顔ピアスと腕のタトゥー。理学療法士としての仕事に支障は出る?

理学療法士を志す男性 僕はマッサージ療法士として働いているんだけど、理学療法士になるために学校に入りなおしたいと考えているんだ。僕は顔に10個ピアスの穴をあけていて、耳にも若干穴をあけているし、手から腕にかけてはタトゥーを入れている。僕の意見としては、ボディアートはその人の技術を否定するものではないし、プロかどうかは見た目ではなくて本人のスキルで判断すべきだと思っている。社会が少しずつボディアートに対して寛容になって、職場でも受け入れられつつあることをうれしく思う。僕の上司は多様性を歓迎してくれているので、僕は感謝している。お客さんが施術後、僕を見る目が変わるのがたまらない!でも問題は、理学療法士の学校の生徒になったときに、ボディアートがマイナスにはたらく可能性があるかどうか。例えば、実習の授業の時とか…。実際の授業の時にどんな問題が起こりうるのか知りたいな!

 

シカゴの医療関係者 僕の雇い主は、仕事中はタトゥーを隠すように、というのがポリシーだよ。

 

カリフォルニアの理学療法士 残念なことに、タトゥーの扱いは雇い主によって変わる。僕は非常に理解のあるリハビリ病院で働いていたので、不快だと思われない限りタトゥーについて気にしなかったよ。だけど、僕以外の従業員でタトゥーしている人はいなかったと思うな。

 

理学療法を学ぶ女子学生1 臨床実習はたくさんあるよ。実習への参加の受理の前、実習中、卒業後にわたって、タトゥーというよりは顔のピアスの方が問題なんじゃないかな。

 

理学療法を学ぶ女子学生2 現役の学生だけど、私たちの臨床実習ではタトゥーは全部隠さないといけないよ。顔のピアスは全部はずさなきゃいけないと思う。

個人経営の理学療法診療所だったら、従業員が顔にピアスしたり、タトゥーを入れることが許されるかどうかは、そこの方針によるんじゃないかな。私が知る限りでは、病院の方が従業員の規則は厳しいよ。

 

理学療法を学ぶ女子学生1 (理学療法を学ぶ女子学生2の発言を受けて)

私の通っている学校も規則があるよ。

 

ある理学療法士 みんなが言っているように、授業のいくつかにはより厳しい規則があるよ。私を雇っていた人は両極端。昔働いていたある診療所では、イヤリングだけOKで、タトゥーはたとえ水中で行う治療でも全部隠さないといけなかった。今いるところは、タトゥーもピアスも何も言われない。唯一服装で禁止されているのは、サンダル、ストラップレスのトップス、あとは攻撃的なイメージや言葉が書かれた服だね。

 

あるメンバー(理学療法を学ぶ女子学生2の発言を受けて)

もし仕事の前にピアスを取らなかったら、怒りっぽいお年寄りに全部とられてしまうかもよ。

 

理学療法を学ぶ学生 ピアスやタトゥーをそのままにして理学療法士としてはたらくのはなかなか難しいと思う。顔にピアスを1つするくらいなら大丈夫かもしれないけど、外来診療所にしても、顔に10か所もピアスをしている人を雇う人がいるなんて想像つかないな。タトゥーは、隠さないといけないところとそのままでOKなところと両方あると思う。雇い主だけじゃなくて、患者もね。10個も顔にアクセサリーをしている理学療法士を快く思わない患者もたくさんいる。君がボディアートについてどんな意見を持つのも自由だけど、それは患者も一緒さ。現実的に考えて、今のままだと学校では許されないと思うけど、もし学校の服装の規則を守れば大丈夫だと思うよ。

(理学療法士を志す女子学生2の発言を受けて)

うちにも同じような規則があるよ。

 

理学療法士を志す男性 基本的に、場合によりけりなんだね。ピアスやタトゥーに関して、臨床実習だけじゃなく学校自体の規則があるというのが心配だ。教室内でボディアートが許可されているか確かめた方がいいかな?

(理学療法を学ぶ学生の発言を受けて)

患者側からの視点を教えてくれてありがとう!でも、患者が私をどのように評価するかは、患者側の問題だと思う。僕にとっては、ばかげた固定観念を打ち破ることが重要。たとえボディアートがあったとしても、僕はプロとしての技術を身に着けることができる。保守的なコメントは大目に見ることができる自信もある…僕の家族がそうだから!

 

理学療法を学ぶ女子学生1

素晴らしい考えだけど、多くの人が患者としてあなたと関わりたくないと感じることを理解できていないわ。確かに、それは彼らの問題だけど、あなたの問題でもある。それに、理学療法士は患者に尊敬/信頼されないと成り立たないの。患者は、あなたに初めて会った時からあなたを信頼して尊敬する必要があるのよ。そうじゃないと、患者は安心してあなたの指導に従えないよね?あと、教室内で行われる授業にも規則がある場合が多いの。私のところもそうよ。

 

シカゴの医療関係者 君がみんなの意見を聞いているとは思えない。君の見た目では、なかなか雇ってもらうのは難しいと思うよ。

 

東海岸の医療関係者 「難しい」?いやいや、完全に無理でしょ。

 

理学療法を学ぶ学生 3つ前の意見に同感。彼らの問題だけではなくて、君の問題でもあるんだよ。理学療法士は単にサービスを提供する労働者ではなくて、健康管理をするプロフェッショナルの一員であって、病気やけがした人をリハビリする責任がある。そういう点で、彼らが君のことをどう思うかは重要な問題なんだよ。

君は自分でクリニックを経営しない限り、それを理解しなければいけない。マッサージ療法のようにはいかないんだ。患者それぞれと良い関係を築けるかどうかは複雑な問題だけど、「患者の問題」として彼らの評価を切り捨てるのはよくない。それは君の問題なんだ。私たちは君自信や君の意見を個人的に攻撃しているんじゃない。厳しいようだけど、ただ現実を教えているんだよ。

それからもう一つ。学校の多くや診療所では、ピアスをはずすように言われると思う。タトゥーも同様に、隠すように言われるかもしれない。君はヘルスケアの専門家が2ケタものピアスを顔につけていたり、見えるところにたくさんタトゥーしている姿を想像できるかい?私はできないね。

 

理学療法士を志す男性

いろいろ考えさせられるね。ありがとう。

前腕にタトゥーをしている看護師にあったことがあるよ。でも、まぁそれくらいだね。

みんなありがとう。おかげで、準備すべきことがわかったよ。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ