米国での認知症率が低下?

認知症は、毎年数百万人のアメリカ人に影響を及ぼす一連の神経学的疾患の総称です。

この疾患は高齢でより一般的で、高齢化する人口はほとんどの国で増加することが予想されるので、認知症は指数関数的に増加すると予測されています。

しかし、新しい研究では、米国における認知症の有病率の低下が報告されています。
新しい研究は、最近数十年間に米国で痴呆の有病率が低下したことを示しています。

認知症は、神経細胞が死ぬときの条件と起こるさまざまな症状を記述するために使用される包括的な用語または適切に機能しなくなります。 これらのニューロンの機能不全は、記憶喪失、合理化および認知障害、時には人格変化をもたらします。

患者は、このような障害が厳しくなり、毎日のタスクを実行を妨害する際の障害と診断 されています。 アルツハイマー病は、認知症の最も一般的な形態で60〜80パーセントの例です。

最終的には、アルツハイマー病は、米国における致命的である死亡としてランク付けで第六主要な原因で、アルツハイマー病協会によると、アメリカの高齢者3人に1人がアルツハイマー病または別の型の認知症で死亡しています。

65歳以上の520万のアメリカ人がアルツハイマー病と数字がエスカレートすると予想されます。

いわゆるベビーブーム世代が65歳以上になる2050年までにアルツハイマー病を患う高齢者の数は3倍になると予想されます。

認知症の急速に拡大する性質で「 サイレント流行 」というニックネームを獲得しているほどです。

しかし、最近のいくつかの研究では、特に高所得国では、過去25年間に認知症発症リスクが低下している可能性があることが示唆されています。 新しい研究はこの楽観的見解を支持しているようです。

認知症発症のリスクは何年にもわたって低下していますか?

少なくとも3つのヨーロッパの研究では、認知症のリスクが変化は教育の変化、血管危険因子の減少、およびの全体的な減少によるものであると仮定して、高齢者に脳卒中の発生率が減少することができる示唆している

米国では、一つの研究は20%だけ少なくとも高校教育と成人では、1977から2008年の間に十年ごとの認知症の減少を指摘しています。

新しい研究では、2000年と2012年の米国における認知症の罹患率を比較しています。

新しい研究は、アナーバーのミシガン大学のDr. Kenneth M. Langa博士によって導かれました。 結果はジャーナルJAMA内科に掲載されました。

研究者は、健康と退職研究(HRS)に参加したアメリカの大人の大規模な代表的なグループのデータを使用しました。 合計で、調査では、65歳以上の21,000人以上の大人が見られました。 HRSは、2000年には大人10,546人、2012年には大人10,511人を集めました。

HRSは、参加者自身または指定された代理人によって自己報告された回答を分類するための認知措置および適切な方法を使用しました。

HRSの参加者は、2000年に平均75歳、2012年に74.8歳でした。2000年に調査されたコホートのうち58.4%が女性で、2012年の56.3%でした。

この分析では、ロジスティック回帰を使用して、社会経済的および健康的変数を特定し、説明しました。

米国における認知症の重大な低下

新しい研究は、認知症率が低下する可能性があることを示唆する以前の研究を支持している。

分析によると、65歳以上の参加者の認知症の有病率は、2000年の11.6%から2012年の8.8%に低下しました。

これは2.8%の絶対的な減少と24%の相対的な減少に相当する。

研究者はまた、教育に費やされた時間と認知症発症のリスクとの間に逆相関があることを見出した。

より多くの年の教育は認知症のリスクの低下と相関し、2012年のグループの成人は2000年の成人と比較して平均1年の教育を受けました。

教育に費やした平均年数は、2000年の11.8歳から2012年の12.7歳に増加しました。

教育は、脳に直接影響を与えたり、脳の能力や認知機能を向上させたり、運動や健康的な食生活などの積極的な健康行動との関連を通じて間接的に認知症の減少傾向に影響を与えた可能性があります。

教育は、より認知的に複雑な活動や保健医療へのより良いアクセスにも関連する可能性がある、と著者らは指摘しています。

認知症の有病率の減少のような心血管疾患の危険因子の増加にもかかわらず発生した高血圧 、 糖尿病 、及び肥満 。 研究者らは、心血管リスク因子に対する治療法の改善が痴呆リスクに正の効果をもたらした可能性があることを示唆しています。
認知症の減少の一部を教育の増加が説明するかもしれませんが、この傾向の完全な説明は不明のままでした。

研究者たちは次のように結論づけています。

しかし、認知症の発症率の低下に寄与する社会的、行動的、医学的要因の完全なセットは依然として不確実であり、認知症の発生率と罹患率の傾向を継続的に監視することは、高齢者は、認知機能低下の潜在的な予防的および危険因子を明らかにするとともに、今後数十年間に増加する」と語りました。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ