NASA、2 名の医師を宇宙飛行士候補者として発表

ウィスコンシン州グリーン・ベイの医師

宇宙飛行士の候補者に、ジョニー・キム氏とフランク・ルビオ氏の名前が上がりましたね。お 2 方とも軍隊出身です。でも、キム氏は救急医療のインターン中に候補者として選出されたので厳密には医師と言えないのではないでしょうか。

 

名無しの医師 1

キム氏とルビオ氏は退役軍人のために設立されたような医学部への入学候補者となったわけよ。

 

コネチカット州の医師 > ウィスコンシン州グリーン・ベイの医師

インターン?つまり、まだ医師免許は持ってないってことでしょ。

 

ウィスコンシン州グリーン・ベイの医師 > コネチカット州の医師

まぁ、法的に言うと医師免許は、そうだね。だけど、インターン生なんだから自称医者ということはできるだろう? だけど、キム氏みたいに途中で抜擢されてしまうと、レジデントに戻ってやり直すとなると、ちょっと大変にならないかなと、他人事ながら心配。

 

ウィスコンシン州グリーン・ベイの医師 > 名無しの医師 1

つまり、数学と海軍特殊部隊で最優秀の成績を認められたってことですよね。それって、ハーバードの超難関を突破したようなもんで…、本当にすごい。

 

コネチカット州の医師 > ウィスコンシン州グリーン・ベイの医師

誰が大変って? そうね、宇宙に行く前にインターン終わらせるだろうね。NASA で全部面倒見てそこで医者として将来働いてほしいのが目的だろうから、他でのことは考えなくていいんじゃないの。

 

名無しの医師 3

まさに超人!

 

名無しの医師 4 > ウィスコンシン州グリーン・ベイの医師

インターンを終えてレジデントの途中で抜擢された。宇宙から帰還したらレジデントに戻すと思いますよ。ざっと履歴をネットで見ただけだけど、素晴らしい。いつかアメリカ大統領 (POTUS) になってもおかしくないと本気で思わせるような人物だと思うよ。

 

南アフリカの医師 > コネチカット州の医師

厳密には違うと思います。それぞれの州によって制度は複雑ですし、違うとは思いますが、一般的なことを言うと、インターンになると学術的な医師免許が取得できるはずです。インターンを修了してStep 3 を通過したら医師免許の申請ができるようになります。

 

南アフリカの医師 > ウィスコンシン州グリーン・ベイの医師

前述のとおりです。NASA にどれくらいいるかによると思います。5 年、10 年といるつもりならインターンからやり直さないといけないのではないかと思いますが、つまり、長年別のことに従事しているとインターン中に学んだ知識も忘れますし、救急では役に立たない古い知識しかない人になってしまうでしょうから。

 

コネチカット州の医師 2 > 南アフリカの医師

免許ね、私のいる州では研修先の医療機関も指定されるから、あくまで教育の一環としての単なる訓練の許可って感じ。だからどこでも好きなところでインターンはできない。

 

南アフリカの医師 > コネチカット州の医師

コネチカット州は特殊だと思います。キム氏が住むマサチューセッツ州は教育機関在籍中限定の医師免許を発行しています。

名無しの医師 5

どれも素晴らしい履歴!

 

名無しの医師 6

いつか 2 人とも自伝を書いてほしいですね。

 

コネチカット州の医師

きっと臨床経験もボランティアもまだまだ必要なんだろうと思います。

 

名無しの医師 3 > コネチカット州の医師

軍関係の医学部は臨床経験にはカウントされないと思います。だって基本的な救急処置ばっかりでしょう。

 

名無しの医師 5 > コネチカット州の医師

ギャップ・イヤーのことは考えたことある?

 

コネチカット州の医師  > 名無しの医師 5

ギャップ・イヤーを経験することはいいことだとされていますから、それで宇宙に行くことにしたのかしらね。

 

名無しの医師 6

実在する人物かとは思ってなかったよ。

 

名無しの医師 5 > 名無しの医師 6

最高の旅だよね。でも医療って、いいことばかりじゃないよね。

 

名無しの医師 7

ティルマン奨学金をもらっている人、知り合いにもいますよ。キム氏は人間としてどう生きるかを教えてくれますよね。

 

名無しの医師 8 > 名無しの医師 6

あらま、すごい人がいたもんね。ポストするのが遅かったけど、見れば見るほど輝かしい功績の 2 人だと思います。

 

ウィスコンシン州グリーン・ベイの医師 > 名無しの医師 7

なるほどね。

 

名無しの医師 9 > ウィスコンシン州グリーン・ベイの医師

こちらのポスト、ありがとうございます。NASA のメディアを通じて来週あたりにインタビューもできると思います。

 

名無しの医師 10

宇宙飛行士の候補者リストに麻酔科医はいるんですかね。

 

名無しの医師 11 > 名無しの医師 5

あなた、言ってることが矛盾してるんですけど、大丈夫?もちろんここに集まっている人たちは年齢差や臨床経験も様々、ギャップ・イヤーの人もいる。だけど自分の発言に責任を持てる人たちだと思っています。

 

名無しの医師 5 > 名無しの医師 11

そうね。私も彼らはすごい人たちなんだと思うわ。

 

名無しの医師 9

キム氏とのインタビュー記事も他に色々ありますね。

1位!登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高しと言えば!

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業です。

2位 登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み


3位 業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のお相手探し。まずは専用サービスから始めましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ