遠隔医療についてご経験のある方、ご意見をお聞かせください。

名無しの医師 1

遠隔医療を行ったことはありますか? 賛否両論あると思います。ご意見をお聞かせください。

 

名無しの医師 2

はい、すでに行っていますよ。現在 2 名の患者さんに遠隔医療を提供しています。こちらの患者さんたちは発疹、切り傷などの外傷が主で、目視での診断が可能ということもあり、見た目にわかりやすいので導入しました。でもオンデマンド医療サービスみたいに、対面で診察したことがない患者さんに対して遠隔医療を提供して、処方箋をファックス送信するビジネスに沿ったものには、正直言って賛成はできません。それって、思うんですけど、単なる抗生物質の自動販売機ですよね。

 

名無しの医師 1

なるほど。それは面白い発想ですね。抗生剤の自販機ねぇ。つまり、ノルコ (Norco ) や アデラル (addrell ) の自販ってことよね。もし不正行為があった場合は訪問医師が対処するとか? そのあたりについて何かご意見ありませんか?

 

名無しの医師 2 > 名無しの医師 1

必要に応じて、遠隔医療のサービスの一部として訪問医師も依頼できたはずですよ。自分はしなかったけど。もし遠隔医療を提供している会社にお勤めのようでしたら、会社の規定で不正行為があったときの対応マニュアルがあるはずですからお尋ねになってみては。

 

名無しの医療関係者 1

遠隔医療を行う医師の場合は手取り下がるんですかね。ちゃんとした検査ができない分、処方も難しくなると思うし、診察や検査なしで出せる薬なんて限られてるような気がするもので。

 

名無しの医師 3

通常、遠隔医療にかかる料金は患者側の全額自己負担になります。結果的に、特にこれと言った問題があって文書を残しておかないといけないケースを除いて、通常のやり取りで書類は必須ではなくなります。保険で賄うなら大抵レートは定額とか、色々保険会社によって決まってると思います。評価と管理 (E&M) も適用されません。

 

名無しの医療関係者 1 > 名無しの医師 3

なんだかとっても、勧めているように聞こえますね。サヨ~ナラ~保険、こんにちは遠隔医療ってな感じで。

 

名無しの医師 2 > 名無しの医療関係者 1

テレメディスンで診察なんて、医師は患者のことをちゃんと診られないですよ。

 

名無しの医師 3 > 名無しの医師 2

アメリカ国内最大のテレヘルス企業の1つ、American Well という会社がありますよね、自分で検索した範囲なので情報は少ないですど。この企業は遠隔医療を提供してる民間企業です。個人的にはあまり有益な事業とは思えないです。平均して、10 分間の相談を医師は1 日で 4 ~ 5 人の診察を行うようですよ。これはフルタイムの場合のようですが。

 

名無しの医師 2 > 名無しの医師 3

その通りだと思います。遠隔医療に興味を示す企業は数多くあるでしょう。初期利用時に色々と加算して利益を得ようとしているように思われます。でも想像ですけど、本当に正当化できる理由はほとんどないんじゃないでしょうか。

 

名無しの医療関係者 1 > 名無しの医師 3

それが本当だったら残念な事実ですよね。それはそれとして、医療の在り方の1つとして認めてもいいと思いますけどね。

 

名無しの医師 1

例えば 6 本電話を 1 時間で取るとか、最低の保証はあるんですかね。でももし自分だったら 4 時間も家で待機するために拘束されたくないなぁ。

 

名無しの医師 2 > 名無しの医師 1

American Well は最低の保証はあったと思います。でも、それだけだったはず。

 

名無しの医療関係者 2 > 名無しの医師 3

うーん、緊急のとき以外使い勝手悪そうですね。やっぱり発疹、風邪、咳とかそういうのですかね。

 

名無しの医療関係者 2 > 名無しの医療関係者 1

医師側からの意見になるかと思いますが、訪問もあると考えるとあまりいい勤務形態とは言えないでしょうね。

 

名無しの医療関係者 3

皆さんと似たような疑問も感じますが、全く別物のような気がします。肢体不自由の患者さんの判定のために電話での診察でよいとは、到底思えませんね。医療の提供というよりも、ダイレクトマーケティングの一種のように思えてしょうがないです。保険も絡められるわけですから。

 

名無しの医師 2 > 名無しの医療関係者 3

教科書もノートもなしに勉強するようなものではないかと…。医療詐欺みたいにならないんですかね。

 

名無しの医療関係者 2 > 名無しの医療関係者 1

こんなやり方を考えるのは医療畑の人間ではないよ。

 

名無しの医療関係者 2 > 名無しの医療関係者 3

医療デバイス関係の業者が考え出した方法か、違法ギリギリでビジネスを考えるような人達が思いつくことじゃないかな。医者と患者の個々の関わり方をマーケティング的な考え方でとらえて、…ざっとそんなもんじゃないですかね。電話の向こうで本当に医者がいるのかさえ疑わしいと思います。1 日で何件もの電話対応をするスタッフがいて、その電話に出た人がバックにいるか家で待機している医者にファックスを送って、これこれにこう書いてくださいとか言うんでしょうかね。それで言われた医師はその通りに記入すると。

 

名無しの医療関係者 4

機能性心雑音を聞くのに遠隔医療はよく使われるんですか? 違いますよね。遠隔医療って地方での話かと思っていました。

 

名無しの医療関係者 1 > 名無しの医療関係者 2

医療と医者の在り方の問題ですよね。レジデントが終わって研修のためにするならいいのかもしれないけど。でも簡単ってことは…あまり質の良いサービスとは言えないのではないでしょうか。コンビニみたいな感じになってしまいそうな、いつでもどこでも同じものが買えるわけでしょ。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ