銃による子供たちの傷害を減らしたい! – 銃被害の防止について、小児科医一個人の立場ででることは何だと思いますか?

名無しの小児科医 1
最近のニュースを見ていると、以前よりも関心を寄せている自分に気が付きました。X 線スクリーニングを実施することと、銃の安全性を訴えるポスターやチラシを作成することで、国の銃規制に関する法令を周知することは、銃による被害者を減らすことに、本当に貢献しているのでしょうか? これらの予防策を小児医の立場から患者さんに話すことで、もっと何か期待できる効果はないでしょうか。

 

名無しの臨床医 1 > 名無しの小児科医 1
何もできないでしょう。銃規制について子供たちに病院では話せません。言い換えれば、小児科医の立場で、子供たちに銃は危ないので気を付けるようにと忠告することはできません。それに個人的に思うのですが、やったところで効果はあまり期待できないのではありませんか?
実際に (2017 年、6 歳くらいの小児患者に)、フロリダ州で小児科医が家庭内での銃について質問をしたことがあったことが話題になりましたよね。当時の記事によると、それは一時的に違法だという判決が出ていました。あなたは法律について話していることになります。医師は直接法律のことを書いてはいけません。すべての国民が順守しなければならないのと同じで、医師も法律に従うだけです。

 

名無しの医師 1 > 名無しの小児科医 1
こういう場合は別だと思います。もし被害者の患者さんの診察中に、小児患者の症状改善のために家庭での銃の保有、保管方法について、医師が親御さんと話し合うことは適切だと思いますよ。

 

名無しの後期研修医 1 > 名無しの小児科医 1
私も銃から遠のいて、安全に生活するには家庭内から完全に銃を無くすことだと話すでしょう。もし家庭内に銃を置いておく必要があるなら、ロックを確実に行い、誤って発砲しないように保管には十分気を付けること、と親に話すでしょうね。これは米国小児科学会 (APP: American Academy of Pediatrics) のポリシーと同じです (一行目は、以下のように記載されています。子供のいる家庭内や地域から銃を無くすことは、小児や青少年の銃による傷害を予防する最も信頼性があり、効果的な方法である)。
子供たちに銃の安全性について話していくことは、世界規模の話になってしまうと思います。レジデントの時に APP (米国小児科学会) の活動に取り組んでいた人たちは、対政府広報活動 (ロビー活動) を州レベルで行うことは、患者さんのために何かしらの効果があることではないかと言っていました。

 

名無しの前期研修医 1 > 名無しの小児科医 1
臨床に継続的に出せてもらっていたとき、4 歳の小児患者さんに「やっていいことと、悪いことのお話をまだおうちの人から聞いていないようなら、プールの周りは注意して歩いてね。それから、もしおうちの中に銃があるのを知っているのなら、それはおうちの人が気を付けて管理している物だから、ちゃんとロックをしてあるよ。だから大丈夫だよ」と、まず話します。患者さんの年齢が上がれば、それなりに内容を変えて話します。しかし、私は診療所には興味がないので、言っていることは十分ではないと思います。自分は将来ひどく一般的な小児科医になると思います。

 

名無しの小児科医 1 > 名無しの前期研修医 1
私もあまり診療には興味がない方ですが、後数年頑張って、いい仕事をしようと思います。もしよければ、その話す内容を私も使わせてもらってよいでしょうか。

 

名無しの医師 2
これはとても難しい問題だと思います。米国小児科学会 (APP) は日常的に銃が子供に与える脅威について話をしています。しかし私は、銃については地域レベルで話すべき内容だと思っています。もし、あなたが効果的に活動をしたいと思うようでしたら、まずは医学博士を取得して米国小児科学会に所属すれば、あなたの発言に重みが付きますよ。実際ね、学会のメンバーが地域訪問をしたところで、銃についての予防効果は、ほぼないと考えます。
臨床の中で、地域の安全を広報のように話たり、批判的な方法で銃のリスクを話すことに時間をあまり割けないと思います。しかし、診療とは別の時間で、定期的にソーシャルメディアに個人的に投稿をしたり、地域の勉強会や大学での公開講座などに出席したりと、それを継続していくことで、一時的な個人の活動から、それなりの予防効果を発揮するまでに成長すると思いますよ。もし大学やその他の学校関係者とつながりがあるようでしたら、その伝手をぜひ利用して発言を増やしていってください。その方が発言も注目されやすいと思います。小児科学会のメンバーになって、学会の執行委員になると、メディアにももっと影響を及ぼせる発言者になれると思いますよ。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ