精神科医と心理学者はお互いを見下してる!?

心理学者になりたい投稿者:

心理学者になりたいって決心する前は、精神科医とどっちにしようか迷ってたんだ。心理学者は研究がメインで、あまり人を助ける仕事はできないかなと思って。でもいろいろ調べて、薬剤は扱いたくないし、心理学者の道を選んだ。

 

心理学者と精神科医ってお互いをライバル視してるのかな?自分たちの方がより価値ある仕事をしてるって。精神科医は薬剤も勉強してるから、自分たちは心理学者より上だって思ってるのかな?逆に心理学者は、自分たちは患者を薬漬けになんてしないって思ってたり?

 

でも今は精神科医も、薬の処方だけじゃなくて、対話療法もやってるし、それってもはや心理学とほぼ同じなんじゃないのかな?薬の処方をするっていう点を除けば、精神科医も心理学者も結局やってることは同じなんじゃないの?

 

名無しの心理学者:

周りからの評価は個人の力量次第だよ。僕の知ってる精神科医はみんな、無能な心理学者を見下してるよ。専門的な質問にもまともに答えられないくせに、専門外のことにも口出しして、精神科医に指図してくるようなね。でも有能な心理学者のことはみんな慕ってるよ。

 

 

心理学科の学生:

精神科医は精神療法も薬剤の処方もできる。でも予約がいっぱいで取りにくいから※HMOは怒ってるよ。南カルフォニアでは、心理学者が薬を処方できるようにトレーニングしようっていう試験的なプログラムがある。精神科医と心理学者の境界線は曖昧になってきてるね。精神科医と心理学者になるにはそれぞれどれくらいトレーニングしないといけないんだろう?

※HMO(Health Maintenance Organization):健康維持組織

 

名無しの心理学者:

それは※レジデンシープログラムによってもかわってくるよ。あと、君が言ってるのはRxP programのことだろ?心理学の学士課程を終えてから、精神薬理学の修士課程を履修できるようになってるんだ。ルイジアナとアリゾナでは実際に心理学者にも薬剤処方の資格を出してるよ。他の州もそうするのかはまだまだ議論の余地がある問題だけど。

 

※レジデンシー:

アメリカではメディカルスクールを卒業した者は、1年のインターンシップを終えた後、レジデンシーと呼ばれる段階に進み、各科によって3~6年の研修を受ける

 

ロサンゼルスの心理学者:

それニューメキシコ州とルイジアナ州だろ。アリゾナ州とミズーリ州はもうすぐそうなるだろうけど厳密にはまだ施行されてない。

 

バーリーンゲームの心理学者:

他の人も言ってるように、大事なのは「能力」だよ。無能で頭のかたい精神科医は、心理学者に見下されるし、その逆も同じだ。実力と対人スキルがあれば心理学者だろうが精神科医だろうが、そんなの関係なくお互いに敬意を払うよ。たまに本当に嫌な奴もいるけど、まあそれはどの分野でも同じだろ。

 

名無しの投稿者:

みんなは知らないだけよ。べつに全国調査したわけじゃないけど、私の周りには4人の精神科医がいて、全員心理学者を馬鹿にしてるわよ。個人個人じゃなくて、心理学者っていう職業全体をね。もちろん本人たちの前じゃそんなことは言わないけど。

 

名無しの心理学科学生:

お互いを見下している精神科医や心理学者はいるわよ。問題は自分の使命は何なのかをきちんと自覚して、お互いの意見をどううまく取り入れるかじゃない?私は心理学者のことを何も知らない馬鹿だって見下してるような奴は最初っから眼中に入れてないわ。それに私の意見に異議を唱える精神科医がいたって構わないと思ってるけど。

 

バージニア州の心理学者:

自分のことに限って言えば、僕は決して個々の精神科医を理由もなしに見下すようなことはしないよ。でも精神医学の方向性にはやや懸念はある。包括的な哲学とか、患者から何かを引き出そうとか、逆に何かを植え付けようとか、そういう姿勢はいただけないと思うんだ。精神科医は純粋に患者の話を聞いて、会話をして、ラポートを築かないといけない。

 

シカゴのポスドク:

僕も賛成だ。確かに精神科医の中には偏見を持ってる人もいる。みんながみんなそうとは言わないけど。個人的には精神医学に対してもネガティブな見方もあるけど、でも本当に素晴らしい精神科医も何人か知ってる。どんな分野にだって、どうしようもない奴はいるよ。そういうのを相手にするもしないも自分次第だよ。

 

名無しの内科医:

精神科医の待ち時間が長いっていうけど、実際そんなに長くないよ。HMOもべつに怒らないよ、ただその分給料がもらえないだけだ。だから精神科医はあまり精神療法をしたがらないんだ、時間がかかるだけだし。僕は精神療法も薬の処方もどちらもやりたいから、給料を計算してみたんだけど。1週間に1時間精神療法すると、1年では5000ドルも損することになる。

 

精神科医と心理学者のトレーニング期間については、レジデンシープログラムによりけりだよ。でも心理学者のトレーニングの方が長いっていうのは言えるよ。確かに心理学者のことを見下してる精神科医もいるけど、その逆もあるよ。それに※LCSWを見下す心理学者もいるし、LCSWの中には※LPCを見下す人もいる。その逆のパターンも全部あるよ。

 

自分が好きなら自信をもってその道を選ぶべきだし、他の分野の人がやってることも尊重しあいながら働くべきだと思うけどね。嫌な奴はどこにでもいるけど、まあみんながみんなそうじゃないってことさ。

 

※LCSW(Licensed Clinical Social Worker):有資格のソーシャルワーカー

※LPC(Licensed Professional Counselor):有資格の専門カウンセラー

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ