HIVに感染してたら、外科医にはなれない!?

犬好きの内科医:

これは、ある投稿の引用なんだけど。真面目に答えてくれる人だけ投稿してほしい。あと、法律的なアドバイスは必ず弁護士からの信憑性ある情報にしてほしい、ネット上の匿名の情報とかじゃなくてね。

 

引用:

僕は今医学部の2回生で将来のことについて考えてる。医学部に入る前は、それほど外科手術に興味はなかったんだ。でもこれまでいろいろな手術を見てきて、自分も外科医になって手術をしたいと思ってる。特に神経外科、外傷、整形外科とかね。

 

問題は、実は僕HIV陽性なんだ。すぐにHIVがうつるって思ってる人が多いから匿名で投稿してる。そんなことないって何とか証明したいと思ってるけど。1991年ごろからCDCは、HIV感染者はハンセン病患者と同じように扱うべきだって推奨してる。

 

そして、米国外科医師会はエイズに感染した者が手術を行うことを認めるべきじゃないって主張してる。イギリスやオーストラリアも同じだ。HIVに感染している医療従事者が、手術とか血液に触れるような医療行為を行うことを認めていない。

 

それらの声明は全部厚生省から正式に出されてるんだ。HIVに感染している外科医が病院を解雇されて訴訟を起こして、注目を浴びたケースがあって、まだ判決は出ていない。今はどういうガイドラインになってるんだろう?僕がもし外科医を目指すとしたら今後どんな問題が起こってくるんだろう?

 

CDC(Centers for Disease Control and Prevention):アメリカ疾病管理予防センター

 

テネシー州の内科医:

ほとんどの州で、※レジデンシーを始める時は資格が必要だ。その時に必ず、心身ともに健康に問題はないか質問される。だから資格認定委員会には自分がHIVに感染しているってことは報告しないといけない。他の人に感染しないとは言い切れないし、HIVには認知的な影響もある。もし質問票に直接HIVっていう言葉がなくても、報告はしないといけないよ。もし質問票に嘘を書けば、医師免許や今後のキャリアを危険にさらすことになる。

 

名無しの投稿者:

え、ちょっと待ってよ。それ本当?HIV陽性ってだけでも?私には何もわからないけど、でもこれが正しいこととは思えない。納得いく説明をしてくれるまで資格認定委員会に問い合わせるわよ。

 

私の理解が正しければ、委員会に提出する書類なんて公的な記録のためでしょ。私だったら労働問題専門の弁護士かこの手の問題のプロに相談して、何とかならないか聞いてみるわ。とりあえず手始めに、自分のHIVを診てくれてる医者に聞いてみるわ。自分と同じようなケースが過去になかったか。

 

最初の投稿に書かれてた訴訟のケースがすごく気になるんだけど。それって州裁判か連邦裁判かどっち?そお外科医はただ単にHIVだっただけ?それとも他に何か悪いことしたのかしら?HIVを申告しないといけなかったのに、してなかったとか?どこかの病院に雇われてて理由もなく解雇されたのかしら?それかフリーランスかなんかでやってて契約更新してもらえなかったのかしら?裁判官がどういう判決を下すのかもすごく興味がある。

 

心優しい投稿者:

私もよく知らないけど、あなたの夢を追いかけ続ける強さと逆境力を尊敬するわ。最悪の場合、精神科医か放射線技師か病理学者になったら?案外悪くないわよ!HIV感染者だって公表するのにはやっぱり慎重になるべきよ。3回生になる前に個人弁護士を見つけて何か合法的な手段を探した方がいいわ。

 

健闘を祈ってる!私はあなたのようにHIVに感染してる人たちを支持するわ。今は科学が発達してるからHIVに感染してても普通通りの生活が送れるもの。今じゃHIVなんて慢性的な病気の1つよ。昔みたいに絶対死ぬ病気でもないわ。とにかく応援してくれる人はいっぱいいるってことを忘れないで!

 

名無しの内科医:

僕も正直なんてアドバイスしたらいいのかわからない。けど次の2つのことを考えるべきだ。

1.    将来の君の患者にとっても、君自身にとっても、君が外科医になることは安全なのか?

2.    法律的にどこまでの情報を病院や医療関連機関に明らかにしないといけないのか?

 

ちゃんと治療しててウイルスの進行を抑えてれば、患者に感染する可能性は極めて低いはずだ。たとえ間違って自分の指を針で刺しちゃったとしてもね。でも、15年後HIVが進行し始めた時のことも考えておくべきだ。HIVが進行したときのことも考えたら、やっぱり病理学者とか精神科医とか放射線技師もしくは内科医みたいに、患者に感染の危険を与えない分野の方が、仕事も続けられるし、無駄な心配しなくてもいいし。

 

僕も、医療関連機関に自分の情報を明らかにする前に、絶対弁護士か大学か主治医に相談するよ。で、法律的に開示が義務付けられてることだけ最低限公表する。ほとんどの州で質問票に書かれてるのは、本当に患者の治療に影響を与えうることだけだ。まだ全く発病もしてない段階で、HIVを必ずしも公表しないといけないことはないと思う。質問票の内容は州によっても違うし、若干主観も入ってるんじゃないかと思うところもあるし。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ