れない!まさにその通りだわ。指導医は必ずしも毎回学生たちに正しい答えを期待してるわけじゃないの。ただ何とか試行錯誤して、何らかのプランや答えを導き出すことを期待してるのよ。まあでもあまりに基本的な質問にも答えられなかったらさすがに怪訝な顔されるかもしれないけど。例えば※TPLOを行うときに使う薬とか、ペットの糖尿病の種類の違いとかね。

 

※TPLO(Tibial Plateau Leveling Osteotomy):脛骨高平部水平化骨きり術

 

名無しの獣医:

なんてことないフィードバックや、ネガティブな意見はあまり気にしない方がいいよ。指導医も当たり外れがあるから。みんながみんな役に立つフィードバックをくれるわけじゃない。役に立つ建設的なフィードバックだけ、しっかり心にとめて、それ以外は聞き流せばいい。

 

ノックビルの獣医学科の学生:

あと、仮に自分の専門じゃない動物のローテーションでも、何事も「学ぶ姿勢」をもって臨むことだよ。無駄なことなんて1つもないんだから。類似した症状や思いがけない相関関係があることもある。例えば、疝痛と※GDVは症状も処置の仕方もすごくよく似てる。

 

※GDV(gastric dilation-volvulus syndrome):胃拡張捻転症候群、胃の容積が何らかの原因で拡張する胃拡張に捻転が加わった状態。

 

ノバスコシア州の獣医:

いつも軽食を持っておくことだね。空腹じゃ何もできないからね。あと履きやすい靴も大事。あと特に大きな動物のローテーションの時は、白衣の替えを持っておいてもいいね。

帰る前に同じローテーションチームのメンバーで、何か手伝ってほしそうなやつがいないか確認する。一声かけるだけでも喜ぶと思うよ。もし、所用で休みが必要なら前もってきちんと許可をとっておくべきだよ。直前に言ったって計画性のないやつと思われるだけだよ。

 

ドラゴンスクールの獣医学科学生:

特に技師さんたちとは仲良くしておいた方がいいわよ。ローテーションを良くするも悪くするも技師さんたち次第って言っても過言じゃないもの。普段から仲良くしておけば困ったときに助けてくれるし、お互いに励ましあったり、業務が終わってからいろんなことを話したり、そういう経験は本当に一生の財産になると思うわ。

 

男性獣医レジデント:

研修生はみんな散々こき使われて、睡眠もろくにとれない。だから疲れているのか何をやらせてもトロくて、中には気難しい野郎もいる。まあだれとは言わないけどな。

 

ミネソタ州プリマスの獣医:

それはまあ正しいね。疲れてるのはみんな同じだし、業務をおろそかにしたり、乱暴な態度をとる言い訳にはならないんだけどね。でも中にはいい研修生もいるから可哀相に思うよ。何とか足を引っ張らないように一生懸命頑張ってて、飲みに行くのも寝るのも我慢して辛抱強く耐えてる。そういう研修生は応援したくなるけどね。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ