研修先を探すなら、どこの州の大学に行くのが有利か?

内科のレジデント:

※レジデンシーをするならどこの州のメディカルスクールが一番有利なんだろう?全部の州を調査したわけじゃないんだけど。僕はオハイオ州でレジデンシーをやってて、オハイオのメディカルスクールは割と入りやすいと思う。州には7つのメディカルスクールと6つの※アロパシー学校、1つの※DO校がある。

 

  1. Wright State University…州出身者をかなり優遇(※instate tuition制度あり)
  2. Northeast Ohio Medical University…州出身者をかなり優遇(※instate tuition制度あり)
  3. University of Toledo…州出身者をやや優遇(※instate tuition制度あり)
  4. Ohio State University…ベスト大学ランキング30位、州出身者の優遇なし(※instate tuitionは制度あり)
  5. University of Cincinnati…ベスト大学ランキング40位、州出身者の優遇なし(※instate tuition制度はあり)
  6. Case Western Reserve University…ベスト大学ランキング25位、州出身者の優遇なし(※instate tuition制度もなし)
  7. Ohio University(DO校)…州出身者をやや優遇(※instate tuition制度あり)

上記4,5,6番の大学は優遇制度はないけど、それ以外のメディカルスクールはレジデンシーをするときに少しはその州出身のメリットがあると思うよ。

例えば、

  1. これまで履修してきたが学習課程を考慮してもらえる。
  2. 学部の教授から推薦状を書いてもらえる。
  3. 入学管理部の人とも個人的に知り合える。

 

※レジデンシー(Residency):

メディカルスクールを卒業した者は、1年間研修病院の主要診療科を回ってインターンシップを行う。その後、各科ごとに研修期間の異なるレジデンシーと呼ばれる段階に進み、3~6年の研修が行われる。

 

※アロパシー(allopathic medicine):対症療法

※DO(Doctor of Osteopathic Medicine):

アメリカの各州において医師免許には、MD (Medicinae Doctor)とDO (Doctor of Osteopathic Medicine)の2種類があり、それぞれ法律上は医師としてすべての医療行為を行うことができる。

 

※instate tuition:その大学のある州の出身者に適用される学費

 

自分の世界に住む医学部生:

確かに、メディカルスクールがどれだけ州出身者の枠を確保してくれるって大事だよね。僕は数年前にWright State Universityに通っていたけど、君が言うように州外の志願者よりも高い確率でインタビューのチャンスをもらえたよ。

 

でもメディカルスクール自体の競争力も関係すると思うけど。例えばColorado State Universityは学生の平均※MCATが33、※GPAが3.7、University of IllinoisはMCATはそれより少し低くて、GPAも3.6だ。どっちも合格者の70%が州出身者だ。

 

僕はイリノイ州が一番有利だと思うな。たとえ私立に行ったとしても。だって全体の入学者に占める州出身者の割合が断然高いし。それにUniversity of Illinoisには約300種類もの授業から受講選択できる。Southern Illinois Universityは州出身の志願者しか入学できない。

 

でもだからといって、そのためにわざわざ引っ越すなんてことしないけどね。

 

※MCAT(The Medical College Admission Test):メディカルスクールに行くための入試

※GPA(Grade Point Average):各科目の成績から特定の方式によって算出された学生の成績評価

 

地球に住むレジデント:

メディカルスクールに志願するためだけに、その州に引っ越すっていうの!?

 

所在地不明のレジデント:

もし僕がもう1回やり直せるなら、絶対テキサス州かフロリダ州に引っ越すよ。少なくとも10万ドルは学費を節約できるし。独身だし今からでも好きなようにできるけど。

 

名無しの投稿者:

テキサスはいいよ。8つの州立メディカルスクールと、あと私立だけどBaylor Universityもある。学費は1年で1万ドルだよ。しかもテキサスの教育機関は1年に1500ドルの補助金を出してくれるから、実質学費は9000ドルですむのよ。

 

内科のレジデント:

そんなに安いとこ他にはないよ!4年間でも3.6万ドルだろ!オハイオはinstate tuitionでも1年で2.2~2.6万ドルはかかる。

 

ポスドク:

ミシガン州は?今は、

University of Michigan

Wayne State University

Michigan State University College of Human Medicine(MD校)

Michigan State University College of Osteopathic Medicine(DO校)があるし、

もうすぐ

Oakland University William Beaumont School of Medicine

Central Michigan University’s College of Medicineもできる。

 

まあもし私がミシガンに住んでなかったら、きっとオハイオ州かテキサス州に行くと思うけど。

 

ボストンに住む音楽学者:

あまり詳しいわけじゃないけど、その州に引っ越す前に、ちゃんと志望校が本当に州出身者とそれ以外の志願者で優劣つけてるのか確かめた方がいいよ。

 

ただ単にその州に住んでるからって必ずしも恩恵が受けられるわけじゃない。最低何年は住んでいないといけないとか、親族が住んでないといけないとか、いろいろ細かい条件があると思うよ。ネットでよく調べてみるといい。でもまあいずれにせよ、なんか不純な動機だなとは思うけど。

 

 

内科のレジデント

わかってるさ。自尊心があってのnontraditionalな分野の学生はそんなこと調べる必要もない。オハイオの住民権は、13か月以上住んでいないといけない。その13か月間は学生の身分じゃなくてきちんと働いていなければならない。さらに生活費の大部分を州外の人に負担してもらってる場合も認められないし、最低1回はオハイオに納税申告していないといけない。

でも病院での研究職や看護職を見つけるには、州出身者を優遇してくれるメディカルスクールに行くのが合理的だと思うんだよな。いろんな恩恵があるから。学費免除とか、推薦状書いてもらったりとか、入学管理部にもコネができる。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ