インドの子宮摘出術詐欺にご用心

インド人医師:

ある村では、村に住む女性の90%が子宮を摘出したらしい。インドでは何千もの女性が子宮摘出術を受けているけど、反対派の活動家たちによると、それらは本来不必要な手術で女性たちは私欲に走る不得な医者に騙されているだけなんだ。

 

スニータという女性もそのうちの一人だ。彼女は自称25歳、インド北部のラージャスターン州の小さな村の出身で、自然の中で牛や小鳥たちの歌に囲まれて生活していた。手術の話をし始めると彼女の顔はこわばった。月経中にひどい出血があって診察に訪れたが、医者に子宮がんの恐れがあるから、すぐに子宮を摘出するように指示されたらしい。彼女は旦那さんに相談してから決めたいと言ったらしいが、医者は一刻を争うと脅し、同じ日の数時間後には手術が行われた。

 

2年以上経った今もスニータは体調不良に苦しみ、働くことはおろか家事や育児もままならない。周囲にいた女性たちに聞くと、半数以上が子宮摘出術を受けていた。そして村の長によると、村の女性の90%がこのような不適切な摘出術を受けており、中には20代や30代の女性も多くいるとのことだった。手術には通常200ドルほどかかり、患者は牛やその他の所有物を売って費用を捻出している。

 

スニータが手術を受けた医師は、エコー検査のみで子宮がんの可能性があると診断した。しかし通常はエコー検査だけでがんを確定診断することはあり得ない。インドではこのように個人経営の悪徳医師が患者を騙して子宮摘出術を施し、高額な治療費をせしめることが慣行化している。

 

 

名無しの投稿者:

そんなの今に始まったことじゃないよ。アーンドラ・プラデーシュ州(特に北部)ではかなり横行しているよ。しかも産婦人科医とは限らないし、手術の適用もないのに行われる。手術記録もつけてないし、生検も行わない。でもインドではそれが慣行なんだ。そうでもしないと医者たちも経営が成り立たないんだ。でもこういう医者の横行はもっとしっかり監修していかなければならないと思う。いくら医師免許を持った医者だとしても、見逃すわけにはいかないな。

 

 

名無しの投稿者2:

女性自身がもっと賢くなって騙されないようにするべきだよ。知識は力って言うだろ。

 

 

名無しの医者:

医者っていう職業の影の側面だよね。子宮摘出だけじゃなくて、不必要な帝王切開を強要する詐欺もあるよ。

 

 

名無しの男性:

信じられない行為だな。そういう悪行が少しでも減るように政府が取り締まるべきだ。でも僕の先輩によると国立病院でも医者は患者を研究材料としか見ていない。先輩もまじめに患者を治療するのが馬鹿馬鹿しいって言っていたよ。だからインドには患者を金儲けの道具としか見ていない医者が腐るほどいるんだ。

 

 

名無しの医者:

なんて情けない話なんだ。僕たち国民はインドは今や先進国の仲間入りを果たしたと主張しているのに、この国の医療システムはまだまだ整備が遅れている。平等もくそもあったもんじゃない。そんなやつらが医者になっていいわけがない。明らかに倫理に反しているし、患者女性や家族の人生をもっと真剣に考えるべきだ。

 

 

男性医師:

倫理観がないと、真の医者にはなれない。医者の尊厳を汚す医者はたくさんいる。そいつらを見つけ出して厳しく罰するべきだ。

 

 

名無しの医者:

確かに女性たちも無知すぎる。満足な教育も受けられていないために、手術の詳細をきちんと理解しないまま、藪医者に言われるがままに手術を受けてしまうんだ。いかなる子宮摘出術にもきちんとプロトコルがあるんだ。まずは女性たちがきちんと教育を受けられる環境を作り、正しい知識を身につけて自分の身は自分で守る力をつけなければならない。

 

 

名無しの医者2:

この手のニュースは以前もあったよ。でもコメントする前にきちんと事実を把握するべきだ。僕自身もきちんと事実を知りたいと思っているんだ。インド南部では医者が余っているんだ。特に私立大学を出た医者がね。そういう医者たちが不徳な診療を行っているんだ。

 

僕らはそれを他人事のように野放しにしちゃいけないと思うんだ。僕たち国立大学を出た医者たちがきちんとした治療を行い、悪徳医師たちのせいで拡散した負のイメージを払拭していかなければならないと思う。それはこの国の医療を担う僕たちの任務だ。このままではこの国の医療の未来は悲惨だし、危険だ。みんなが危機意識と責任感を持ってこの問題に取り組んでいかなければならない。特にこの国の将来を担う若い世代がね。

 

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ