発性硬化症と炎症に関連する腸内細菌の増加と抗炎症薬とみなされる腸内細菌の減少との間に関連

最近の研究では、多発性硬化症の小児は、病気のない小児と比較して、特定の腸内細菌の存在量に差がありました。 多発性硬化症の小児では、特定の種類の細菌が多かれ少なかれ豊富であった。 特に、多発性硬化症と炎症に関連する腸内細菌の増加と抗炎症薬とみなされる腸内細菌の減少との間に関連があった。

多発性硬化症における腸内細菌の役割をより深く理解することで、新しい薬物標的と改善された健康への道筋を特定することができます。

我々の発見と、多発性硬化症における新たな消化微生物学研究との間にはいくつかの類似点があり、これらが多発性硬化症またはより広範な自己免疫疾患の「腸の特徴」を示すものであれ、 “神経学研究のヨーロッパジャーナルの主任著者であるHelen Tremlett教授は語った。 また、腸内微生物叢組成の違いが、病気のための薬剤を服用している子供とそうでない児との間に差があることを発見しました。

ジャーナル参照

  1. H.トレムレット、DW Fadrosh、AA Faruqi、F.朱、J.ハート、S. Roalstad、J.グレイブス、S.リンチ、E. Waubant 早期小児多発性硬化症における腸管微生物叢:症例対照研究 ヨーロッパジャーナル神経内科 、2016; DOI: 10.1111 / ene.13026
1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ