男性の産婦人科医ってどうなの? 需要は? 患者としては?

ある研修医:

そんな事考えたこともなかったわ。女性の医師がいいと言う人もいるし、男性の方がいいという人もいるんじゃない。でも面白い質問ね。産婦人科のある会議では、女性が30人に対して男性が3人だったわ。

 

ある医学生:

患者としては、女性の医師の方がいいですか?男性医師だと患者が来なくて、ひまですか?研修医プログラムでは、人数確保のためにそういうことは言わないみたいですが。

 

ある研修医:

そんなことないわよ。男性の医師の方が、優しくて親身になってくれるってよく聞くわ。男性は、女性が何を考えているかわからないからね。逆に言えば、女性の産婦人科医の中には患者は“我慢するもの”と思っている人もいるのよ。産婦人科医に男も女も関係ないとおもうわ。自分のキャリアを選ぶ要因にしてはダメよ。

 

もうすぐ医療関係者:

私の経験からして、本当にそう思う。↑

 

ある女子医学生:

私は女性で産婦人科に興味があるけど、男性の方が実際の需要があるってきいたことがあるわ。女性は自分の家族と過ごす時間を欲しがるし、ワークシェアリングを希望する人が多いけど、男性は“全部”仕事に費やすという考えを持っているからだって。それに男性の産婦人科医は大勢いいるわ。

 

ある医療関係者:

女性が泌尿器科医にならない方がいいように、男性も産婦人科医にならない方がいいんじゃないか?

 

ある医師:

本当に、男性の医師がいいと言う女性はいるのよ。年配の女性は特に。それに開業医は男性の方が多いんじゃないかな。だから腕もいいんじゃない。

 

ある心臓麻酔医:

僕の産婦人科の友人は、産科の患者の多くは女性の医師を希望すると言っているよ。特に、最近の若い女性は、男性の産婦人科医を嫌がるらしい。もちろんそうじゃない人もいると思うけど、これは彼の経験から言えることなんだ。だから、彼は男性に産婦人科を勧めないよ。

 

ある産婦人科医:

男の産婦人科医として言わせてもらうけど、患者に対して親切でプロフェッショナルである限り、患者がいなくなることはない。患者の多くが、最初の予約の電話のときに、どれだけ男性の医師が優秀か知りもしないで、女性の医師を指名することが問題なんだ。男性医師は最初に会う前にふるいにかけられる。これが本当の問題なんだ。1度診察すれば気に入ってもらえるのに、いったいどれだけの患者がそうしていることか。

 

どこかの医学生:

私なら女性の産婦人科医を探すわ。どうしてかって、たぶん女性の問題について気楽に話すことができるからかな。でも男性でも興味があるなら産婦人科医になればいいと思う。産婦人科といってもいろいろあるわ。手術やプライマリーケア、出産や命に関して力を発揮することができるもの。

 

バーにいる医学生:

産婦人科は素晴らしい分野だ。外科的な面もあるし、腫瘍学、妊婦や胎児、また不妊に特化することができる。それに、誰かが赤ん坊を取り上げなくちゃ!

 

ベテランの医師:

言っておくけど、裸の女性を見るのが好きだからという理由で産婦人科になる奴なんてあり得ないよ。僕は産婦人科のローテーションをしたとき、全く“女性”に興味を失って回復するのに1週間かかったよ!

 

ある女性医療関係者:

個人的に男の産婦人科医には絶対行かないわ。だって嫌だもの。おばあさん達の年代は、医者は男性しかいなかったから、そういうものだと思っているのよ。

この前婦人科に予約をとろうと思ってクリニックに電話したら、女性の医師は1か月待ちだけど、男性の医師は1週間後に予約できるって言われたの。もちろん1か月待つ方を選んだわ。できれば女医にかかるようにしているの。話しやすいし、ていねいに扱ってもらっている気がするから。

たぶん自分の体の最も個人的で弱いところをさらさなくてはならないし、性的なことを話すでしょ。女性だと同じ経験があるから、やっぱり話しやすいよね。男性だとそうはいかないもの。

 

ある研修医:

実は違うスレッドで、男女どちらの医師にかかりたいか聞いたら、男性の医師の方が人気があったわ。どちらの性も失業していないから、深刻な問題じゃないんだろうけど…。私はどっちでも全然気にしないわ。なんで男性だと嫌なのか理解できない。

 

空軍基地の研修医:

患者が女性の医師がいいと言うのは、共感してもらえるし経験したことがあるだろうと思うからなんだろう。歴史的に医師は男性の職業だったから、評判のいい医師に男性が多いのも事実。結局、いいバランスをとっているのかもしれないね。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ